« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

玄関の押し花

Dscn0002

玄関の押し花額をシクラメン(1/4に紹介しています)から掛け替えました。シクラメンより一回り大きな台紙を使って、ゆったりと花を置いていきました。バラをポイントに、小さな花10数種類と草つる物でシンプルに作っています。「ゆりかごと星」のイメージです。いかがでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ソフトクリーム召し上がれ!

softcream この間紹介した「キャンディーアイスクリームですが、キャラメルミントのキャンディーで作りました。フードプロセッサーでビ~ンして、ソフトクリームのなめらかさにします。それを絞り出し袋に入れて(私は、ジップロックに入れて角を切って使いました)コーンの中に絞ります。いかがでしょうか。

お風呂上がりにどうぞ召し上がれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーニソガラム

o-nisogaramu o-nisogaramu2 玄関の花・・ 
   オーニソガラム、ユキヤナギ

そろそろお正月の花も痛んできて、綺麗な物は小さくしてちょっとした窓際なんかに移動してもらいました。

今朝、前の職場の方と会って話しながら少し歩きました。なんだか気持ちが重くなってしまう話で、彼女はどう思って話したのか・・・私は結構感じるところがあり、どんよりしたまま今日一日過ごしました。実はまだ引きずっててちょっと落ち込んでる感じです。キッパリと切り替えができないところがあって困ったものですが・・・。

やはりそういうときには、お花かな・・・

この「オーニソガラム」はユリの仲間ですが、とてもクリアな白と緑が綺麗で家に飾るのに好きな花の一つです。同じ白や緑でも、色の種類が温度が低いというか、硬いというかそんな感じで気持ちがスッキリします。それから、下の方から次々と花が咲いていくので、一ヶ月くらい今の季節なら飾っておけて経済的です。それと春を告げる「ユキヤナギ」、枝の動きがいいと思います。半分は押し花にします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

冬萌(ふゆもえ)

今日は本当にぽかぽかして空はキレイで気持ちのいい一日でした。午前中どうしようか迷いながら、ジムに行こう!と2時間だけ行ってきました。短時間なのでかなり内容充実するように。この気候のせいでしょうか、カラダが動きやすくて柔軟です。エアロビのいつものインストラクターが風邪でダウンしたらしく、お久しぶりのお姉ちゃんが助っ人で来てました。何か曲調がいつものアップテンプでなくて、流れるようにはじまったのですが、ソーシャルダンスみたいな感じで、ワルツとか、ジルバとか、ルンバ・・・♪スロー・スロー・クイック・クイックかと思えば、えっラテン系・・・?動き自体は楽しく流れるようなダンス調なのに段々すっごい汗かいてきて1時間。結構からだ全部の筋肉使ってる充実感がありました。まだ1時間くらいこのまま踊りたいくらいの欲求不満が残るほど快適でした。いつも気を付けるのは、若くはないし、はたらく主婦が怪我しちゃいけない!ということで、運動前後のストレッチだけはきちんとします。気持ちよかった~!!!

huyumoe 午後の予定のため急いで体育館を駆け出しましたが、ふっと青空の中にらみを見つけて嬉しくなりました。桜の木、よく見るともう新芽が用意されているのに気付きます。春になると突然芽を吹き、花を咲かせるかのような印象がありますが、そうではないのですね。まだまだ寒いのに木々の暦にはちゃんともうすぐ春(立春)だよって記されているんだとほほえましく、またすごいな~って感じました。私も春になったら・・・なーんて何か考えたくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋ダイニング”M”へようこそ・・6

居酒屋ダイニング”M”へようこそ・・・ということで何度か載せていますが、毎日ご飯の支度をしていてどんなときにこうして載せるのか・・・?週末は、自分にも時間的にも余裕があり、なんとなくそういう気分で・・・という感じです。

新明解国語辞典によると、「居酒屋」とは、「庶民に安上がりで酒を飲ませる店」とあります。こうかかれるとちょっと悔しいわけですが、いつも変わらない程度の食事の支度で、
私の中で居酒屋ご飯のイメージになるのは・・・
①味付けについて・・・私は関西人で、東京生まれの母も父に合わせてきたのか、若い頃から結構「健康オタク」みたいなところがある人だったせいか、私も見よう見まねでそうなったみたいですが、甘さや塩分を控えた薄味。その分、おだしや香味野菜・スパイス利かせます。だから、飲むなら日本酒なんでしょうね。ビールやウイスキーだと少しこってりの方が合いますものね。ウイスキーだとチョコレートがあれば十分です。
②切り方・・・片手に飲み物を持って食べられるような”食べやすさ”を考えると、一口サイズに切ったり、定食みたいではなく、彩りのいい野菜など材料の種類を豊富にあえてしまった方がいいと思います。こうすれば、自然に栄養バランスも良くなります。
③盛りつけ方・・・お一人様用のお皿ではなく、どーんと大皿盛りにしたり小鉢に天盛りにしたり、季節の香りや彩りを感じる植物や、香の物を添えるだけでちょっと気分が変わります。
④洋風のメニューでも、お皿や調味料でお箸が似合う和風にしてしまいます。

・・・・・こんな感じかな?そんなことを考えながらご飯を作ると、ご飯作りも”主婦の仕事”ではなくなって楽しいです。

<本日のメニュー>
izakaya1 izakaya2 ・鶏肉のオニオンピューレ焼き
鶏もも肉を均等な厚さになるように開いて塩こしょうして4等分します。フードプロセッサーに玉葱2個、唐辛子2本、クローブ2個、にんにく1かけ、わけぎ2本、ピーナツオイル50cc、レモン汁50ccを入れピューレ状にし、鶏肉に塗りつけてしばらく馴染ませる。180℃のオーブンで40分焼く。

izakaya3 izakaya4 ・クリームチーズの冷や奴風
その名の通り、kiriのクリームチーズに鰹節、細ネギと、少しだけしょうゆをたらす。以外と合います。

かに玉スープと、その他今週の残り物お総菜を全部並べます。

<今日のおやつ>
izakaya5 鏡開きにも、小正月にもおくれをとってしまい、すっかり時期はずれですが、ぜんざいをおやつにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風月堂のゴーフル

go-huru1<今日の会社のおやつ>

関係先からのおみやげのいちごゴーフレット
出勤時間駅で配っていたチョコレート(バレンタイン前ですね)

今日はおやつを食べてちょっとだけ残業。こういう甘ーいお菓子はこの時間とても優秀なおやつで助かります。(金曜の夜、今からお酒を飲もうという方にはダメですけどね)

しかし・・・しまった!ゴーフレットの食べ方を間違ってしまった。普通に食べたのではダメで、2枚にはがして食べると2倍食べた気がするのです

・・・で思い出したのが、風月堂のゴーフル。帰りに買ってしまいました。6枚いり、¥525-

go-huru go-huru2 昔からみんな知ってるお馴染みのお菓子だと思うのですが、大正時代に今の大阪の風月堂にこんなお菓子を作ってと持ち込まれたのが始まりとか・・・。そういえば「六甲の炭酸せんべい」と紙一重。元々は18世紀ヨーロッパで凹凸模様を付けて焼いたこのお菓子のその模様が蜂の巣に似ていたのでフランス語で「ミツバチの巣」を意味する「ゴーフル」と名付けられてそうです。

子供の頃私はこのお菓子をいただいたときに、子供心にちょっとあこがれるヨーロッパのお皿の模様のようで可愛いなと思って、どうやって食べようか考えました。すっごくこの可愛い模様を割ってしまうのがもったいなかったのです。それで、2枚にはがしてちょっとずつ食べた覚えがあります。でも、なかなか両方に平等にクリームが分かれないんです。誰かと半ぶんこにするのも、結構ちょうど1/2に割るのは難しいし・・・。子供っぽいそんな思い出です。今日は、夜遅くお茶と一緒にピザカッターで切りわけて食べました。(エコルセ風。なんだか上品すぎて面白くないかも・・・)学生時代の恩師が風月堂のパッケージデザインに関わっていたことも、風月堂のお菓子が気になる原因でもあるのですが、やはり、時代とともに工夫を重ね、戦時を乗り越えて更に美味しくなった歴史を持つゴーフルがいつまでも美味しく食べたいな。

go-huru-seniti ゴーフルは小さいのもあるし、味もバニラ、ストロベリー、チョコ、今は抹茶もあるそうで、それにイベントのものご当地のパッケージのもあるのでもらったり、買ったりすることは多いと思いますが、この缶は、2シーズン前に阪神が優勝したときの。星野仙一監督の絵がついていますが、当時の部長が大の阪神ファンでみんなに配ってくれました。うちはお兄ちゃんが受験だったのでタイガースの鉛筆ももらったのですが、「これ持っとたら、絶対受かるでえ~!」らしいです。おかげさまでお兄ちゃんは希望校に合格できました。・・・ほんまかいな!空き缶は小物を入れて使っていますよ、O部長!ちょっと目についたので、写真を撮りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はんこ

han1 han2 息子がはんこを作ってくれました。

なかなかいいでしょ。

これを押して似合うような何か作品作りたいな。

たまには、縦書きの手紙でも書いてみようかなあ。

ちょうど、バックスキンの端っこが残っていたので、袋にして大切にします。ありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私たちに出来るチームー6%

私の職場の席から富士山がキレイに見えます。今朝もスッキリ澄み渡り本当に美しい山だといつ見ても思います。この冬は富士山に雪が積もらないなどと心配されていましたが、いつのまにか真っ白になりました。一面ガラスで、ちょうど何も遮るものなく景色が見えるので、たまにそちらに目をやると、仕事の最高のリフレッシュになります。夕方になると空の色が変わり、オレンジから、深い青、白っぽい闇色になっていきます。横山大観の富士山の絵を思い出す景色が広がるのです。この景色を守りたい、次の世代に残したい、そういった気持ちになります。

ちょっと前になりますが、去年の末、モントリオール会議が開かれました。(国連気候変動枠組条約第11回締約国会議と京都議定書第1回締約国会合の同時開催)

会議が目指すべき成果を3つの「I」と示されました。
Implementation・・・京都議定書の「実施」
Improvement・・・京都議定書の「改善」
Innovation・・・将来枠組(ポスト京都)に向けた「創造」
ポスト京都・・・京都議定書は2008~2012年における温室効果ガスの排出削減を先進国のみに義務づけていますが、それ以降国際社会がどういう枠組で扱こう変動に対応していくかという問題。

これらの成果を目指した結果、様々な事務的内容に加えて、私が一番興味深いのは、やはりアメリカの参加です。上にあげた③の「創造」の一つが「長期的協力のための行動の対話」の開始ですが、これは、日本やEUなど京都議定書締約国と、批准していないアメリカやオーストラリア、更に削減義務を負っていない発展途上国がそれぞれの地球温暖化対策からえられた経験を共有したり、分析する場としてもうけられるものです。アメリカはこういう対話への参加に後ろ向きな態度でしたが、合意文書の中に「将来の交渉、約束」などを前提とする対話ではないことを明記することを条件に参加に同意しました。世界最大の温室効果ガス排出国のアメリカを今後温暖化対策を話し合う場に参加させることが出来たのは大きな前進です。

気候変動問題を考えるとき、温室効果ガスの削減つまり「緩和」を考える、また、それでも起こりうる異常気象や自然災害、それから波及する生活文化の変動の可能性に「適応」するという両面からの対策が大切です。

「緩和」については、このブログのサイドバーのリンクにも「チームー6%」というのがありますので覗いてみてください。自分にあった「できること」がたくさん見つかると思います。
 *「チームー6%」・・・京都議定書の削減目標達成に向けた運動

また、「適応」についてですが、思い浮かぶことがたくさんあると思います。最近人々の予想を遙かに超える自然災害が世界中で起こっていますが、そんなニュースの中から見ても必要だとされるのは・・・
  水(水の高効率化・貯水池など水供給量の増加・ダム堤防の建設)、
  食料(収穫時期・土壌問題)、
  沿岸防護、
  健康(上下水道の改善・伝染病対策)、
  金融保健サービス(各保険・再保険によるリスク分散)
様々なところで、研究や開発が進んでいます。
ただ、どんな可能性にも「適応」出来るか・・・?

冷暖房・水道・自動・、商品選択(エコ商品)・買い物・ゴミ・電気

生活の身近なところを今すぐ見直さなくては・・・
   という気持ちになります。


取り返しのつかないことになる前に、今ならきっと楽しくやっていけそうな気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめでとうございます

Aくん、高校合格おめでとうございます。よかったね。心配してたんでしょ。

今日、私は午後仕事を休んで中三の次男と待ち合わせて、高校の入試合格発表に行ってきました。一緒に歩いているときから、緊張感は伝わってきました。ホールへ入り、受験票と交換で合否の記された封筒をいただきます。私はあえてホール入り口で待っていて「行っておいで。」と息子を一人で行かせました。封筒を手にして戻って来ながら、きっと文字を見つけたのでしょう、立ち止まり、喜ぶと言うより、力抜けた感じが見て取れました。こっちを向いて笑っています。本当によかったね。

早速父親の携帯に連絡しますが、つながらず、遠くで応援してくれたおじいちゃんおばあちゃんの家に電話しても留守電になっており、私は、「お父さんとおじいちゃんにメールしておけばいいよ。」と言ったのですが、「また電話する。ちゃんと話して伝えたいから。」と。私は変なのですが、合格したことよりも、そういうこの子の感覚をとても嬉しく思いました。大切なことはきちんと言葉で伝えたい。あなたのそういうところが大好き、と息子を抱きしめたくなりますが、そんなことをここでしたら思いっきり怒られてしまいます。そういう気持ちって何より大切だと思います。ずっと大事にしてください。

これからがはじまりです。3年間楽しんでください。部活と勉強どっちもしたいって言ってたよね。(本当に勉強してね。)この間、Aくんは、「私立だとお金がかかるけどごめんね。」と言いましたが、それは親の仕事です。だから、Aくんは、思う存分勉強に部活に、他に何か見つかったらそれでもいいでしょう、大切に過ごしてください。とにかく頑張って!今、世の中では「頑張れ」という言葉が、ややもするといけない言葉のように言われることがありますが、頑張らないと、本当に楽しいことや嬉しいことはそれほどないような気がします競わないと、いい仲間や友人も出来ない気がします。ただ、そのやり方が問題なだけです。頑張ってください。応援します。

遅いお昼ご飯を一緒に食べて、それから彼は学校に報告に戻り、私はそのまま銀行へ行って振り込みを済ませて、再び入学手続きをしに学校へ・・。案内に出ていらっしゃる先生方、事務室の方、皆さんに、息子をよろしくお願いしますという気持ちで、頭を下げる母でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

AGARで作った紅茶パンナコッタ

PANNAKOTTA 先ほどご紹介したAGARで早速「紅茶のパンナコッタ」 を作りました。生地とキャラメルソースにアールグレイを加えました。キャラメルミルクティーの風味です。

<材料・・4人分>
アガー12g
紅茶(アールグレイ)小さじ4
       水400cc
         牛乳200cc
         生クリーム200cc
         キャラメルソース、トッピング

<作り方>
①紅茶をお茶パックに入れて、鍋に入れ、水を加えて弱火で濃いめに煮出す。100ccをキャラメルソース用に分けておく。
②砂糖とアガーをよく混ぜておき少しずつ加えて溶かす。ダマになりやすいのでここが大事!)
③牛乳、生クリームを加えて裏ごしして、型に流して冷やし固める。
④好みのトッピングとキャラメルソースをかけていただきます。

<キャラメルソースの作り方>
①厚手の鍋に砂糖100gと水大さじ2を入れて中弱火で溶かす。鍋を動かすと砂糖が白く固まってしまうので、じっと待つ。)
②透明な状態が段々飴色になる。ここからが早いので気を抜かずに鍋を回しながら少し焦がす。(綿あめの香りから油断するとあっという間に焦げた苦い香りになってしまいます。このタイミングがポイントなので注意する)
③全体によい飴色になったら、火を止めて取り分けておいた紅茶100ccを熱くして加え、鍋を回しながらのばす。(ジュッとはねるので火傷をしないように気を付けて)

PURU-NN1 トッピングに使ったプルーンは、会社にいつも来ているヤクルトさんで買って冷蔵庫に常備しているものです。1㎏¥1,400ー肉厚で大粒で美味しいです。半分はいつも紅茶で煮て、少しお酒で風味を付けて保存しておきます。ケーキやデザートに添えたり刻み込んだりいろいろ使えるし健康にもよいのでそのままつまんだりします。PURU-NN2
*前に冷凍した柿がフランスのデザート?なんてお話をしましたが、それも一緒に添えています。

☆ちょっと大人っぽいトッピングでどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGARのおすすめ

AGER AGAR(アガー)をお料理やお菓子に使いの方は多いと思うのですが、まだお試しでない方へぜひおすすめなので紹介します。
私は子供が幼稚園の時に会長(みんな親しみを込めてPTA会長をこう呼んでいたのですが)から教えて頂きました。小さな子供がいると、お友達の集まりやバザーとかの行事、スポーツクラブなどでデザート関係の大量生産をすることがよくあると思います。そういうときにこのアガーは、冷蔵庫で冷やさなくても固まるし、夏の常温でも溶け出したり崩れたりしないので重宝します
食品添加物の表示としては「ゲル化剤(増粘度糖類)」とありますが、カラギーナンという海藻の抽出物から作られたもので、寒天やゼラチンより透明度が高く、美しい光沢があり、無味無臭なので素材の風味を邪魔しません。お店でよく100円くらいのでっかいフルーツゼリーを売っていますが、これを使用しています。

主婦にとっては、ほのぼのお菓子の材料なのに<使用方法>を読むと、ちょっと腕まくりしたくなってくるので、転写します。
 ・標準使用量を記載していますが、最適使用量はご試験の上お決めください。
 ・粉末のまま砂糖と混合し水に分散させた後、80℃以上に加熱して完全に溶解してくだ さい。
 ・有機酸。果汁など酸味のある材料は最終工程でゼリー液の温度を70℃以下
にしてから加えてください。
 ・殺菌工程を経て製品を作る場合、
pHを3.4以下にすると固まらない場合もあります。

ねっ、実験着とビーカーとガラス棒、アルコールランプと石綿金網(今はもう使わないかな)でお菓子作り・・・?って感じでしょ。

業務用スーパーとかで、1㎏¥2,000-くらいですが、かなりの量作れます。私は今、成城石井が便利なので購入しますが、これで500g¥1,200-です。引っ越しで何処で売ってるか見つからないときは、とりあえず長野の伊那食品さん(「かんてんぱぱ」でお馴染み)に電話してイアナガーを送ってもらっていました。今は、インターネットでもいろいろ出ています。

  ☆どうぞおためしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験の朝

次男がさっき高校受験に出かけて行きました。お弁当持ちなので、彼が好きな
 ・海苔段々のご飯(鰹・昆布)
 ・唐揚げ(たっぷりこれでもか!というくらいにショウガを効かせたのが好き))
 ・卵焼き(細ネギをいっぱい混ぜ込んで、だしが効いたのが好き)
 ・ほうれん草のおひたし(ちょっとだけポン酢であえる)

を入れました。すっごく基本的な内容ですが、すべて彼の好み通りに「頑張って!」と唱えながら・・・。何日か前から、彼に「試験の朝、僕に頑張って!って言わないでよ。」って言われていたので、黙ってお弁当にでも込めるしかありません。それから、朝食のカフェラテにチョコレートペンでスマイリーのマークを描きました。

昨日の雪が残る道を「いってきまーす」って歩き出す彼に、ただ「気を付けてね」としかかける言葉がないのです。胸の前で手をあわせてしっかりね・・・って祈るばかり。母親なんて何の役にもたたないものです。

でも「祈る」って、神や仏に「こうしてください、ああしてください」とお願いするというわけでもないんだな・・・って、ふと感じたのですが、両手の指を組んでいるうちに、指先が暖かくなって、何か体中に通うような気がして、ちゃんとやってくるよね、っていう信じる気持ち、大丈夫だよって気持ちが強くなるっていう感覚になりました。

神様仏様は、きっといるのでしょうが、願いを叶えてくださるものではなく、願いが叶う自分にしてくれる、そんな存在であろうと信じます。どうぞ息子をよろしく・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ガトーショコラ

MEGANE やはり今日は朝から雪が降り続いています。化粧水だけパタパタして、スッピン。コンタクトはやめてメガネザックリのセーターで気楽に過ごしています。(このラルフローレンのメガネはとても好きなのですが、ちょっと度が合わなくなってきてるみたいです。)この間、職場でアームカバーを作ってメンバーにあげたのが、またまたオーダー有り、快く受注。朝から取りかかり、押し花の花の整理をして、さっきチョコレートケーキを作りました。
どうぞ召し上がれ!

CHOKO CAKE <ガトーショコラ>
材料のチョコレート選び次第でいろいろ楽しめるチョコレートデザート。今日はLindtカカオ85%でちょっとだけほろ苦い感じにしました。少しだけブランデーと、季節のきんかんのコンポートを添えます。

<材料・・18㎝ケーキ型>
   チョコレート       80g
   無塩バター       80g
   ココアパウダー     1/2カップ
   薄力粉          大さじ2
   ベーキングパウダー  小さじ1と1/2
   砂糖           3/5カップ
   卵            4個
   生クリーム       1/3カップ
   粉砂糖、ブランデー  適宜
<作り方>
①ケーキ型にバターを塗り(分量外)、底と側面にオーブンシートを貼る。オーブンを180℃に予熱する。
②チョコレートを割ってフードプロセッサーに入れ、1分くらい回して細かくする。
③耐熱ボールに移し、バターを加えて、電子レンジで1分くらい溶かす。
④フードプロセッサーにココアパウダー、薄力粉、BP、砂糖を入れ、30秒回して空気を含ませる。
⑤③のチョコレート液、卵、生クリーム、ブランデーを加えて1分回してなめらかにする。
⑥型に流して35分焼く。完全にさまして粉砂糖を振る。ミントときんかんのコンポートを添える。

KINNKANN <きんかんのコンポートの作り方>
①きんかん20個は縦に何本かナイフで切り込みを入れ、竹串で種を除く。
②鍋にたっぷりの水を沸騰させ、きんかんを2~3分煮る。煮上がったら火から下ろし、きんかんを水にとり15分くらいさらす。
③別の鍋に水200ccとグラニュー糖を入れ、火にかけて沸騰したらきんかんを入れ、アクをすくいながら15分くらい弱火で落としぶたをして煮る。
④火を止めてそのままゆっくりとさまし味を染み込ませる。
*これは熱湯消毒したビンに汁ごと詰めて、冷蔵庫で2~3週間保存できます。季節ものなので、いろんなデザートに添えたり、混ぜ込んだり、パワーが即欲しいときにそのままつまんだり、風邪にも効くので楽しんでください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小さな押し花

rinngo_stear kitty
←← ”リンゴスター”


   ”迷子の子猫の「お春ちゃん」”→→



ちっちゃな押し花の額を簡単に作ってみました。このビオラ可愛いでしょ。名前もまたまた可愛い。1ポット100円前後がパンジー・ビオラの相場だと思うのですが、”あっ、あれキレイ!”と思って近づいてみると、¥290-高い!でも、1ポットずつ買ってしまいました。せっかくなので、はじめに咲いた花から押してみました。

押し花にするときは、出来るだけつぼみが開いて咲いたばかりの花を朝のうちに摘みます。出勤前、こんなコトをやっている場合ではないのですが、チョンチョンと摘んで茎部をカッターで少し削って、乾燥シートに挟むところまで一気にやってしまいます。(これで2~3日くらい)それか、これくらいの小さな花なら、セラミックに挟んで2分くらい電子レンジにかければ仕上がります。

gaku さっき、台紙に水彩の色鉛筆(これ、ちょっと便利です。水でぼかすと水彩画のようになりますでちょっと色を付け、お花を置いて、サインを入れたりしてあっという間に出来上がり!販売用にはこんなコトは出来ないのですが、自分用なら好きなようにいろいろと楽しみます。かぶせるガラスにガラスリッチェン☆(ダイヤモンドペンの彫刻)を少し入れたり、布やリボンを使ったりしてもキレイです。

トイレの額を一つ取り替えて飾ることにします☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TARZAN 宮本恒靖様

miyamoto 今日は月に2回のTARZAN発行日。私の(準)愛読書です。あまり真剣にはならないで、サッと目を通して頭の端っこにおいておく、とか栄養や健康のこととか他いろんな話題が楽しいので、お気軽に読んでいます。(私としては、あんまりストイックに筋トレやってます!みたいな感じとか、あまりにマッチョな男性はちょっと苦手。少し下っ腹出てるくらいが貫禄と感じます。)朝出勤前から駅の本屋さんで早速購入。なぜかというと、ガンバ大阪の宮本さんだから!

まだ仕事を始めなくてもいいか・・・っていう時間だったので、席について膝の上でページを開いていたら、課長が通りかかり、しばらく笑い続けて通り過ぎて行きました。私も笑ってるしかなかったのですが、この課長、かなりのアスリートで、毎日早朝から何キロも走っていて、そこら辺のロードレースはもちろん、北海道北見のフルマラソンを飛行機で飛んで日帰りで走ってくるくらいです。でも、アスリートと言ってもコボちゃんみたいな感じで、いつも友好的に笑っていって、この上なく平和な感じで、スーツの下に強靱な肉体があろうとは想像しがたいのです。我が職場、いろいろと問題もあると思うけど、この課長の笑顔でかなり救われているというか、凌いでいるというか・・・これもまた、宮本選手に似たようなリーダーシップかな!

それにしても、「もてるカラダはこうやってつくる」特集の表紙なんて、宮本さん、凄いです。そもそも私が宮本さんをかっこいいと思ったのは、池袋サンシャインの地下に、車の宣伝のでっかいポスターパネルが貼られていたときなのですが、きっと「完璧にかっこいい!!」satou って声を出したと思います。話ははずれますが、車の宣伝と言えば、私が好きな男優№1の佐藤浩一の「MARK X」のCM.、「今日の部長は謝りすぎです。でも素敵でした☆」 TARZANの広告ページにちょうどあったので載せます。かっこよすぎです。もう長く社会人やってますが、そんな部長に会ったことがない!(これまでお世話になった部長様方、すみません)

・・・で宮本さんの話に戻って・・・さすが、ガンバ一筋13年・あきらめない宮本さんです。しかも、キャプテン慣れした、というか、宮本さんの人間性はサッカーで培われてきたものなんでしょうね。ただ前に前に、上に上にと言うのではなく、まわりをきちんと見ながら、引っ張っていく、時には押し上げていく。きっと宮本さんの考え方や日々の心構えは、サッカー選手、キャプテンを務めるに限らず、誰もが持つべき大切なことなのでしょうね。「出来るだけみんなの顔が見えるところに座って食事をとる。」そういった何でもないようなことが大切だと語る宮本さんを応援していきます。けがに気を付けて、すばらしいリーダーシップ、プレーを私たちに見せてください。

<今日のおまけ>
youkann 仕事でお世話になっている栃木の業者さんが、時々訪ねてきてくださいます。フットワーク良くて、ちょっと無理聞いてもらえるし、リズム感が合うのでよくお願いするのですが、いつも何かおみやげを持ってきてくれて、嬉しい!これは柚子風味の羊羹。すっごい美味しいです。あと紫蘇味と栗があります。ごちそうさまでした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

武富士ダンサーズ?

今日は、紺色の半袖タートルネックのセーターをピシッと着ます。私は冬の半袖ニットが大好きなのですが、こういう時に役に立つのが、ノースリブタートルのアンダーウェア です。昨シーズン買ったのがとても良くて、首元のチクチクもなく、暖かくて重宝しています。色は黒。鏡に映ったのを見ると、「あれっ!武富士ダンサーズ!?!?」 思わず、そばにいた主人に「ほらっ!」ってポーズをとってしまった。「あたしみたいな髪型で、こんな人いるよねえ。」・・・当然あきれ顔。でも、とりあえず笑ってくれて良かった。・・・でないとさすがに引っ込みつかないショーモナイコトやっちゃったから・・・助かりました。ありがとう。

あたしは、朝から何やってんでしょう。出かける前にまだすることはいっぱいあるでしょうに・・・。遅れるよ!!!

一日の始まり、あわただしい中であまりにつまらないことをやっちゃったのに、なんかおかしくて元気に仕事に出かけました。

    ~ホントにくだらない話デシタ・・・~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミナー②野依良治先生の講演

8校セミナーの第二部はノーベル化学賞受賞された 野依良二先生の講演です。難しい内容もあり、必死でついて行きましたが、ユーモアのある素敵な方でした。比較的小さな場所でしたので身近にお顔を拝見しながら講演を聞くことが出来て本当にすばらしい時間を過ごすことが出来ました。

「憧れと感動、そして志」・・・
ノーベル化学賞を受賞されたその賞状にイニシャルのRとNのアルファベットがデザインされ、左右対称のマークが入っていました。左右対称のこのデザインが美しくて気に入っているとのことでしたこの感性にこの方のすべての成功があるとまず感じました。私が大好きなある方が、ご自分の息子さん2人に左右対称の漢字にこだわって名前を付けたお話をうかがったことがあります。同じような美感やロマンを抱いていらしたのでしょうか・・・。

というところからゆっくりと講演は始まったのですが、それからは終始穏やかながら、どんどん熱がこもってきます。
「化学」とは、果てしなく続く「知の旅」。目的地へ到達することより様々な出会い、良い旅をすること自体に意味があり、優れた研究は有為の人を育て、また社会に貢献する」という考えを根底に持っておられます。

人間は、いつも環境と対峙し順応しながら生きていて、自然を知り、文明を作り、文化を産んできました。ここには限界があります。しかし、「ヒト」は、手を持ち(技術)、脳(知識)を持ちます。そこで化学によってそれ以上の環境を作り出すことが出来るのです。

野依先生の「憧れと感動」の始まりは、湯川秀樹であり、小学校の頃、東レの製品発表会で、ナイロンが石炭と水空気で出来ることを知ったとき、そして、ビニロン発明者の桜田一郎先生にあこがれて京都大学に進学されます。

それから何十年、ノーベル賞創設100年の記念すべき2001年に、不斉合成のための触媒分子の研究・開発によりノーベル化学賞を受賞されました。鏡像関係(分子の右と左)にある二つのキラルな分子は、生命現象、生物現象に関わるとき、多くの場合まったく違った性質を示します。しばしば生物に対してどちらか一方のみが機能を持つため、これを作り分けることは、医薬品や農薬、香料、食品添加物などの合成においては極めて重要です。不斉合成とは、分子の一方のみを作り出すことです。酵素反応や微生物を使ったバイオテクノロジーに頼らない人工的な不斉合成法の開発は、20世紀最大の課題の一つでした。野依先生はこれを可能にする触媒分子の開拓に成功し、その夢を現実のものとされました。パスツールに対する挑戦だったともおっしゃっていました。

野依先生が、どうして成功したのか・・・それはあきらめなかったから、そして、ただただ分子の美しさに惹かれあこがれたから・・・と強く強くお話をされました。

科学研究の評価の要素は、独創性(驚き)・普遍性(信頼、納得)・継続的な先導性・科学的、社会的波及効果
などありますが、それよりも、誰のために科学技術を発展させるのか、が大切なのです。野依先生は環境を大切にする「グリーンケミストリー」を唱えておられる方です。世界の人々が科学技術を理解し、手を携える、経済や政治が一貫となって次世代につながる化学を目指しておられました。それは、産業技術の発展、生活様式の変化など、過大な人間活動が深刻な気候変動、環境変化、そして資源エネルギーの枯渇を引き起こしている責任も含めてです。

今日先生のお話を聞いていて「化学」というのは、極めて優しく、なんて夢のあるものだろうと感じました。

本当に密度の濃い充実した時間を与えて頂きました。あっという間の4時間、先生が伝えたかったことのほんの何割かしかきっと頭の中に入ってないと思います。でも”心がわくわくして楽しかった”と感謝しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8校セミナー①

「8校セミナー」に参加してきました。教育委員会主催、進学指導研究協議会に属する8高校企画のセミナーです。かなり端折ってしまうが、メモとして記憶に新しいうちに要点を記録しておきたいと思いました。

「この世界のどこかを支える人を育てる戦略」

論点1:なぜ「勉強だけでなく部活や行事も頑張りなさい」なのか?
根幹は、「人間を鍛え、使える人材にする」こと=いわゆる全人教育
  ・まずタフであること(少々のことは対応できる)
  ・誇るべき体験が生み出すもの(前向きな意欲・困難に負けないチャレンジ精神・仲間と  の絆)
  ・家族や仲間の力を借りること
  ・部活動や行事においても同様

論点2:自分が役に立てる「世界のどこか」の探し方
「自己実現」「自分探し」というのは自分が中心の考え方。本当の自己実現は、常に「他人」との関係において成立する。「自分のためにガンバル」は、実は弱いもので、ハードルが自分で容易に下げられる。
では、どうすれば「世界のどこか」を探せるか?
  ・当然マニュアルはない
  ・本当の自己実現とは、「自分が喜んでもらえる、役に立てる場所探し」。
   自分のためより、誰か、何かのために頑張る方が強い。
  ・「他者」と自分との関わり合いの中で見つけていくしかない。そのためには、「良質の他者(人の人生、人の言葉)とのチャンネルを出来るだけ多く持つことが必要。

「すべての教科に共通する本質」

論点1:わかるとはどういうことか
「わかったつもり」ではなく、自ら「なぜ?」という疑問を持ち、それを解決出来る(「本当にわかった」と納得できる)能力である。
この論点について、各教科の例題が提示された。数学・科学・物理・英語・世界史の問題なんて「わかる」レベル最低だと思います。模範解答の論理がかろうじて理解できる程度です。本当についていくのが私の頭では無理、理解に及びませんでした。結局、
本当に「わかる」ために、
  ・着眼点を持つ。
  ・「なぜ」と言う疑問を常に抱く
  ・自分で納得するまでとことん考える

論点2:言葉
私たちは、言葉で考え、言葉で知識を定着させ、言葉で表現する。
  ・言葉でつなぐことによって理解する
  ・言葉を使いこなす
  ・言葉を鍛える・・・そして
エレガントな答えを導く

論点3:言葉を鍛えるために
それぞれの分野での言葉を操るために何が必要か?・・・様々な体験
  ・わかるようになる→他者との関わりに参加する
  ・自分の言葉で表現する→他者の言葉との遭遇
  ・ともに学ぶ空間を作り上げる

「なんだかわかりますか?」
多くの例題の中で、唯一、私が理解できたものです。考えてみてください。

~新聞の方が雑誌よりいい。街中より海岸の方が場所としていい。最初は歩くより走る方がいい。何度もトライしなくてはならないだろう。ちょっとしたコツがいるが、つかむのは易しい。小さな子供でも楽しめる。一度成功したら面倒は少ない。鳥が近づきすぎることは滅多にない。ただ、雨はすぐに染み込む。多すぎる人がコレを一斉にやると面倒が起きうる。一つについてかなりのスペースがいる。面倒がなければ、のどかなものである。ゆるんでものがとれたりすると、それで終わりである。~

   答えは・・・凧揚げ(和凧・・カイトはビニールで雨が染み込まない

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アームカバー流行の兆し???

1 2会社で 「Mちゃん、アームカバー作って。」というオーダー有り、昨日仕事の帰りに生地を買って来ました。アームカバーなんて、役場のイメージか、(役場の方、ごめんなさい)お習字の時子供の頃使ってたかな・・。ダサくないか~?とは思いつつ、袖口が汚れるのもいやだし、結構いいかも・・・。なんてその気になって作り始めました。生地を買いに行ったのはいいけど、あの子いつもどんな服着てるんだっけ・・とか、何色が好きなんだったかなあ・・とか考えて時間がかかってしまいましたが、できあがってみるとなかなかいいと自分では満足です。
3 4仕事だから、基本は地味に、どんな服着てもおかしくないように。「でもちょっと可愛い」は忘れてはなりません。フエルトとリボンでお花を作ってワンポイントに付けてみました。ハギレがちょうどいい大きさで残ったので、ポーチを作ってプレゼントらしくしました。気に入ってくれるかなあ。

5 6 シビアで、タイトな仕事だし、親切、丁寧、思いやりを忘れてはならない。この繁忙期、老いも若きも職場の乙女達、がんばっていきまっしょい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンディーアイスクリーム

ice1 ice2すっごく簡単で腰ぬかしちゃうくらいのアイスクリームです。ふと作りたくなって夜中にゴソゴソと・・・。あとは明日のお楽しみ・・・って感じです。一度試してみてください。もし小さなお子さんがいらっしゃったら、一緒に作ってみてください。「ママは魔」って思うかも!!

ice3 <作り方>(上品デザート量で4人で2回分くらい)
キャンディー90g(よく袋で売ってるキャンディーで120gくらいです)を牛乳300ccに一晩冷蔵庫で漬けておきます。翌朝には溶けています。そこに生クリーム150ccを加えて冷凍室で冷やし固めます。固まったらフードプロセッサーにかけて出来上がり。(フォークなどでかき混ぜてもいいです)

キャンディーは何でもお好みで良いのですが、思いつきだったので、家にあったヴェルタースオリジナルキャンディーシークワーサーのキャンディーを使いました。どちらも大好評でした。
ice4 また続けて作りたいと思って、今日は仕事の帰りに「AMERICAN PHARMACY」に寄ってサーティーワンのチョコレートミントのキャンディーを買ってきました。コレは絶対におすすめです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

智ちゃんのイヤリング・・その3

paru_1 pa-ru2 今日、会社の智ちゃんとお昼焼き肉屋さんに行ってビビンバランチを食べました。智ちゃんは冷麺ランチです。このお店、美味しくてもっと流行ってもいいと思うのだけど、結構穴場なのです。宣伝が足りないのかなあ。ゆったり食べられるししかも安心価格。注文して待ってる時、FAXすれば会社まで届けてくれる化粧品屋さん(しかもすべて2割引)に発注する相談をしていて、突然「それでさあ~」ってバッグからフイルムケース取り出して、「クリスマスにと思って考えてたんだけど、考えてたら今になっちゃったよ~」って言うの。中身は・・手作りのパールのイヤリングとペンダントトップです。すっごいすてき!!智ちゃんにイヤリングもらうのは3回目なんだけど、「Mちゃんにこんなの似合うかなあって、つい考えちゃうんだよね~」って、ホント嬉しいよね。思って作ってくれるってホント嬉しい!嬉しいので携帯で撮って、ちょうどイヤリングしてなかったし、ペンダントもちっちゃいのだったので重ねて鎖に通して、そのまま午後は身につけて仕事しました。
  ***一つめの智ちゃんのイヤリングは、12/1紹介したピンク、それからラリエット。
    二つめは、12/9紹介のターコイズ。
どれも、可愛いでしょ***

| | コメント (0) | トラックバック (1)

遠く、遠く・・・♪

一ヶ月ほど前からNTT東日本のコマーシャルで、槇原敬之の「遠く遠く」が流れています。しばらく見入ってしまうのですが、もう10年くらい前のアルバムに入っていたでしょうか。初めて聴いた時、この人はなんて言葉を思うままに、探し当てて使える人なんだろうと思いました。しかも、こんなに何気ない言葉で・・・。なかなか気持ちや心を表現出来なくてもどかしくなることがありますよね。言葉にはエネルギー、言霊と呼ばれるものがあるのだと感じました。

水の結晶の写真集を出された江本勝さんという方がいるのですが、水の入ったコップにいろいろな言葉を書いた紙をのせて、そのあと水の結晶の写真を撮ると、結晶がその言葉に従って変わるという驚くべきことがわかったそうです。つまり、「愛」「感謝」などの美しい言葉に対しては調和のとれた美しい結晶の形なのに、否定的な「死ね」「ばかやろう」などでは無惨に形は崩れているというのです。もしも本当に水に情報を転写する機能があるとするなら、カラダの70%が水で出来ている人間が、日々、言葉の力で元気づけられたり、楽しくなったり、また逆もあるでしょうが、と言うのも当然に思われます。

自分が頼りなくなったとき、悔しいとき、夜空の下を独りで歩くとき、高いところから遠くを見るとき・・・この何年か自然に口ずさんでいたこの歌を少し載せます。(私の応援の歌)

♪~遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように
 力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい

 いつでも帰ってくればいいと 真夜中の公衆電話で
 言われたとき 笑顔になって 今までやってこれたよ

 どんなに高いタワーからも 見えない僕のふるさと
 失くしちゃダメなことをいつまでも 胸に抱きしめているから
 遠く遠く離れた街で 元気に暮らせてるんだ

  大事なのは
  ”変わってくこと”
  ”変わらずにいること”   ~ ♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょこっとオアシス

oasisu2 oasisu1 「ちょこっとオアシス」(自然気化式パーソナル加湿器)
くだらない雑貨かも知れませんが、寒さも乾燥もすっごいこの頃、助けを求めたくもなります。
朝は、のどイガイガ、会社では暖房がガンガン、パソコンに一日向かっていると、ドライアイもひどいもので、コンタクトもへばりついてしまいます。
潤いが欲しい~~~。そこでちょっと職場で流行っているのがコレ!受け皿に水を注いでおくと、花びらのように開いた紙フィルターが水分を吸い上げて、自然に気化するものです。電気も使いません。コレで半径2メートル以内の湿度が4~5%アップするとか・・・。防菌防かび効果のあるもので¥1,200ー。はっきり言って効いているのかどうか・・・????????だけど、よく高価な美術品とか発掘品、などのショーケースには水を入れたコップが置いてあったりするでしょ。そんな感じかなあ・・・?「あんたって、それほどのもんじゃないですから!!」どこかから聞こえてきそう。とりあえず信じてみよう

| | コメント (2) | トラックバック (1)

雪は天から送られた手紙

雪は天から送られた手紙」。これは雪の結晶の研究で知られ、初めて人工雪を作ることに成功した学者・中谷宇吉郎氏の言葉です。雪の結晶を調べることで私たちは上空の気象条件を知ることが出来ます。これが「手紙」と言われる所以なのでしょう。

雪の赤ちゃんにあたる氷晶は、大気中に無数に浮かぶ非常に細かい塵を芯として、水蒸気が直接氷の粒へと昇華凝結したもので、地上4,000~5,000m、気温零下25℃以下の上空で生まれます。風に流されながら落下していく氷晶は、周囲の雲の水滴から蒸発した水蒸気を自分のまわりに更に凝結させ、次第に結晶へと成長します。気温や湿度の違いにより複雑な形に成長した結晶は細部に至るまで六方対称の模様が刻まれ、「雪華」とも呼ばれるほど美しいものです。

yuki 息子が小学4年の時夏休みの自由研究で雪の結晶を作りました。発泡スチロールの箱にドライアイスを詰め、デンタルフロスをピンと張ったペットボトルを中に設置すると、そこに本当に美しい雪印マークのように結晶が出来るのです。この時息子は「線香花火の雪」と表現しました。ちょうどこの結晶が出来た位置が、マイナス20℃位のところでした。(写真はクリックして大きくしてください)

3連休明けの今日、覚悟して仕事に向かいました。新潟を含む関越地方の自動車事故の対応をしているのですが、雪による事故報告がどれほどあったでしょう。雪は、ウィンタースポーツや情緒ある冬景色など美しく楽しいイメージの一方人間の生活に不利益ももたらします。交通機関の乱れや、凍結によるスリップ、転倒、家屋の倒壊など・・・。今年は死者もたくさん出ています。

降ったばかりの新雪は、結晶と結晶の間に90%もの空気が含まれていて、その重さは0.1㌘/㎝ほどしかありません。しかし時間の経過とともに、雪の結晶は角が取れ丸い氷の粒になり、雪自身の重さも加わって氷粒同士がくっつき、だんだんと固く思い雪になります。これを「雪が締まる」というのですが、密度は0.3~0,4㌘/㎝までになります。もし50平方メートルの屋根に50㎝の雪が積もるとその重さは7.5トン屋根も押しつぶされるのは当然です。このような事故を未然に防ぐためこまめな雪下ろしが必要ですが、この重労働が今の報道での話題になっています。過疎地のお年寄りには大きな被害、負荷になるのです。

人間達が自分たちの都合のよいように地球をどんどん作りかえている今、人工的に便利になったそのおかげで、環境は変化し、まるでバーチャル空間のように感じることさえあります。リモコンやクリックに馴れすぎている私たちに、天は心の底から震え上がるような、人の力ではどうしようもない雪の恐ろしさを見せつけているように感じてなりません。これも天からの手紙なのでしょうか。脅迫状でなければよいのに・・・と願います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

紅茶のクラシックデザート

koutya 居酒屋ダイニング”M”の食後のデザートにと思って作りました。
すっごく あっさりして大人の味。でもうちの息子達ももったいないくらいにあっという間に食べてしまいました。オーブンで焼いている間に、「居酒屋ダイニング”M”へようこそ・・5」で紹介した玉葱ドレッシングを作っていたのですが、途中いい香りがして出来上がりが楽しみでした。休日のこんな何でもないほっこりした気持ちがうれしいですね。
牛乳 1カップ
紅茶(アールグレイ) 大さじ3
グラニュー糖 大さじ4
生クリーム 150cc 
卵黄 2個分
(飾りにホイップクリーム、チョコレート、粉砂糖、ミントの葉)


①鍋に牛乳を温め、沸騰前に紅茶の葉を入れて火を止め、5分くらい蒸す。
②グラニュー糖、生クリームを入れて混ぜる。
③ボウルに卵黄をとき、②を加えて混ぜ合わせ耐熱性の器に入れる。
④アルミホイルをかぶせて、湯煎で160℃のオーブン、30分焼く。
⑤冷蔵庫で冷やして、生クリーム、刻みチョコ、粉砂糖、ミントの葉で飾る。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

居酒屋ダイニング”M”へようこそ・・5

kare-nabe <本日のメニュー>
カレー鍋・・・食品会社の株を持っていると、たまにこういう鍋セットなんて送られて楽しみです。カレースープと、お肉ジャガイモ玉葱はセットされているので、あとは、キャベツ、ブロッコリー、マッシュルーム、をたっぷり煮込みました。自分で作るときは、給食のカレーくらいの辛さで。暖まります。

sarada豚シャブ・冷や奴サラダ・・玉葱と豚肉は疲労回復に、豆腐で植物性タンパク質をバランスよく摂ります。レタスの上に、豚シャブと絹ごし豆腐を盛りつけ、ドレッシングをたっぷりかけます。しかしこのサラダのメインは玉葱ドレッシングです。美味しいので絶対一度作ってみてください

tamanegi (玉葱ドレッシング)・・・
玉葱 1個(スライス)
砂糖 大さじ1 1/2
酒、みりん、しょうゆ 各50cc
酢、サラダ油 各75cc
砂糖、酒、みりん、しょうゆ、酢を混ぜ、サラダ油を少しずつ加えながら混ぜる。スライスした玉葱を合わせる。このまま3日間くらい食べられます。

7mi 京都のおみやげの「黒七味」と岩塩で味をしめます。普通に七味とか柚子こしょうでもいいです。

sunappuenndouスナックエンドウのマヨネーズサラダ
ゆでたスナップエンドウにマヨネーズをかけるだけですが、これが甘くて美味しいです。みんな大好き。

今日もまたまたメニューを見ればレシピなしでもすぐできちゃう簡単メニューです。でも家族には大好評でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラダ、よろこぶ♪

jim1 <早朝からの活動は気持ちいい~>

jim2 <気持ちいいので足上げてみました>

カラダが鈍ってる~~~悲鳴に近い不快感。
今日は朝七草がゆを食べてから、掃除・洗濯お布団を干して・・・階段を上がるのも一段とばしで、おかしいくらいストレッチ混じりの家事行動。絶対誰か見てたらケラケラ指さして笑われていると思います。それくらい私のカラダは動きたかったみたいです。あとは、ジムで3時間キッチリやってくるぞ~!
12月は、週末出かけることも多くて、なんとジムは1ヶ月ぶりです。ちゃんとストレッチして、ボート漕ぐのも隣の男性のペースにこっそり合わして無理してみたり、マシンもちょっと負荷を大きくしてみたりして(本当は久しぶりにやるのに、こんなコトはよくないのでしょうが・・・)それから、例えば毛穴の深さを10㎝くらいにイメージして、キレイに汗で汚れや老廃物が押し出されるまで、あと8㎝・・5㎝・・あと2㎝・・・やっとランニングマシーンの上で40分かかってスッキリ!!こんなに汗が出たのは久しぶりです。続けてエアロビガンバル!!背中に意識、足の付け根から動く、肩がはずれるくらいしっかり動く。最後にストレッチでは、ホントに自分のカラダをいたわるように隅々までケアしてあげる。
このカラダ、大事にしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

七草・・若菜摘む我が衣手に・・・

nanakusa_1 私が育った家庭って結構よかったのかも知れない・・・と時々思うのですが、例えばその一つが、お正月前後かなり長期間にわたって家族が揃うと百人一首をしている家庭でした。おかげで学校で百人一首を暗記したり意味を説明したりするテストで苦労したことはありませんでした。父が詠むことが多くて、子供には理解できない言葉や言い回しを教えてくれていたりしました。
・・・で、明日は七草粥。光孝天皇の詠んだ
君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ
というのは、七草のお話です。
nanakusa2 若菜とは、春の七草で、その日の朝摘んできたものを使います。そして若い娘が摘む方が縁起がよいとされていたそうです大切な人のために早朝袖を濡らしながら春の七草を摘む・・・そんな風景が昔はよく見られたのでしょうね。ごめんなさい、我が家の「昔の若い娘」は仕事帰りに、ルミネの八百屋さんで買ってきてしまいました。(パックになっているのを買うと、いつもハコベラばかりがいっぱい入っている気がします。)


春の七草・・ビタミン、ミネラルが豊富。
 体内の毒素を排出するのを助け、消化促進や血圧も下げる。
 初春の野に芽吹いた若菜の生命力を食することで、邪気を払い健康を願う。
  古人の知恵ですね。
  *セリ・・    煮て食べると神経痛やリウマチに効く。 
  *ナズナ・・  煎じて利尿、解熱、止血薬などに用いられた。
  *ゴギョウ・・ 去痰、咳に効果あり。
  *ハコベラ・・ 利尿作用。
  *ホトケノザ・・解熱・解毒作用。
  *スズナ・・  利尿や便秘に効果あり。 
  *スズシロ・・ 食欲増進、利尿作用あり。   

明日の朝は、暖かい美味しい七草がゆをいただきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フランダースの犬

kimutaku この間、がみさんのブログで話題になった「フランダースの犬の歌が実はすっごく悲しくてとても歌えない」っていうのが、あれから時々気になっていて、そしたら、最近キムタクがフレッツ光のCMで犬・・・フラダンス・・・フランダースの犬・・・」ってウルウルするのをやってるでしょ。このお話は、あまりに切ないですね。子供の頃、日曜日の7時半、他には「母を訪ねて3千里」とか、「ハイジ」とかやっていて、必ず母と涙して見ていてなんてかわいそうなお話・・・と思い続けて今に至っていました。

<フランダースの犬のお話をおさらいしてみると(記憶なので間違っていたらどなたか訂正入れてね。)>
少年ネロは初めは画家になる夢を持ちおじいさんやアロア、パトラッシュと楽しい日々を送っていました。それが、おじいさんが亡くなり、コンクールでも落選、さらに風車小屋の家事の犯人の疑いをかけられてしまいます。生きる希望を失ってしまったネロは、クリスマスの夜、雪の中で寒さで衰弱しながら教会へ向かい、そこでお金を払わなければ見ることができなかった2枚の絵にかかっているカーテンが浮き上がり念願のルーベンスのその絵を見ることができました。後を追ってパトラッシュが来るのですが、もう歩くのがやっとです。ネロはパトラッシュにこう言いました。(覚えていて自分でもびっくり!ちょっと違うところあるかも知れないけどこんなコトだったと思います)「僕、あの絵を見れたんだよ。なんて素敵なんだろう。もう思い残すことはないんだ。僕なんだか疲れたんだ。僕・・とっても眠いんだよ。おいでパトラッシュ、僕たちはいつまでもずっと一緒だよ。一緒におじいさんのところに行こうね
。」

今、こうして思い出してみると、えっ!ちょっと待って!!!
確かにこんないい子がどうして死ななきゃいけないの。・・・と思うけど、でもネロは生きることをあきらめたんじゃないのタイミングが悪かったんじゃないの?アロアのおとうさんのお金を拾って届けたとき、ちょっと甘えてそこでご飯を食べさせてもらってもよかったのよ。もう少しそこにいれば、辛く当たっていたアロアのお父さんも帰ってきてわかってもらえたのに。風車小屋のおじさんだって家事はネロの仕業じゃないって告げに来たでしょ。独りになったネロを引き取りにおじさんだって来てくれたし・・・。ネロの絵を、ルーベンスの後継だと認めてくれた画商も現れた。こんなにネロには生き延びる道がまだあったのに、どれもこれも行き違ってしまって・・・。もう少しネロに生きる気力があったら生き続けて立派な画家になっていたかも知れません。また、まわりの人たちの行動がもう少しずつ早ければ、ネロを救えたかも知れません。ナレーションで、ネロはお母さんやおじいさんと一緒に悲しみやおなかがすいたことを感じることもなく天国で楽しく暮らしたってあったように思うけど、「死ねば楽園がある」と言うことはないと思うのです。最後は笑顔で天使達に天国に連れて行ってもらったけど、そこでやっぱり死んじゃいけなかったんだよネロ!でももしお母さんだったら、そんなに苦しむネロをそんなに頑張らなくてもいいのよって、手元に呼んで抱きしめたくなるのでしょうか・・・。

改めて「フランダースの犬」のお話を思い出してみて、いろんな経験と年齢を重ねた私は切なくかわいそうだと思うだけでは納得いかない気持ちになってしまいました。今になってこう思わせるのは、やはり「フランダースの犬」は一生かけて読むべき名作なんでしょうね。

<OP>♪~息が切れても歩こうね~♪
<ED>♪~ミルク色の夜明け 見えてくる真っ直ぐな道
       忘れないよ この道を パトラッシュと歩いた
       空に続く道を~ららら ららら ららら~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シクラメンの押し花

sikuramenn 玄関の押し花の額がクリスマスリース(12月7日に紹介)からシクラメンに変わっています。シクラメンもこんなにシックな色のもので、エンジのマットと木枠にはいるとなんとなく和風な感じになります
押し花をするとき、素材によって、分解したり、中のシベとか重なりをカッターで切り取ったり、茎を半分に削ったり、葉っぱの裏側を紙ヤスリでこすったり・・・結構残酷とも思える作業をするのですが、いかにして早く水分を抜いてあげるかが綺麗な仕上がりに影響します
この作業をしていると、植物ってこういう風に構成されているんだとか、それぞれの花、葉、実などの特徴や質感をまるでレントゲンとか胃カメラとかで観ているようによく知ることができて、そしてまた、プレスした植物が生まれ変わったような表情を見せてくれると、驚きさえ有り、本当に花とつきあうことの幸せを感じることができます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

お正月なので”独楽”

koma お正月気分も今日まで。明日から仕事です。めったに「わざわざ買い物に行く」ということ、まして主人を誘って行くことはないのですが、スカートが欲しいなと思っていたし、去年から主人はコートが欲しいと言っていたのが気になっていたので、今日は誘ってみました。私はトラッドな茶色のスカートとこの時期にブルーの柄のひらひらしたスカートはちょっと迷ったのですがお店に入ってまず手に取ったものなので、そのインスピレーションを信じて買いました。すっごく気に入っています。主人も手帳が欲しかったらしく、それから目的のコートもいいのが見つかったので、今日は二人で出かけて大正解でした。ちょっとご機嫌です。
話は変わって、この”独楽”。息子が、「”独楽”ってなんだか字を見ると寂しい遊びだなあ」っていうのです。えっ!て見てみるとそうねえ・・・。独り楽しむ・・か。でもこの独楽、「佐世保こま」って言って、綺麗でしょ。10年以上前に佐世保出身の近所の方にいただいたのだけど、形が優美でさすがに異国情緒豊かな色彩で素敵です。説明書によると『息長勝問勝競(いきながしべょうもんしょうくらべ)』とかけ声をかけ、子供達が廻し比べ「けんかこま」とも言われる勇壮な遊びです。息長く回る(長寿健康)、廻りがよい(金運開運)、縁起がいいですね。結構よく回って、面白いので、もう傷だらけですが、お正月はやはり毎年飾っています。未だに独楽で子供みたいにムキになって廻している私もおかしいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

お正月2日からダッシュ!

今日は、ちょっと寝坊です。もう駅伝がはじまっちゃったよ・・とテレビを付けました。なんとなくこの映像を毎年見たいと思います。3年前どうしてもゴールが見たくて大手町まで急いだことがありましたが、やっぱりテレビの方がよく見えます。ただ臨場感はやっぱり現場だと思うのですが・・・。何処の大学の誰と言うこともなくみんなを応援したいと思うのです。特にせっかく勝ち取ったこのチャンスにいつもの力を出せずにいる選手を見ると、その選手のお母様を思ってしまいます。祈るしかないのでしょうねがんばれ!がんばれ!って。

ti-zuke-ki2 まるで話は変わってしまいますが、今日の私は自分で言うのもおかしいですが、お正月2日とは思えない働きっぷりです。朝ちょっと車に乗った時、いきなりQUEENの「I WAS BORN TO LOVE YOU」を聴いたのと、子供達もそれぞれスケジュールがあってみんなでどうすると言うこともないせいもあるのですが、お正月といえども私にとっては貴重な4連休、腕まくりをしてしまいました。まずは、この間買ったフードプロセッサーで ビ~ン してチーズケーキを作りましょう。レモンが利いたチーズケーキは子供達も大好き。すっごい早い!!混ぜたら焼くだけ。しかもお片づけが簡単なのがやっぱり嬉しい。みんなに大好評をいただいてしまいました。焼いてる間に、キッチンの上の方の棚の中を整理したり、食器棚を全部出して掃除して、普段使いの食器などちょっとしまってあるものと入れ替えてみたり、保存食なんかも整理して、とりあえず近いうちに一回使ってしまおうと思ってメニューを考えたり・・・(考えてみると、今日の私が働き者ではなくて、普通の主婦はこういうことは、年を越す前にやっておくのかも知れませんね。恥ずかし~?)あとは、ベランダに出て、小物を整理して・・・。結構こうしてゴソゴソしてるのは楽しいし充実感ありますね。

今日のチーズケーキ美味しかったので一応ご紹介☆
(12㎝丸形1台分の食べきりサイズ)

    クリームチーズ  200g
    サワークリーム  1カップ
    砂糖        3/4カップ
    卵          1個
    レモン汁      大さじ1 
    薄力粉       大さじ2
       バニラエッセンス)     
   
以上をフードプロセッサーで1分ビーンと回してなめらかにして型に入れて、150℃に熱したオーブンで1時間焼く。竹串を刺して生地がついてこなければ、あら熱を取って冷蔵庫で(1時間以上)冷やす。  
   ☆美味しかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯島へ初詣

          yusima1 謹賀新年☆

今年もよろしくお願いいたします。

2006年、旧暦で言えば一月から春が始まります。ちょっと曇った元旦で寒くて春にはほど遠い気がしますが、新しい年を迎えた心の華やぎというのはやはりあるものです。
一月はまた睦月とも言いますが、一年の始まりを仲良く、笑顔で過ごしましょう。そうすればきっと良い一年になると思います。

yusima2 さて、もう3週間ほどで次男の高校受験です。本当にのんびりやさんで、それでいて結構神経質で、私は母でありながら次男との向き合い方には、いつも悩んでいます。正直、どうなることかと思っていました。でも、よくぞここまで頑張った(それなりに・・・)、と次男に対して本当に思っています。そして、この良く言えば真っ直ぐすぎる母、悪く言えば気が強くて融通が利かない母とは対照的に、よく子供の話を聞き、認める父親がいたから、家庭内が荒れることもなく、きちんとこの時期を迎えることができたのだろうと、改めて自分の未熟さを感じています。
今日は、お決まりの湯島天満宮へお参りに行きました。父親と母と兄がちゃんとお願いしてきたから、あとは風邪を引かないようにキッチリ受験して合格証をもらいましょう。それから、そのあとが大切!本当の15歳の春から始まる高校生活を頑張ること、楽しむこと!!

みんなにとって、良い一年でありますように・・・。

*おまけ・・・昨日の紅白、大塚 愛ちゃんのお花の衣装がすっごく可愛かった。
        それと、絶対aikoの衣装は赤だと思ったけど、やっぱり可愛かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »