« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

5月1日は”スズラン”の日

Suzurann1_1 庭のあじさいの元にスズランがつぼみを開きはじめました。
フランスでは5月1日はスズランを贈る風習があるそうです。
フランス語で”スズラン””ミュゲMuruet”ということから”ミュゲの日”とも言います。
日本名”君影草”大きな葉の下でそっと咲くイメージにぴったりの名前です。
この日にスズランをもらった人には幸福が訪れると信じられているそうです。

Suzurann2_1
ブーケの定番でもあり、ダイアナ妃のブーケやセーラ妃のベールにも使われていました。








Dscn0234 そして、スズランの香りを愛した
C.Diorの調香師はシンプルで清楚なフローラル調な香りに
”とってもディオールらしい”という意味の
”ディオリッシモ”と名付けたそうです。
*このディオリッシモ・・・ドレッサーの奥に眠ってました。かれこれ十数年前の・・・?もう身につけることは出来ないですけど、芳香剤にでもこの季節贅沢に使ってしまいましょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今日は餃子

Gyoza_1

ゴールデンウィーク初日、みどりの日ですので、朝から家族で花を見に行き、ベランダも少し鉢植えの手入れなどしました。

夕方からは餃子作りです。会社で隣の席のSちゃんが、「成城石井の餃子の皮が美味しいですよ」って言っていたので、昨日の帰りに買ってきました。

Gyoza1 餃子作りは、フードプロセッサーの十八番です。具は、キャベツ、ニラ、長ネギ、にんにく、しょうが、それからお肉は、豚ばらの薄切り肉から挽いて使うと肉汁があふれ出すようにジューシーです。味付けは、適当にごま油、お酒、醤油、砂糖、塩、こしょう、顆粒の中華の素。

Gyoza2 息子と一緒に作りました。
なかなか上手い!!
ちょっと焦げているのはご愛嬌デス。
70個あります。

Supu 我が家の中華風スープの基本材料は、干しエビキクラゲ

この素材は大好きです。栄養価も高いです。

Hanazuou1 家の門のすぐそばにある
”ハナズオウ”
枝にこびりつくように花を付けて、咲いてるんだかどうなのか中途半端な植物だなあ・・と毎年思っていたのですが、コレはフジの仲間だそうで、そう言われてみれば納得の”花”です。Hanazuou2

Botann_1

庭のボタンがあっという間につぼみから花を咲かせました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おべんとう

Dscn0213 毎朝お弁当作りともなると、結構ネタ切れ・・なんて言いながら、何とかなるものですね。

息子二人分のお弁当と、残り物を詰めて自分の分を作ります。

お兄ちゃんは、平たい一段のお弁当箱、弟は、細長い二段のお弁当箱、コレはそれぞれの通学カバンにキレイに入る選択です。それから自分のは、残ったモノの量に合わせて、自分のや子供が幼稚園の時に使ってたお弁当箱とか、使っています。
それからつぶれるので、断わりなくお弁当箱の上にデザートやおやつみたいなモノを乗せてバンダナで包まないこと。
もちろん、おかず同士の味が混ざってしまうとイヤですよね。

まあ、これくらいの条件は聞き入れています。
基本的には、二人ともお弁当には白いご飯が好きだそうですが、毎日それでは、作るにもつまらないし、おかずに手抜きも出来ないので、たまにはご飯にバリエーション加えています。

昨日、「海苔段々」にしていたら、次男がお弁当の時クラスの子に、
「あんたの母ちゃん、ええ仕事してますなあ・・・」
って言われたそうです。
*海苔段々・・・ご存じとは思いますが、ご飯を薄く入れて、醤油を絡ませた鰹節や昆布と海苔をおいて、ご飯を置いて・・の繰り返しのお弁当

ちょっと気をよくして、今日は3色弁当だ!!
鶏のささみのそぼろ・卵・さくらでんぶ・枝豆
デス。次男は、でんぶがダメなのでパス。
カツは中濃ソースを絡ませて。ほうれん草のお浸しは大好きなんです。
並べるとキレイだったので写真撮りました。

Berry_3
ベランダに植えたブルーベリーに花が咲きました。
実を摘めるようになるのが楽しみ~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

