« フランダースの犬 | トップページ | カラダ、よろこぶ♪ »

七草・・若菜摘む我が衣手に・・・

nanakusa_1 私が育った家庭って結構よかったのかも知れない・・・と時々思うのですが、例えばその一つが、お正月前後かなり長期間にわたって家族が揃うと百人一首をしている家庭でした。おかげで学校で百人一首を暗記したり意味を説明したりするテストで苦労したことはありませんでした。父が詠むことが多くて、子供には理解できない言葉や言い回しを教えてくれていたりしました。
・・・で、明日は七草粥。光孝天皇の詠んだ
君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ
というのは、七草のお話です。
nanakusa2 若菜とは、春の七草で、その日の朝摘んできたものを使います。そして若い娘が摘む方が縁起がよいとされていたそうです大切な人のために早朝袖を濡らしながら春の七草を摘む・・・そんな風景が昔はよく見られたのでしょうね。ごめんなさい、我が家の「昔の若い娘」は仕事帰りに、ルミネの八百屋さんで買ってきてしまいました。(パックになっているのを買うと、いつもハコベラばかりがいっぱい入っている気がします。)


春の七草・・ビタミン、ミネラルが豊富。
 体内の毒素を排出するのを助け、消化促進や血圧も下げる。
 初春の野に芽吹いた若菜の生命力を食することで、邪気を払い健康を願う。
  古人の知恵ですね。
  *セリ・・    煮て食べると神経痛やリウマチに効く。 
  *ナズナ・・  煎じて利尿、解熱、止血薬などに用いられた。
  *ゴギョウ・・ 去痰、咳に効果あり。
  *ハコベラ・・ 利尿作用。
  *ホトケノザ・・解熱・解毒作用。
  *スズナ・・  利尿や便秘に効果あり。 
  *スズシロ・・ 食欲増進、利尿作用あり。   

明日の朝は、暖かい美味しい七草がゆをいただきましょう。

|

« フランダースの犬 | トップページ | カラダ、よろこぶ♪ »

「食」すること」カテゴリの記事

押し花・花の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/8034503

この記事へのトラックバック一覧です: 七草・・若菜摘む我が衣手に・・・:

» 明日は七草 [ガク爺の一日]
「唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に七草なずなテッテッテロロテッテッテロロ」  江 [続きを読む]

受信: 2006年1月 6日 (金) 21時32分

« フランダースの犬 | トップページ | カラダ、よろこぶ♪ »