« X'masアレンジ”静寂” | トップページ | まごころQuality »

居酒屋ダイニング”M”へようこそ・・4

gohann4食べることはお弁当も作るので1日3回毎日のことだから、考えるのがしんどくて自分が疲れたりいやになったりすると、せっかく食べることなのにもったいないので、軽~く栄養のバランスとか考える程度にします。長いこと主婦をしてると、感覚的に献立とか栄養のスケールとかできてくるものなんだなあとできあがった食卓を見て我ながら満足していることがきっとみんなあると思います。
でもうちの長男がいつだったか、
「なにかもの足りないなあ、とか、
もう少し欲しいなって思うのは、
量じゃなくて身体に必要な栄養とか、
欲してるものが満足できていないからなんだって・・・
」って言ったことがあって 、
これ、ズシーンとくるでしょ!母としての見栄も正直あります。
<本日のメニュー>
・ゴボウのツンツンミートローフ
・そばの芽のサラダ
・コンソメスープ
・黒米ごはん

*ゴボウたっぷりのミートローフです。
  牛挽肉500㌘、ゴボウのささがき1本分、
  生パン粉1/2カップ、卵1個、玉葱1/2個、
  デミグラスソース1/2カップ、
  クレージーソルト、黒こしょう
  かまぼこ型に整えて、250℃のオーブンで25分焼きます。
  ソースは、焼いたときの肉汁、ウスターソース、ケチャップ、
  コンソメでお好みに。
  粉ふきいもを添えて、
  パセリをたっぷりのせると思いがけないくらい 
  あっさりしたミートローフになります。
そばの芽ルチンがたくさん含まれます。
  レタス、キュウリ、アスパラガス、ミニトマトにごまドレッシングでどうぞ。
*スープは基本のコンソメスープ
黒米はお米に5%くらい混ぜるだけで、食感、風味の良く、
 紫色のきれいなごはんになり 栄養価も上がります。

オーブンで焼いている間に、明日の朝、ちょっと楽ができるように
ホットサンドイッチの準備(あとは焼けばいいように作っておく)
ができてしまうほどお手軽な感じで、食卓は結構豪華ですよ。

|

« X'masアレンジ”静寂” | トップページ | まごころQuality »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

追加連絡・・ごぼうは生のままです!レンコンもいいですね。この際根菜ミートローフは?

投稿: みるくじゃむ | 2005年12月19日 (月) 08時16分

ぜひ作ってみて!ごぼうのささがきは、よく水にさらしてあくを抜いてください。ささがきは私は得意ではないですが、ピーラーを使うと楽チンです。

投稿: みるくじゃむ | 2005年12月19日 (月) 07時43分

こんばんは。
美味しそうな夕食ですね。
ごぼうのツンツンミートローフですが、ごぼうはあく抜きをして生のままタネに混ぜ込んでしまってよいのでしょうか?
美味しそうなので作ってみようと思います。
あ、レンコンでも美味しそうかも・・・。

投稿: Mocha | 2005年12月19日 (月) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/7682248

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋ダイニング”M”へようこそ・・4:

« X'masアレンジ”静寂” | トップページ | まごころQuality »