« 定時退社の夜景色 | トップページ | 押し花のクリスマスリース »

母恵夢と一六タルト

poem <母恵夢>・・母の恵みの夢の味
口の中にとろけるような味わいがこの名前に理由かも・・。
幼い日の母の胸の香り。
高原乳と地卵をベースに黄味餡をまろやかな衣で包んだ創作和菓子。

<一六タルト>
餡・・皮むき小豆だけを使用しているので口当たりが柔らか
砂糖・・白双糖なので甘さまろやか
16 四国特産生柚子・・新鮮な風味
生地・・卵と砂糖と小麦粉だけ、バターや油のような洋の材料は使わない
ふっくら、しっとりした繊細なタルトです。         

昔、伊丹十三がその地方ではコマーシャルしていた気がする 。

先日、四国の愛媛に行った父がおみやげに買って送ってくれました。
私が子供の時から大好きなお菓子です。ぜひ一度召し上がってください。

|

« 定時退社の夜景色 | トップページ | 押し花のクリスマスリース »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/7513972

この記事へのトラックバック一覧です: 母恵夢と一六タルト:

« 定時退社の夜景色 | トップページ | 押し花のクリスマスリース »