妹じまん~ドールハウス

Dolehouse1_1  ぜひ写真を大きくしてご覧ください。妹の細かい手作業が伝わってきます。

子供の頃から妹のすることは、丁寧で発想豊かで、このドールハウスも、何を考えてこんなにいろいろと飾ったのか・・・。
尊敬の作品です。

House2 私たちは二人姉妹で、妹は7つ年下です。伊丹に住んでいますので、なかなか会えないのですが、たまに会うと年々いろんな意味でバージョンアップしている気がします。

私がこうしてブログなんてしていると、「お姉ちゃん、暇なん?」なんて言うのです。
*ココに載せた写真は、この前に行ったときに撮ってきたモノで、玄関に飾っています。
大きなかごに作っているのですが、扉も締まるように出来ています。

House3 黄色いフレンチアメリカンなおうち(ちょうど今咲き始めているモッコウバラの色です)に住む専業主婦。ちょこっと台所のことや家事を手際よくこなし、二人のこ子供がいますので、毎日忙しくしています。週末もサッカーにバレーボールにと飛び回って、ご近所や学校のお友達ともよいおつき合いをし、お義母さんや、うちの両親のことにもよく気が付いて、その合間にジムに通ってシェイプアップに励んだり(コレはやや必要に迫られたようですが・・・)、いろんな手作りを楽しんだりしています。

House4 昔はな~んにもしない”お嬢さん”だったのに・・・。

私自身も専業主婦の頃はあったのですが、彼女はそれを今しっかりやっている気がして、仕事も家庭のことも、奥さんとしても母親としてもどれもキッチリ出来ていない私にとってすごく妹は立派に見えます。

House5 阿木燿子さんが前にお話しされていたのですが、
”今の女性は、はっきり自分の年齢を自信を持って言える人が増えています。それはとてもよいことだと思います。でも、いつまでも若くいたいという意識が行きすぎていたり、女性としての人生を優先させすぎて、人に与えられる「母性」が薄くなりつつあるようです。自己犠牲というのは大袈裟ですが、時には自分の都合より優先させるモノがあっても良いですね。”
ふとこんなお話を思い出しました。

妹は、自分の出来るコトを少しずつ生活に活かしながら、「その年齢なりの女性」を生きているように思います。それに気付いてちょっとあわてている”お姉ちゃん”です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

HG?

Hg_2 コレって・・・

”レイザーラモンHG”・・・?
          (ブリキ製)

車で走っているときに、
ある空調会社の前に立っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いちごのシャーベット・マリネ添え

Icigo 2パック¥330-のイチゴを今年もう何度買ったでしょう。会社の帰り、駅の果物屋さんで、つい手が出てしまいます。不揃いで小粒なイチゴは重宝します。ジャム、コンポート、フルーツソース、フルーツサンド、そのまま食べてももちろんいいですし。

このところ暖かい気候になったし、少し大きめのイチゴをもう1パック買って 、マリネを添えたちょっとオシャレなシャーベットを作りました。

昨日の夜、イチゴ2パック(600g)に、砂糖150g、レモン汁とコアントローを各大さじ2ずつ絡めて10分まとほど置いて、一晩冷凍室に入れておきました。

、フードプロセッサー(ミキサーでもOK)にかけて再び冷凍室に入れておきます。(この時の混ぜ具合はお好みです。私は少し粒が残る程度にしました)

夕食前
にマリネを作っておきます。イチゴ1パック(300g)は縦の4つに切って、粉砂糖大さじ2、レモン汁大さじ1、バジルの葉のせん切り8枚分を加えて混ぜ、冷やしておきます。

そして・・・お楽しみの夕食後のデザートです。

*バジルはベランダに植えておくと、オムレツや、パスタにも使えるし、先っちょを摘むとそこからまた分かれてどんどん増えていきます。ぜひバジルの栽培はお勧めです。

昼間出かけていると、当たり前ですが、家での時間は朝と夜だけ・・。もうこんな生活も長いので段取りとか考えることも馴れています。かえって、朝のお楽しみ、夜のお楽しみ・・なんてそのワクワク感を楽しむコトが出来ます。

今朝、ふと感じたこと・・・
家の中のいろんなところ、例えば洗面所とか、トイレとか、窓際、階段の踊り場・・・小さく花を飾るのが好きで、庭やベランダからちょっとずつ花を摘んできて、小さな花瓶やガラス瓶に挿しておきます。朝こんなコトしても、結局みんな一日仕事や学校に出かけてしまうんだよなあ・・・。
でもね、摘んだばかりの花って、花の香りじゃなくて、草の香りがするんですよ。私なりの”リトルハピネス”感じた瞬間でした。

どんなモノにだって、耳を澄ませるコトが出来るような、感じることが出来るような、そういうささやかな生活のために、人はいろんなコトをするのでしょうね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ビーズのネックレス~ガーベラ~

Dscn0197_1 今朝、ロッカーに上着を掛けていたら、
水玉セロファンの袋をガサガサしながら杉ちゃんが「おはよ~」って。
ビースのネックレス、可愛らしいです!!!
ちょうど今日の洋服に合うと思ってトイレに行って付けてきました。

前に作ってくれるって言うので、イメージを二人でお茶しながら考えていて、白のTシャツにも可愛くつけられるように
”ガーベラの花”みたいなのが欲しいなあ・・ということで頼んでいました。可愛いでしょ。

黒い服にも合うよ・・ってアドバイスがあったのですが、私はこの時期、黒い服が1枚も持っていなくて残念!

しかし、杉ちゃんホントにすごい!!
ありがっとう!!(なぜか堀内孝夫風・・古い?)

この頃職場では、このビーズアクセサリーが流行っています。
杉ちゃんともう一人、”マダム”と読んでいる人がいるのですが、先生役で、何人かビーズを持ち寄ったり、相談しあったり、新作をつけて見せ合ったりと楽しそうです。
私はきっと苦手だなあ・・、出来ないなあ・・と思って見せてもらう役です。それに杉ちゃんがキレイに作ってくれるし・・・。もう何年も前にビーズが流行りはじめたと思うけど、最近ますます盛んですよね。見ていても楽しい。

Karinn 春だなあ・・・
庭の花梨の木にこんなに花がつきました。
花の次は、実が楽しみ・・・
また欲張りな主婦の発想です。
きっとたくさん実をつけてくれますよね。

Yasai1 豆苗を一度切ってまた水につけておくと買ったときぐらいに伸びました。
クレソンも先日スコーンサンドに使って茎だYasai2けになっていたのに、根っこを伸ばして新しい葉っぱが脇から出てきました。
にんじんは、アタマのところを切って水につけておくと葉っぱが出てきて、ちょっとしたスープなんかの青みに使えます。

Yasai3mituba_1 三つ葉も元気に再生中です。

貧乏性みたいですが、暖かくなるとますます生命の勢い感じます。
主婦の生命力・・100円のモノを200円分使うコト!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

頑張った?日の”イチゴゼリー”

ちょっとだる~い身体をリフレッシュしたくて、昨日今日ジムに行って来ました。先週、ちょっとトレーナーについてもらったのですが、自分の弱いところを改善すべきところを逆に、苦手だからって避けているのがバレバレです。腹筋が出来ないのと、他に比べて手首がなんで~?って言うほど弱いのです。

軽くストレッチした後、マシンを7種、3セットで先週教えてもらった、強さと回数を忘れないようにやってみました。もちろんこの中には、腹筋に効くのも含まれています。ちょっと頑張ってみようかなあ・・と思って。それから少し走って、
今日はジャズダンス(もちろん入門編)。鏡の前で自分でも可笑しくなるんですが、間違ってないけどなんか違う・・・。インストラクターのお姉さんがまた男っぽいのに色っぽい・・。
「エアロビじゃないから、ステップじゃなくて、踊るんだよ~!!!」って。腰か・・?
なんとなくつかめてきた気がする。週末よく一緒になる人達がまわりにいたので、みんなで「なりきる」ことにしました。すっごく楽しくなって、そうするとなんとなく柔らかくラフな感じで動けるようになってきて、アッという間に1時間過ぎてしまいました。1曲アタマじゃなくて、カラダで動けるようになると、ホントに楽しいですね。

続けて、ヨガストレッチまで通してしまおう!!

もうマットの上で寝てしまいそうになるくらい、カラダが軽くなっています。
体重じゃないですよ。この頃は、よくないことかも知れないですが、体重がそんなに気にならなくなって、それよりも、自分のカラダの動きやすさとか、柔軟性とか、感覚的に力が抜けた状態か・・それが健康の指標になっています。でももうすぐ健康診断にも行かなきゃいけないから、誰への見栄ってワケではないですが、とりあえず3㎏くらいは落としておこうかなあ・・・。

あ~ 気持ちよかった!

Dscn0196 そして、頑張ったカラダにご褒美を・・・。
3月20日の記事で書いた”イチゴのコンポート”ですが、あれから安いイチゴを見るたびにもう3~4回作ったと思います。今日はそれでゼリーを作りました。色がキレイなので、オシャレにワイングラスにしました。

<イチゴゼリーの材料  4個分>
コンポートの煮汁   300cc
ゼラチン        1袋(5g)
水            大さじ3
イチゴのコンポートの実  20個
レモン汁        大さじ1
(生クリーム       適宜)

<作り方>
①ゼラチンは水に振り入れてふやかしておきます。
②コンポートの煮汁を
温め①のゼラチンを溶かし、レモン汁も加えて、人肌に冷まします。
③グラスにコンポートの実を入れて、②を注いで冷やし固めます。
(④ゆるく立てた生クリームをかけていただきます。

*ポイント!・・・スプーンですくったときに崩れるくらい柔らかめが美味しいと思います。
生クリームもゆるいモノを、控えめに。(今日は、私は生クリーム抜きで、そのままイチゴの味をいただきます)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

平塚亭(内田康夫の浅見光彦シリーズ)

今日仕事が終わって、北区にある「平塚亭」に寄りました。
王子駅からちょっと散歩して、お昼から食べていないしおなかもすいた・・・。
内田康夫さんの浅見光彦シリーズで登場する「平塚亭」、内田さんも榎木孝明さんも、もちろんこのお店のお団子が大好きらしい。(私的には、浅見光彦が榎木さんから中村俊介に変わったことがちょっと残念。)
閉店が何時なのかわかりませんが、もう何本もお団子はなくて、お菓子を買ってあとは、お団子を食べながら歩こうと思っていました。でもおばちゃんと色々話しているうちに、そこで食べていけば・・・ということになり、内田康夫さんの書き残したノートや、、撮影の写真アルバムを見せてもらったりして、そのうちにお茶を入れてくれて、結局お団子も美味しいし、「もう一本いただきます。」なんて長居をしてしまいました。
414_1 このお店、大正はじめからあるそうで、このおばちゃんのご主人で3代目、息子さんが4代目らしいです。
お団子が、なんてったて美味しい!!
みたらし団子2本、ペロリです。しっかりしてるのに、串のまわりまでフワッとしていて歯を噛み入れたときの感触が、ぐにゃっとしてなくていいです。
  (説明がヘタで表現が足りません・・・)




414_2 このおばちゃん、82才だって!
浅見光彦シリーズの話を、いくらでも話してくれる。もっと本を読んで来たら良かった。なんとなく覚えていても忘れてるし・・・。
こういうところで携帯で写真を撮るなんて、すっごく失礼だと思ったけど、おばちゃんに一緒に写真を撮って欲しくなって、言ってみたら喜んで撮ってくれました。
しかも、外へ出てココがいいのよ・・なんて構図まで考えて・・。さすが、すでにこのおばちゃんまで役者になってます。とても元気で明るくて頼もしおばちゃんで、嬉しくなりました。帰り際、内田先生も好きだという「豆餅」をラップに包んで袋に入れてくれました。

お団子2本食べたくせに、やっぱりおなかがすいたのでおでんを食べながら呑んで来ました。
梅酒が欲しくて、おじさんに聞いたら、日本酒の梅酒があるというので、それをいただきました。普通、ロックで呑むらしいのですが、温かいのが欲しかったので、適当にお湯で割ってもらいました。焼酎の梅酒よりもサラッとしていて呑みやすいです。呑みやすいというのはくせ者で、結構ポ~となってるのが自分でもわかりました。これって作れたらいいなあ~と思って、おじさんに聞いたら、素人には作れないって・・・。日本酒はデリケートなんですね。温度管理など環境をいつもきちんと整えていないと、腐ってしまうそうです。
おでんは野菜モノが多くて、エリンギとサツマイモ、じゃがいも、それから一番お勧めという完熟トマト。でも正直これを「○旨トマト」といえるかは疑問です。イチゴ大福は浸透してきましたが、「トマト大福」って知ってますか?それと同レベルな気がします。
しばらく気が付かなかったけど、流れる音楽はジャズでした。
「美味しい楽しい金曜日の夜」でした。

電車を降りてうちまでの一本道、酔っぱらいのおじさんみたいに、人差し指に「平塚亭」で買ったお菓子を入れたビニール袋を引っかけて、ふ~らふ~ら気分良く帰りました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

居酒屋ダイニング"M"へようこそ・・7

久しぶりに「居酒屋ダイニング」・・・
お手軽かつ、ほっこりのご飯です。
     もちろん冷酒を添えて・・・
413_1

413gohan 焼き鳥まぜまぜご飯
炊きたてのご飯の上に乗せるのは、
かつおぶし、焼き鳥、ごぼうのささがきの素揚げ、温泉卵、小口切りの青ネギ、海苔。
焼き鳥のたれをかけて、食べるとき軽く混ぜていただきま~す。

413_3ずいきと、干したじゃがいも、にんじん、大根の煮物。
野菜は干して使うと、甘みも栄養価もぐ~んと上がります
桜柄のこのお皿、今しか使えない!

413hakusai_2 白菜の花です。
菜の花と同じような感じです。
芥子和えにしました。

あとはお付けものやお味噌汁を加えてゆっくり召し上がれ・・・。

Sumire 通りに出たところで、こんな可愛いすみれが咲いていました。カタバミも可愛いですね。
コンクリートの隙間から、ホントに強いと感心します。




今日のちょっと嬉しい話・・・
スペシャルユニット「福耳」(杏子姉さん・山崎まさよし・スガシカオ)に「スキマスイッチ」が加わるんだって。
楽しみだよね♪♪
思わず
♪今宵 星のかけらを探しに行こう~♪
   なんて歌ってました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お客様からのメール

今日は、ジワッと暖かい気持ちになったお客様のメールについて書きます。

昨年の暮れ、北関東の雪の寒い日の夕方、衝突事故を起こされた契約者様です。手配したレッカーや警察が現場に到着するまで40~50分かかるとのことで、近くのコンビニに入っていただいて、その間にいろいろな連絡を取り合いました。
*この日、約束があり定時退社したかったのですが、残業になってしまったので良く覚えています)
後から思えば、よくこれで怪我がなかったモノだと感心するくらい車は大破し、本当にに修理するんですか・・・?と確認したくなるほどでした。

事故の数日後に、3ヶ月の海外への出張を控えていらっしゃるとのことで、とても忙しい様子でした。年末にもかかわらずすぐに代車を貸してくださるという修理工場様があり、そこまでレッカーで運んでもらいました。とても親切な修理工場さんだったのですが、いろいろと無理を言った上に、ぶっ壊れた車を3ヶ月も預けっぱなしで修理してもらうわけだから、出張前には、良くお願いしていってください、ということを失礼なほど私はお客様に繰り返し言っていました。(そうでないと、好意的な工場に対して失礼な気がしたし、後々トラブルになるを避けたくて、出来れば穏便に事を進めたい一心です。)

海外出張の間、また帰国しても研究所勤めで日中私用の携帯電話の持ち込みはNGで、連絡も付きにくいということで、修理の進捗や、関係各所への連絡の内容、支払いなどすべてメールでの連絡をすることになっていました。

先日、すべて終了したところで、最後のまとめとお礼のメールをしたところ、丁寧な返信をいただきました。これまでいろんな表現でお客様から言葉をいただいてきましたが、今回はちょっと違った喜びがありました。

というのは、メールの中に「ありがとう」の他に、「不思議な」という言葉が何度も出てきました。
「何が不思議か・・・」というと、
あんなに大きな事故のあと、普段の生活や仕事をしているうちに、いつの間にかすべてが解決していたこと。「保険」って「不思議なモノ」。
それから、見ず知らずの人(私のことですが)が、電話での会話やメールでのやり取りで自分のやってしまったことを知らないうちに全部処理してくれたこと。

こんな風に、お客様にとって気分的な負担をかけず、すべて任せて頂けて事を済ませたことに、とてもホッとしました。私自身、仕事とはいえ、あんな事故の後すぐに海外で身体の具合が悪くなることなどないかなどとても心配でしたし、メールでの連絡となると、挨拶から結びまでその都度結構考えるし、途中上手く事が運ばなかったときどうしようとか・・緊張感もありました。

もちろん、そのためにたくさんの保険料を納めたいただいていて、大変だったのはお客様で、修理工場さんや、対物の修理にかかってくださった業者さん、その所有者さん、他関係各所の方が実際に動いてくださっているわけで、私は、「事故の担当者」という名前は付いているだけで、結局机上で遠隔の座り仕事です。

でも、このバカでかい保険会社の中で、末端の私が、こういう風に「一人のお客様」と通じ合えたことがとても嬉しくて、感謝の気持ちでジワ~ッとした暖かさをいただきました。

こんな小さな積み重ねが、今の私の仕事です。
こちらこそありがとうございました・・・という気持ちです。

<今日のランチ>
Bibinnba 私たちの間で今かなりの人気のお店です。
一晩で作れるくらいのシンプルな内装なのですが、
この石焼きビビンバは、具だくさんでボリュームがあり、熱々ですっごく美味しい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クレソンサンドのスコーン

Scone 今日はいい天気!ってカーテンを開けなくても目覚めればわかる・・・
そんな朝は、スパッと起きあがって早速、洗濯機を回し、朝の支度にかかります。

今朝は”クレソンサンドのスコーン”
スコーン生地なら、パンみたいに発酵したりコネコネに時間をかけたりせずお手軽です。

今日はクレソンを挟みます。
若い頃、「クレソン」は私にとって「ちょっと食卓をグレードアップする食材」の一つでしたが、その感覚をすっかり塗り替えたのが、土浦の生活でした。霞ヶ浦に面した港町というところにビオトープがあり、ココに広いクレソン畑がありました。長靴持参で子供を連れてよく行っていました。他にハーブ類やわすれな草、セリなどたくさんあって、子供が喜ぶエビや小さな魚もたくさんいて、そこを管理していらっしゃる方が、私や子供にいろんな自然の話をしてくださるんです。
「どんどんたくさん採ってくださいね、生育したモノを人間が採り食べる、そこに住むエビや魚、またその向こうに微生物、それから水や土のつながりを研究・実験し、人の実際の生活に活かすんです。」
ということで、「クレソン」をほうれん草や小松菜のようにたくさん食べました。ちょっとした添え物ではなく、お浸しや、炒め物、スープにしたり、オムレツにしたり・・・。今お店で買うと、ほんのひとつかみ¥150-くらい平気でしますよね。すっごい贅沢に食べていたのだと思います。
ココで子供が捕ったエビを、熱帯魚を飼っていた水槽に入れたら、水槽の掃除でもしてくれるかなあ・・と思ったら、ちょっと高価だった熱帯魚まで食べられてしまった苦い思い出もあります。さすが自然の生き物です!!

<材料 4,5人でしっかり食べられる量・
クレソンと、ツナのピザ風味にしました>

クレソン   100g
三温糖    適量
アーモンド  適量
ツナ缶    1缶
ピザソース  適量
玉葱スライス1/4個
ピザチーズ 適量
(スコーン生地)
薄力粉    440g
重曹      小さじ1
塩       小さじ1
砂糖     20g
バター    30g
インスタントバターミルク
  *プレーンヨーグルト150ccと
    水150cc をよく混ぜておく

<作り方>
①クレソンは茎の太いところを除いて水気をきっておきます。
②スコーン生地を作ります。薄力粉と重曹をボールにふるい入れ、塩、砂糖を加えて混ぜます。バターを小さなサイコロに切って入れ、指先ですりあわせるようにしてパン粉状にします。(空気を含ませる作業なので、高いところですりあわせて落とす感じにします。)
③インスタントバターミルクを加えて木べらで混ぜます。ほぼ混ざったら、打ち粉をして耳たぶくらいのかたさにまとめます。(この時練りすぎないようにします。だいたい12回くらいこねればよいです)
Scone1 ④打ち粉をした台に2つに分けて手か綿棒で1㎝くらいの厚さの楕円にのばします。
⑤1つの生地はクレソン、もうひとつはツナのピザ風にします。生地の前半分にクレソンと三温糖、アーモンドをのせて向こう側の半分の生地を折り畳みます。ピザ風も同様にします。
⑥220℃のオーブンで20分くらい焼きます。
Sucone2
*クレソンは栄養価が高く、特にカルシウムやベータカロチン、ビタミンCも多く含まれます。独特の苦みに三温糖でちょっぴり甘みをくわえ、アーモンドで歯ごたえも加えました。ビタースウィートな味を楽しんでください。
*お菓子っぽくならない素朴な味にするため、スコーン生地に牛乳ではなく、バターミルク(ミルクからバターを作るときに出る水)の風味を出すようにヨーグルトと水をあわせて使い、また、ベーキングパウダーではなくベー
Scone3 キングソーダ(重曹)を使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンゴーゼリー

Mangojuce昨日、会社帰りに衝動買いした
”マンゴージュース”。
このパッケージは惹かれるでしょ。
Mango_2

もともとキューバの太陽をいっぱい浴びた濃厚なドロッとした感じのジュースです。パワーが出そうですよ。

アガーを使って超簡単にゼリーを作りました。
1リットルのパックをそのままお鍋に入れて、アガーを16g振り入れて、火にかけ、ダマが出来ないように素早く混ぜ溶かします。あとは容器に入れて固めるだけです。あり合わせのリンゴとイチゴ(立派であま~い”あまおう”が2パック¥580-感激!)、キウイ、生クリームを飾ります。

ゼリーって楽しいですよね。ぜひとも固めた容器からお皿にあけて食べたいです。
プルルって表面が揺れて、スプーンを入れてすくい取ろうとすると、少し引っ張られるような、吸い付かれるような感じがあって、ユルユルっとして甘くて・・・。
「食べる」というのは、現実的な作業で、噛まないと食べ物を栄養として吸収できない、という感じですが、ゼリーは「究極のおやつ」、口の中で噛むか噛まないか考える暇もないうちに、自然に溶けてなくなっていきます。遊びの食べ物」です。

Tyurip
庭に咲いたチューリップ。
毎年同じ球根からちゃんと花を咲かせています。
ちょっと去年よりやせたのもあるみたいだけど、綺麗に咲きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青二才

今日は次男の高校入学式でした。
先日制服を試着したとき、私は似合わないな~と少しがっかりしていました。
もともと、体型がヒョロッとしていて、なで肩でシャキッとしてね!って感じなのですが、それに、ちょっと大きめの制服を着ると、まるで針金のハンガーにパパさんの背広を引っかけたような感じだったのです。
でも不思議ですね。数日後の今日、出かけるときに息子の後ろ姿を見ると、なんだかそれなりに見えてきました。
入学式日和、本当によい式だったと思います。
校長先生のお話や、担任の先生のお話を聞いていて、「ココでがんばれ!!」と思いました。(担任は大学院出の25才。男性。栄養士でもある生物の先生です。なかなか眉毛がきりっとして、保護者としては◎です。)

さて、その息子の背中を見て、ふと浮かんだ言葉が、青二才
このブログの「スティルグリーン」もそうですが、「青」にはまだ若い、若葉の緑のようなという意味と、「未熟」というちょっと違う意味合いも含んでいます。
馬の「2才馬」という説もあるようですが、昔は男性を「背」と呼び、元服したばかりの若者を「新背」と呼びました。それが訛って「二才」となったということを読んだ事があります。

前に「オンナは背中」ということを書いたことがあったと思いますが、男性の背中は、また取り繕えないモノがありますよね。男性を「背」と呼んだのはとても含蓄があると思います。
ひょろりとした息子も、大人への一歩か・・・。成長が楽しみです。

Tops_2 ちょっと疲れたし緊張もしたよねって、帰りにTOPSのチョコレートケーキを買って帰りました。これは息子が大好きで、時々仕事に帰りに買ったりするのですが、クリームの中の少し大きめのナッツの感触がいいです。
それと、私自身思い出すこともあり、結婚して初めて東京・中野に住んだのですが、主人の会社の人たちが遊びに来てくれるとき、
「お菓子を買って行こうと思うのですが、どこどこの何か、どこの何か・・・」といくつか候補を言われて、田舎モノの私が判って復唱できるのが、「TOPSのチョコレートケーキ」しかなかったのです。今の私ならば、ひとつひとつ説明してもらって悩みまくって答えるだろうに、その頃は私もまだ「青かった」ということでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄そばのお店

今日のランチ
Okinawa1 お昼休み、雨の中をちょっとはずれにある”沖縄そば”のお店に行きました。

この頃結構気に入っているところなんですが、今ちょうど季節限定の”ヨモギそば”があります。これとセットで豚肉の炊き込みご飯とで¥700-「ご自由に・・・」のお茶が「福寿来」というお茶で、爽やかな味がしてとても美味しいです。

Okinawa4 店頭が、おみやげ屋さんのようになっていて、いつも何か買ってしまうのですが、今日は、おしゃべりをしすぎてゆっくり選ぶ暇がなく、迷わず”ちんすこう”と健康に良いという”月桃”というのが入っているお菓子を買ってきました。あ~疲れた~というときに、このあま~いちんすこうはカラダに即栄養が行き渡る気がして大好きです。

今日の言葉
食べながら話をしていた中で、一緒に行った杉ちゃんの言葉です。
「人の為」と書いて、「偽り」と読む。
誰かのためにしてあげてるという気持ちのうちは、本物じゃないんですね。

”体育会系アンニュイ”な杉ちゃんは時々こんなちゃんとしたことを言う人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま~

ただいま~。
(おかえり~って言ってもらえると、うれしいなあ~。)
すごく久しぶりで、いざブログに書き込むとなるとヘンに緊張します。

一年の計を考えるのは元旦、でも身も心も軽くして新しい空気を思い切り吸い込んでスタートするのが4月のイメージです。
さあ、新年度の始まりです。(4日になってじゃ、ちょっと遅い?)

”春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは
  少し明かりて 紫だちたる雲の ほそくたなびきたる~”
                       「枕草子」

春の夜明けは、だんだんと空の下から白くなり、紫がかってグラデーションとなり、ゆっくり移ろいます。突然ではなく少しずつ、確実に。人の営みと同じです。

台所の窓をちょっと開けて、こんな空を見て、久しぶりの仕事に出かけます。
道々見る景色・・陽射しが柔らかくて、植物の成長は盛んになります。
去年切られた後の切り株や根本からも新芽を出し、花を支える小枝は、黄緑色に光って若々しくピンとしています。
会社近くの大きな桜が満開です。通勤の人並みの中で写真を撮るのはやはり恥ずかしいので×。仕事場の窓から富士山がくっきり綺麗で、見下ろす小学校、中学校、並木や公園の桜があちこちで満開で、12階からのこの景色を撮りたいけど、それも場所柄×。・・・残念。
残業した帰り、満開の桜は夜でもそこだけオーラが漂っているようにまわりをほのかに明るくします。「花明かり」です。「生命の宴、酣(たけなわ)」です。
こんな風に、いろんなところに目を奪われながらも、久々に超現実的な一日が過ぎました。通常の仕事の中でも、お客様からの嬉しいメールが入っていたり、心配性で何度も電話してこられる奥様に繰り返しお話をしたり、仕事にはいると、なんとなく背筋が伸び、シャキッとします。実は、結構私は小心者で、先週金曜日の朝方、仕事の夢を見てしまったのです。
でもやはりそこは、信頼すべき人達がいるので、引き出しをあけると、
わ~こんな事までやってくれてる、ごめんね~、手間かけたでしょ~・・・なんて事がいっぱいでした。改めて感謝と、それから他の人の休暇中、私もこういう風にした方がいいなあ、という自分の足りないところの反省をしました。ありがとう!

お昼休みのこと・・・
女が集まると、話が転々と転がるように出てきますが、
「昨日は新宿で人が歩いていたとか、今日は、信号故障とか、強風のためとか電車が乱れていやだねえ・・・」から始まって、
「これから学校が始まると混むしね・・・」
って誰かが言ったら、
「そんなことないよ。これからは減るよ~。だってさあ、団塊の世代の人たちがこれから引退していくから通勤の人が減るでしょ、少子化で通学する子供も減るでしょ。」
なんとグローバルなご意見!
一瞬、食べてるお箸が止まりました。感心!
あとは、この頃流行のレトルトの話、ビーズアクセサリーの話、杉村太蔵くんの彼女の話・・・
お昼休みの1時間はあっという間です。

お昼のマイブーム・・・
Ampm1_1 たまにお弁当を買って食べるとき、この春雨スープは美味しいです。

Ampm2_1 お湯を注ぐ前のこの「麻婆なす」のかたまりが滑稽だけどすごいって思います。技術の進歩!

Ampm3

あと、ampmの「大根ツナサラダ」切り干し大根、キクラゲ、レンコン、山芋、にんじんなど入ってます。他に「エビとアスパラのサラダ」とか、「枝豆とひじきのツナサラダ」も美味しい!ヘルシー!!です。

Ampm2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »