« あっ、くちびるキレイ☆ | トップページ | 大急ぎのがんもどき »

THE MISSING PIECE

BOOK1 去年のクリスマス頃、友人からこの本をもらいました。
本にリボンを付けてプレゼントしてもらうなんて、普段ないことだし、何か子供のプレゼントみたいでただ嬉しくて、ワクワクして紙包みを開けました。あける前から本であることは判っていましたが、ホントに嬉しくて嬉しくて・・・

本屋さんでこの本を見つけて、きっと私が気に入ると思ってプレゼントしようと買ってくれたそうです。


BOOK2 ペラペラ絵本のように、すぐに読めてしまう本ですが、私はこの本を、いつもドレッサーのところに置いています。時々開くのですが、自分のその時の気持ち次第で、不思議に想いが変わります。

BOOK3
主人公は、パックマンみたいなこの子なんですが、自分の欠けた部分、また、あるはずの何か・・ちょうど合うピースを探して日々転がりながら旅をします。
自分の不完全さに納得いかず走り続けて、でも願いが叶って、ちょうど合うピースをはめたとき、不完全だからこそ出来た様々な楽しいことが、出来なくなっていることに気付きます。
*これは私がこの本の中で一番好きなページです。



BOOK4 きっと、”幸せ呆け”しているとこの本はただの幼児の絵本に過ぎないかも知れないくらいに簡単なお話と単純な線だけの絵なのですが、これは大人の本です。欠けたピースは、その人の夢だったり、パートナーであったり、仕事であったり・・・。誰もが自分のことに置き換えて、自分のこんな姿をどこかで感じるような気がします。

この本を見かけたら、ぜひ見てみてください。

|

« あっ、くちびるキレイ☆ | トップページ | 大急ぎのがんもどき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

<がみさんへ>こんばんは。やっぱりこの本はいろんなところでたくさんの方が触れている一冊なんですね。これをプレゼントしてくれた友人が、最近お引っ越しをしてしましました。私にとっては今ちょっとした欠片です。いろんな場面で必ずこういう繰り返しをしながら生きている感じがします。
<ぼっこさんへ>こんばんは。この本持ってらっしゃるんですね。お子さんにシールを貼られたそのままをずっと残しておいて、その痕跡と一緒に懐かしく、また違う想いで一生持ってると良いと思います。昔の家みたいに柱に背の丈をキズにして残したみたいに・・・。

投稿: みるくじゃむ | 2006年3月 3日 (金) 20時00分

こんばんは~。この本、うちにもあります。
子どもには良さがなかなか分からないみたいで・・。ぼっこもとてもいい本だと感じました。カバーには子どもにシールとか貼られてますけど・・(涙)

投稿: ぼっこ | 2006年3月 3日 (金) 00時38分

なつかしいな、この本!学生の時に、先生が授業で紹介してくれた本です。
当時は、面白くもない本だな、と思っていましたが、今思い返せば、やっぱりこれは大人の本ですね。自分の一部が欠けてしまうなんていう比喩、素晴らしいと思います。単純だけどとても大切なこと、そんなことをしっかり見つめなおさせてくれる本だと思います。

投稿: がみ | 2006年3月 2日 (木) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/8896182

この記事へのトラックバック一覧です: THE MISSING PIECE:

« あっ、くちびるキレイ☆ | トップページ | 大急ぎのがんもどき »