« イチゴのコンポート&フレンチトースト | トップページ | ソーセージとオリーブのパウンドケーキ »

食事バランスガイドとゆで野菜

yasai2 食事バランスガイドとは・・・
食生活指針を具体的な行動に結びつけるモノとして食事の望ましい組み合わせやおおよその量をわかりやすくイラストにしたモノ。厚生労働省と農林水産省が共同で検討を進めてきたモノ。

「食事バランスガイド」は食生活においての指針になりますが、しっかりこなすのはちょっと大変。そこで、手軽にバランスを整えることを考えると、「手ばかり」つまり手のひらをはかりにします。これは昔から言われていたことですが、手のひらはカラダの大きさにだいたい比例していますので、体格に合わせて摂るべき食品量の見当が付きます。

毎食、野菜や海藻など副菜は、両手のひら分、熱を通したモノなら片手分。
主菜となるお肉やお魚は片手のひら、脂の多いモノはその半分位にします。
主食は、ご飯なら1日3杯、パンなら6枚切り3枚くらい。牛乳、乳製品は1日コップ1~2杯。果物は片手のひら分。

yasai1 私は、よくコトコト煮物をしたりするとき横のコンロが空いていると、ゆで野菜を作っておきます。もちろん、ゆでたてがいいに決まっているのですが、2~3日は美味しく食べられます。また冷凍にしておいても便利です。

少し野菜が足りないなあと思うとき、お浸しやサラダに仕立てたり、お料理に加えたり・・。忙しいとき、まあいいや・・なんて元々ズボラな私なので、こうしておけば、野菜を洗ったり茹でたり、お鍋を洗ったりのかたずけの手間も省けて、きちんと野菜を摂ることが出来ます。ちょっと多めに茹でてその時使う以外を取り置きしておくとか・・でもいいですよね。

緑の野菜のゆで汁をこぼすとき、その綺麗な色に気持ちまで浄化されるような気がしたりします。
栄養バランスについては、毎日のことなので、カチカチに頑張らないで”プチ意識”くらいがちょうどいいですね。

~今日のおまけ~
miyamoto 仕事の帰り、久しぶりに○I○I(マルイ)の前を通ると、宮本さんのポスターが・・・。
無条件にかっこいい!!
一応まわりを気にしながら、なにげに撮っちゃいました。

|

« イチゴのコンポート&フレンチトースト | トップページ | ソーセージとオリーブのパウンドケーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

<イケピーさんへ>
こんばんは。なす・ブロッコリー・レタス・トマトズ・ッキーニなんてイタリアのイケピーさんが言うと、日本で当たり前に美味しく食べているものなのに、太陽100倍くらい浴びた益々美味しい野菜に思えますね。面白い食事事情なんかがあったら教えてくださいね。

投稿: みるくじゃむ | 2006年3月23日 (木) 19時42分

「手のひらは体の大きさに比例している」と聞くと、なんて人間は計算されつくした生き物なんだと思わされます。自然回帰しろと言われてるかのようですね。食事のバランスなんて考えない僕ですが,野菜はスキで必ず食べます。なすとブロッコリ、レタス、トマト。最近、家でもズッキーニを食べようかと考えています。

投稿: イケピー | 2006年3月23日 (木) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/9211146

この記事へのトラックバック一覧です: 食事バランスガイドとゆで野菜:

« イチゴのコンポート&フレンチトースト | トップページ | ソーセージとオリーブのパウンドケーキ »