« 如月 | トップページ | きんかんの蒸しパン »

鬼遣(おにやらい)

oni鬼遣(おにやらい)」は鬼を追い払う平安時代の儀式で mame 、今では立春の前の日の節分の行事に定着しました。今、外は凄く強い風が吹いています。きっと、あっちこっちの家庭から「鬼は外!」って追いやられた鬼達が、怒っているのか、すねているのか、もしかして声を上げて泣いているのかも・・・。
(写真の鬼のお面はイカリスーパーでお豆を買ってもらいました。愛嬌あって可愛い鬼です。お豆も、ちょっと醤油味のを買ってみました)

「鬼」って恐ろしい物、いやな物というより、私たちのイメージには昔話の中に登場する、どこかユーモアがあって、実は優しくて、以外に気が弱かったり、人見知りをしたり、結構可愛い物ではないですか?
」の語源は「」。隠れていて目には見えないからちょっと怖いだけ。「鬼は~外!」って言った後、外を見ていたら、星や月に照らされて、もしかするとおしりプリプリ振って走る可愛らしい鬼達が見えたりするかも・・・。

hutomaki harumaki harumaki今夜は、南南東に向かって「太巻き」を食べているご家庭も多いと思いますが、我が家もです。元々は大阪の商売からはじまった物らしいのでこれにのってしまうのは少し悔しい気もしますが、季節や、風習など話すことで、何か食卓から子供達にも感じ取って欲しいなと思います。「穴子巻き」もおいしいよ!それから、「切り干し大根の磯辺春巻き」(これはなかなかいけますよ)と「はまぐりのお吸い物」にしました。

|

« 如月 | トップページ | きんかんの蒸しパン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨夜は豆のぶつけ合いをしましたよ!

家族は南南東に向かって丸かじりをしてましたが・・

私はいっきに食べるのもったいないな~。

ということで食べやすい大きさに切ってもらい味わいましたよ。^^

アナゴ巻き!私も大好きです!

投稿: Takahiro | 2006年2月 4日 (土) 12時55分

”がく爺”のお話をいつも拝見しています。季節とともに生活するのが楽しいし、そういうことを子供達にも伝えたいと思っているのですが、”がく爺”のお話は更に広がりや知識を与えられます。いろいろ教えてください。

投稿: みるくじゃむ | 2006年2月 4日 (土) 07時23分

 TBありがとうございました。
 何となく,太巻き寿司の丸かじりが気に入らないのですが,楽しみながら“作り”“食べる”のは,素敵なことですね。
 「穴子巻き」,美味しそうです。

投稿: ガク爺 | 2006年2月 3日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/8486933

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼遣(おにやらい):

» 明日は「節分」です [ガク爺の一日]
 明日は「節分」です。  節分と言えば鬼退治の「豆まき」です。  そして,「柊と [続きを読む]

受信: 2006年2月 3日 (金) 21時59分

« 如月 | トップページ | きんかんの蒸しパン »