« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

ネジバナ

Dscn0572 駅までの道添いに1本”ネジバ”が咲いていました。
周りに高く茂る雑草がなくて、公園の芝生とか、造成地なんかによく育っているのですが、1本だけピンと伸びていました。

よくよく見ると、カトレアのような花形をしていて、雑草に分類されるようでも、やはり「ラン」の仲間であることに納得します。
子供が小さい頃、つくばの公園によく連れて行ったのですが、そこにこの季節たくさん咲いていて、子供を遊ばせながら、右巻きと左巻き、どちらが普通なんだろう・・・?と数えて、だいたい同じくらいの割合なんだと思ったことがあります。アサガオでもフジなどのつる物でも、植物の種類によって巻き方は決まっているのに、わがままな花だと思ったのでした。

別名、「もじずり」ともいいますが、これは、「信夫もじずり」に由来するそうです。
陸奥の国信夫郡(以前福島市に住んでいたことがありますが、そう言えば”信夫山”ってありました)で、かつて作られた捻れて絡まったような文様の染め物の事だそうです。

私が育った家庭では、小学生の頃からいつもみんなが集まるリビングの机の下にいつも百人一首がおいてあったので、すぐにこんな歌が思い浮かびます。

  みちのくの しのぶもじずり たれゆゑに
          みだれそめにし われならなくに  
                    河原 左大臣

<通釈>
奥州の”しのぶもじずり”の乱れ模様ではないが、私の心も恋のために乱れていますが、一体誰のために、こんなにまで思い乱れているのでしょう。あなた以外の人のために心乱れる私ではないのに・・・
   

それから、この「もじずり」の花を見ての通り、英語では、「淑女の巻髪」とも言うそうです。
フェミニンな縦巻きロールの名古屋のお姉ちゃん風かな?確かに、気取って、スマートにまっすぐに立っていますね。
見かけたら小さな花の一つ一つまでよ~く見てあげてください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

初夏のサラダ

Dscn0559 急に暑くなりました。
おまけに夕方からすごい雷雨・雹です。危機一髪、洗濯物セーフでした。それだけで、今日はすごくラッキーな気持ちになります。
私は、昼間仕事でずっとクーラーの効いた中にいるので、よけいにだるくて疲れる気がします。チームマイナス6%・・・?クールビズ・・・?なんてどこに行ったのでしょうというくらい職場は冷えていて、カーディガンに膝掛けという姿で働いています。

それで、もうカラダが欲している物を素直に食べようと思いました。
Dscn0556 「初夏のサラダ」と言えば爽やかですが、「欲望のままのサラダ」です。山盛りのサラダを食べたかったのです。
素材は、生たこ・キュウリ・トマト・オクラ・アスパラ・赤ピーマン・黄ピーマン…ショウガと青じそのせん切りに、醤油ベースのドレッシングです。
あとは、ほっけを焼きました。それからひじきの煮たのと、このあいだ買った青々とした磯海苔。
私は、お刺身とか、カルパッチョみたいなのとか、お肉もレアは全く駄目で食べられないのですが、生蛸は大丈夫です。あ~、明石のたこ、たこ焼き(卵焼き)食べた~い。でも、この蛸がお寿司のご飯の上に乗ってしまうと、なぜかもう食べられなくなってしまいます。そんな蛸が今日は食べたくて・・・。
*蛸は、コレステロールを下げ、善玉コレステロール値を増加させる「タウリン」を含んで、食物繊維と一緒に採ると肝機能もアップします。
・・・で、テーブルに並べてみると、カラダが欲する物は、カラダに必要な物だと確信するほど色どりもきれいで優秀な食卓になりました。
自分のカラダに正直に食べると、結構それが健康にいいのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

簡単ソーセージパイ

Dscn0550 「おはよ~♪」
今朝は、冷凍パイシートを使って簡単ソーセージパイを作りました。

Dscn0546 パイシートは、4枚入り、はじめからポツポツ穴が空いていて、そのまま使える親切な優れ物です。2枚ずつ重ねて置いて、20センチ角、7ミリ厚さくらいです。(自分でパイ生地を作るときもこのくらいを目安に・・)
そこにスパイシーで長めのソーセージを並べます。
ソーセージは、爆発防止のため、少し切り込みを入れておきます。
卵黄1個分を小さじ1くらいの水でのばして、刷毛で塗ります。
そしてベランダからタイムを摘んできて、上に散らします。フワッと爽やかな香りが最高にgood morning!な感じです。少し多めに摘んできてテーブルに飾ると気持ちがいいですね。
Dscn0548 210℃に予熱したオーブンで5分、180℃に下げて15~20分焼きます。オーブンを覗くと、ソーセージがプチプチして、パイが膨らんで、ワクワクしてきます。

実は・・・、これだけではちょっと足りなくて、別皿にトーストもあるんです。





Dscn0554 そして、やっぱり朝にはビタミンカラーのフルーツは必須ですね。(これは、母がずっと言い続けていることで、そうしないとどこかから見てるようで恐いくらいなんです。)
グレープフルーツにたっぷりの蜂蜜、バナナとマンゴーです。
「さあ、召し上がれ☆」

Dscn0567_1 昨日漬けた梅シロップが、一日でこんなになりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

梅シロップ

Dscn0531 昨日、主人が庭の梅の木から採ってくれた実1.5kg。
たっぷりの水につけて半日くらいアク抜きをしておきました。

Dscn0542 水分をふき取ってなり口を串で取り、一晩ビニール袋に入れて冷凍しておきました。
何年か前にテレビの”はなまるマーケット”でやっていてポピュラーな方法になったのかな?こうすると梅の果汁が早く出てきて短時間で仕上がるそうです。

Dscn0544 今日、保存瓶に仕込みました。
梅1.5kgと砂糖1.5kgを交互に入れて、最後、一番上は砂糖で被い梅の実がでないようにします。
ここでは氷砂糖を使いましたが、三温糖でも蜂蜜でもお好みでももちろんOKです。
ここに少しのホワイトリカーやお酢を加える方もいらっしゃると思いますが、私はこのままで・・。


注:
梅シロップ作りの最大のポイントは、梅のエキスを早く抽出して、できるだけ早く砂糖を溶かすこと。砂糖が溶けるまでに時間がかかると、どうしても発酵しやすくなります。
時々ふたを緩めて、空気を抜くと良いです。
保管中は、マメに瓶を揺すり、梅と砂糖を混ぜ合わせます。

夏の暑いときなど、氷水で薄めた梅ジュースのさっぱりした味に汗も吹き飛んでしまいます。梅の実を入れた梅ゼリーは、扇風機やうちわの風情によく似合います。
シロップや実の使い道、どうしようかな・・・?
     楽しみです♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おやつはマドレーヌ

Dscn0532 今日は、お昼のごはん、和風スパゲティーとパンでおなかいっぱいになっていたので、おやつはもう要らないと思っていました。
なのに・・・主人が、
「何か作らないの?」
ええ~??
どうしておやつが入るおなかの隙間が空いているのか理解できないよ~。
何も考えてなかったけど、そういう時には、すぐに簡単にできるマドレーヌを作ろう!!
お店の凝った味のマドレーヌより、我が家のメンバーは、私の素朴なマドレーヌを美味しく食べてくれるんです。息子の友達も遊びに来ていたので、オーブンで2段焼けるいっぱいいっぱいの量で作りました。マドレーヌ型20個分くらいだと思います。今日はシェルハートの形も作りました。
もう、紹介するほどでもないポピュラーなお菓子ですが・・・
我が家のレシピは・・・
Dscn0536 <材料と作り方>
①卵5個をハンドミキサーで七分通り泡立て、砂糖180gを加えてもったりするまでよく泡立てます。
②レモン汁大さじ1とレモンの皮のすり下ろし1個分を加えます。
③薄力粉240gとベーキングパウダー小さじ1を会わせて振るって加え、木しゃもじで練らないように混ぜます。
④溶かしバター180g(容器に入れてレンジで2~3分加熱する)を加えて手早く混ぜます。
⑤型に入れて170度に予熱したオーブンで22~25分焼きます。

オーブンを予熱している10分間に、焼くまでの準備ができるほど簡単なので、テーブルに出すまで40分。急ぐとき、困ったときは特別な材料も要らないし、いいですよ。

当たり前ですが、あっという間に完食です。お友達も喜んでくれました。
でも、もし私に娘がいたら、もっと優雅なおやつの時間になるんだろうな・・・と、思ったりします。

Dscn0528 庭の梅の木にきれいに実がなっていました。
「何か作る?」
と主人が採ってくれました。
*この写真、2階のベランダからいっぱいにズームで撮ったせいか、ブレています。主人をお見せするのも何なので、これくらいでちょうどいいかな?~失礼な妻ですね~
これから暑くなったとき、バテないように、子供もみんなで飲める”梅シロップ”にしようと思います。
1.5キロくらい採れたんですよ。
きれいに洗って、今、水につけてあく抜きをしています。

さあ、美味しくできるかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ほのぼのと主婦・・・

Dscn0516 今日は、予想外にいい天気。主人は出かけているし、子供たちも学校。こんな風に、特に行事や予定がなくて自分の自由になる週末は何ヶ月ぶりだろう・・・。どうしようかな・・・?なんて悩む間もなくいろいろやりたいことは次々に浮かんできて、せっかくのんびりとできる日なのに、自分でいっぱいに予定をたててしまう貧乏性です。こんな日ができたら、絶対にお昼寝しようと決めていたのに・・・。

家族は出かけていると言っても、みんなバラバラに出て、バラバラに帰ってくるので、結構時間は気になります。でも、みんなに「行ってらっしゃい。」と、「お帰りなさい。」は仕事をしていると言えないことなので、それだけでもなんとなく今日一日の意味はある気がしました。

まずは、当たり前の掃除、洗濯、いつもよりきれいに。それでも見て見ぬふりのところはあり、また今度ということにして、お花屋さんに行きたかったのです。
Dscn0504 ベランダのパンジーがお疲れ様だったので、新しく何かお花が欲しくて・・。イソトマ、サンシャイン、フウセンカズラ、チョコレートコスモスあと紫の小さいのは何だっけ?いつも買ってから思うのだけど、こんな感じの頼りないお花ばっかり買ってます。あまり主張の強いお花は好きではないのだと思います。こういう方がベランダに目をやったときホッとします。

Dscn0509 それから、庭に出てみました。仕事にでる平日はほとんど出ることがないので、一週間で植物は変わっているのに驚きます。先日写真で紹介したばかりの百合ですが、この咲き方、本当に奥ゆかしさがありません。咲きすぎ!!

Dscn0508 玄関のところのあじさいが今が盛りです。

Dscn0512 これは、私が大好きな→
”隅田の花火”です。

Dscn0494 「そこで蜜は吸えますか?」もっと美味しい蜜が吸えそうなお花がいっぱいあるでしょう。」って案内をしてあげたくなります。

Dscn0515 フルーツテリーヌゼリーを作りました
<材料>
アガー16g
砂糖100g
缶詰のシロップとレモン汁500cc
オレンジキュラソー
水400cc
グレープフルーツ
オレンジ
洋なしと白桃の缶詰
<作り方>
アガーでゼリー液を作ります。
①砂糖とアガーをよく混ぜておきます。
②容器にシロップとオレンジキュラソーを入れて50度くらいに温めておきます。
③鍋に水を入れ、砂糖とアガーを少しずつ加えて、火にかけ沸騰させます。火を止めて、70度くらいにしたら②を加えます。
容器にこれを半分流して、果物の材料の半分をきれいに並べます。
冷蔵庫で15分くらい冷やして、この上にまた同じようにゼリー液と果物を並べてよく冷やします。
*きれいで爽やかなおやつのできあがりです。今日みたいに昼間ちょっと暑くなった時間に出すと喜ばれました。

Dscn0498 アメリカンチェリーのコンフィチュールを作る☆
アメリカンチェリーがいくらか安くなりました。
コンフィチュール(フランス語でジャムのこと。ジャムのように煮詰めてない感じです)を作っておきたいと思っていたので買ってきました。
このあいだ買ったスチームオーブンレンジの得意技なんですけど、レンジじゃなくてもジャムを作る要領と同じです。こんな風にアメリカンチェリー500gくらいに蜂蜜を120g入れました。それからレモン汁を1個分です。だけど、種取り器がないので1個1個半分に切って手で取ってると、真っ赤な手に染まってしまいました。

Dscn0520 美味しくできました。
ヨーグルトやパンのソースとして、暑いときにはサイダーとかで割って飲んでもいいかなあ・・・。
ローストポークのソースに、塩こしょう、粒マスタードを加えて使ってもいいと思います。


Dscn0499_1  ・・・で、早速豚肉を漬け込んでいます。
そろそろ夕食の準備を始めましょう。




:追加記事:・・・で、できたのがこれです。
Dscn0521 Dscn0526

~~~コツコツ
 主婦の
  一日でした☆






*サッカーワールドカップ、日本は残念でしたが、いよいよ決勝トーナメントが始まります。
やっぱりブラジルは見たいし、アルゼンチンも気になるし、イングランドも見たいし・・・。
これからのトーナメントは、勝ち点とか得失点差とかなくて、わかりやすくていいわ!なんて、私、頭の使い方まで不精者ですね。脳みそはすすんで使ってないと、老化してしまいますよね。
実はすでに兆候ありです。
    <まだサムライブルーを引きずっています>

| | コメント (3) | トラックバック (0)

押し花~しろつめくさ~

Dscn0493 こんなふうに「しろつめくさ」を編んだ思い出があるでしょ。どうするんだったかなあ・・・。
できるだけ根元から長く採って、5本くらいまとめて、この額にある順番のように長く編んでいって、冠や首飾りを作ったと思います。
ちょっとレトロな色の台紙に、めっちゃ古くさい感じの押し花額を作ってみました。
こんなことして夜更かし・・・。
*階段の明かりがちょっと赤っぽいので、こんな写真になっちゃいました残念・・

Dscn0441 このあいだ、「しろつめくさ」がたくさん咲いているところを見つけました。あたりを見ると、タンポポ、ムラサキカタバミ、アカバナユウゲショウ、ニワゼキショウ、オオイヌノフグリ・・・懐かしさのある雑草たちがたくさんありました。

子供の頃、しろつめくさを編むのは、下手だったなあ・・きれいに作れる子が羨ましく思っていました。
レンゲで同じように作ろうとすると、茎がピンと堅いのでポキッとおれてうまくいかなかったように思います。
Dscn0491 あと、ジュズダマでお手玉や、糸に通してネックレスを作ったり、オオバコのすもうや、なんていう茎だったかを裂いて水車のように流れに入れてみたりもしましたね。オナモミの実をいたずらで誰かにひっつけたり・・・。
Dscn0489 そうそう、似てるけどハルジョオンは茎の中が空洞で、ヒメジョオンは詰まっていて名前のイメージと合ってるなって思ったこともありました。
それらの草花とそう変わらない目の高さで遊んだ懐かしい感情が蘇ってきました。

Dscn0490_1 そんなことをいろいろと思い出しながら、子供みたいに夢中でクローバーの葉としろつめくさを散らしていきました。
ちょっと遊んじゃった!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ちっちゃいお話3つ

<その1>Dscn0477_1 庭の百合がこんなにたくさんつぼみを付け、咲き始めました。でも、こんなに節操ないほどに咲こうとしてて、ちょっともったいないような気がします。
きれいなんだから・・そんなに咲き誇ろうとしなくてもいいのに・・・。

Dscn0481_2 <その2>
コメントで”ケーニヒスクローネ”のケーキのお皿の事を書いていただいていたので、ご紹介します。

青い柄の可愛いお皿でしょ。

Dscn0479 <その3>
恥ずかしながら、会社の机の中には必ずチョコレートが入っています。これからの季節はちょっと無理になってきますが・・・。
朝、ビルのエレベーターの近くにコンビニがあって、つい寄ってしまいます。今朝、いっぱいつるして売っていて、目についたキャンディーなのですが、なぜ”ブー”なのに、カシス味と白桃味なんだろう・・・と・・・。
ちょうどそんなわたしを、新入社員の女の子が見つけて、真っ赤な顔して笑うんです。
「Mさん、マジで首かしげて考えてましたよ~。すっごい可愛い!!」
23,4の若い女の子にそう言われたら大笑いして済ますしかないぐらい恥ずかしかったです。結局、このキャンディーを買って、まだ始業前のこの子の席にカシス味と白桃味を2個置いておくと、また真っ赤な顔して私のところに寄ってきて笑うんです。
朝っぱらからこんな事で2人で笑って汗かいちゃいました。
「箸が転んでもおかしい年頃」っていうのは、若い彼女にだけ当てはまるのでしょうけど、もう一緒になってあんまり笑うと、こっちは皺が増えてしまいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

居酒屋ダイニング”M”へようこそ・・9 今日は父の日

Dscn0470_1 今日は父の日、特別な日だからというわけではないですが、カラダには気をつけてくださいね。

この週末土日は、息子たちの学校関係とか予定が詰まっており、ゆっくりとそれらしいお料理というわけにはいきません。でも、「気はこころ」、できないなりにベストを尽くしてみましょう。

という事で、手がかからなくても、それなりに見えて、しかも美味しく!そう考えました
(写真がぶれてる・・撮った写真を確認する余裕なしバレバレです
それか、お料理しながら、先にワインをちょっと飲んじゃったからかも・・・。ワインには弱い!必ず寝てしまいます。)


<メニュー>
ピーナツバターのスペアリブ(野菜添え)
シジミの炊き込みご飯
グリーンサラダ
  そして、ケーキ

<ピーナツバターのスペアリブ>
Dscn0468 スペアリブ15本くらいを、
たれ(ピーナツバター100g・練りごま大さじ3・白みそ大さじ1・サラダオイル大さじ4・ケチ  ャップ大さじ1・プレーンヨーグルト100cc・レモン汁大さじ3・ショウガ汁大さじ1。豆板醤小さじ3)に一晩つけ込んでおきます。
あとは、余分なたれを取って、200℃のオーブンで35分くらい焼きます。途中で一回ひっくり返します。
ジャガイモとオクラの素揚げを一緒に盛りつけました。

*たれの材料は、あくまでも好きなものをいろいろ好きなだけでいいと思います。
   ピーナツバターと白みそと練りごまって、見た目、似てるし味としてはマッチします。
  香ばしくて美味しくできました。
*大きなお皿に盛りつければ、ほら結構豪華に見えます

*ジャガイモとレタスは昨日友人の畑で採れたものをもらいました。

<シジミの炊き込みご飯>
Dscn0469 先日、乾物屋さんで乾燥シジミを買いました。肝臓や目にも良いのでおみそ汁に加えたり、炒め物や和え物にも気軽に使えます。
米3合、醤油大さじ2,酒少々、シジミ50g、あとは好みですがにんじんとゴボウを入れました。

<グリーンサラダ>
Dscn0466 あり合わせの野菜です。ベビーリーフ・ラディッシュ・レタス。たくさん食べて!

それからデザートに、先日ケーニヒスクローネのチョコレートケーキをもう一つ買っておきましDscn0462_1た。
日持ちするし、正直、この器に惹かれたのです。栗が入っていて美味しいよ!
見方によっては、「峠の釜飯」の器とどう違う?と言われると、「うっ・・」っとなってしますのですが、可愛いじゃないですか・・・☆

Dscn0463_1このあとこの器をどうする・・・?
昨日和歌山南部の大きな梅干しをもらったので、それを入れておくといいかな?
お花を入れても可愛いし・・。

さあ、いよいよサッカーワールドカップ、クロアチア戦が始まります。
応援の準備はみなさんよろしいですか?
・・・なんだかもう勝てる気がしていないのは私だけ???
    奇跡は起こる☆・・・がんばれ日本!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

原田昭子押し花展

Dscn0455 私の押し花の先生、原田昭子の
「押し花展~さわやかな風を呼ぶ花たち」が今日から6月20日まで日本橋高島屋のギャラリー「遊工房」で開かれています。
*展示品は撮影できないので、
この”あじさい”はご案内はがきのものです。


Dscn0461 早速駆けつけました。
原田先生の作風は、爽やかでナチュラル。お人柄も含めて大好きです。
テーブルに招いてくださり、しばらくお話をしました。
昨日の夜は、高島屋の閉店後まで展示の準備にかかり、今日はオープン間近まで手直ししていたとのこと。締め切りがあり、いくらやっても「完全な完成」はなく、その狭間で、先生は「元気だからやってこれた」って言うけど、すっごい「根性」ですよ、先生!

私も、これまでいくつかの展示会に参加してきましたが、優雅な趣味のように見えて、舞台裏は結構てんてこ舞いです。体力仕事でもあります。
特に今年に入って原田先生はいくつもの催しに係わってきていて、水戸での梅、バラ、そして先月まで母の日のカーネーション、そして今回のテーマは、この季節らしく”ハーブと緑
「頭の感覚がついてこなくて、イメージが”赤”から”緑”に急には変わらないのよ~」なんて、必死で今日を迎えたことを満面笑顔いっぱいにお話してくださいました。

実際やってみるとわかるのですが、たくさんお花を使って、”コテコテの押し花”はどうにかなるものなのです。でも、たとえば花1輪とか、ハーブの繊細な線をいろんな表情で置いていく・・・というのは、想像以上に苦労します。

先生は私を皆さんに、
「この方ね、今、”休眠中”なのよ~。」って紹介します。
「お仕事や、子供さんに余裕ができたら絶対に戻ってらっしゃいよ!私の年齢まであと何年ある?」
って、私の手を取って握手してくださいました。
実際この世界の平均年齢からすると、私はすっごい若い方です。
私は、そのまんましか言葉にできない不器用人間なので、
「今日は先生に会いに来て良かった・・・。」と、
咄嗟にそんな当たり前の事しか言えませんでした。

Dscn0459 本に私のフルネームと、ご自分のサインを入れて渡してくださいました。

黄色い花束と一緒に写真を撮ってもらいました。
「若い方と写真撮るのいやなんだけど、2人ともほら、きれいに撮れてる!!」
*本当にそれなりにきれいに撮れていて、ここにアップしたいところですが、遠慮しときます。
先生曰く、
「私、ふっくらしてるでしょ、だから歳とっても疲れても元気に見えて得なのよ。」
会うたび若返りの原田先生、尊敬です☆

せっかくなので、高島屋デパ地下散策・・・
Dscn0458 関西贔屓・・というわけではないけど、
ケーニヒス クローネのチョコとバナナのケーキをおみやげに、それからあとは恥ずかしくて言えないような食材を数々・・・。

すごく贅沢な午後でした。
・・・が、あやや~?大変!!!
私・・・お昼ご飯を食べていない!!!
気づいてしまうと急におなかすいてきた~!

晩ご飯の用意をそろそろはじめよ~。

それから、今日、やっぱり考えてしまったこと・・・
「天は二物を与えず」というけど、これはどうだかわかりません。
でも絶対に、間違いなく、「時間」はみんな平等に同じです。
2倍がんばるから、2倍の (訂正:もうちょっとだけ)時間がもらえないかな~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

とってもミルキーなミルクゼリー

Dscn0449 イチゴの季節も終わり、冷蔵庫に取り残されたコンデンスミルク、
150gのチューブのたぶん130gくらい残っています。
これで朝食のデザートにと思って昨夜ゼリーを作っておきました。
とってもミルキーな味です。味が濃厚なので、お皿を揺らすとぷるぷるするくらい柔らかく作りました。
あじさいの色もちょうどいいんじゃないかと思います。





Dscn0450 ミックスベリーのジャムがあったので添えて、冷凍ブルーベリーをのせるとヒヤッと冷たくてちょっと甘酸っぱくて味も引き締まります。

つゆのうっとうしい週明け、月曜日、元気でいきまっしょい!!

作り方は基本的で簡単・・・
鍋に牛乳200ccを入れて温め、沸騰する前に火を止めて、大さじ2でふやかしたゼラチン5g(1袋)を溶かします。
コンデンスミルク130g,生クリーム1カップを少しずつ加えてよく混ぜます。
あら熱を取って器に流し込んで冷蔵庫で固めます。

我が家ののんびりしたあじさいがやっと咲き始めました。庭に出てちょっと切ってきました。食卓に添えるとさわやかです。
Dscn0452 あとは、壁に飾っておきました。
きれいですね・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オーブンレンジ買ってもらいました

Dscn0447 ちょうど3週間前、我が家のオーブンレンジが壊れてしまいました。お肉を焼こうと思ったら 
あれっ!!
突然のことで、そのときのお肉は下味を付けたまま冷凍室に入ったままです。

考えてみると、このオーブンレンジはもう20年近く酷使していましたので、よく頑張ったとほめてあげなくてはいけません。
それから3週間、オーブンレンジはなくても生きていけるものだ・・・とは思いましたが、不自由だし、作りたい物はあるし、少々欲求不満になってきていました。

なかなかゆっくりと電気屋さんにいく時間もなくて、ちょっとずつビックカメラとか寄って、自分なりに比較表を作ってみていました。
今買うなら、少し割高だけど、やっぱり「スチームオーブンレンジ」だと思って絞っていました。候補は、まずなんてったて「シャープのヘルシオ」、我が家の家電は全部「ナショナル」、それから「東芝石窯」。
・・・で、検討した結果、はじめは全然考えてなかった「日立のナノスチーム調理・ヘルシーシェフ」に決定です。今まで「日立」って家電のイメージがなかったのですが、購入に至ったポイントは、
①ボタン操作がわかりやすくて無駄がない。
②「美味しい」と「ヘルシー」の同時追求ができる。
③300℃の水蒸気加熱。
④エコ性・・今このポイントは大きい!
⑤デザイン・・シンプルを求めるなら「ヘルシオ」ですが、ステンレスですっきりしてるし、手入れもしやすい。

*理解が間違っていたり、偏見が入っているかもしれませんが、私なりの検討結果です。

普通なら、予定外のお買い物をしたら、「しばらくは、”ごま塩”でご飯食べてもらいま~す!」ってことになりますが、オーブンレンジの場合、そうはいかないですね。
「健康調理のスチームオーブンレンジで、実績残して食卓に反映させるので・・・」
と家族には宣言して
「私のぜいたく、ごめんなさい。有り難うございました。」

今日は、まず、スチーム調理のハンバーグから・・・。(新婚主婦みたい・・・)
ハンバーグって、1年ぐらい作ってないかも・・・。
美味しい~~。
お弁当用の冷凍ストックにしようと思っていたのまでペロッと食べられてしまいました。

前のレンジは、さすがに20年近くつきあっていると何も考えず、パッパッパと使えたけど、慣れて使いこなすまでちょっとめんどくさいかもしれません。

私をよく知ってる 息子に、
「お母さん、ちゃんと取説読んで使いこなさないとそれ買った意味ないんだからね!」
と、先に言われてしまいました。
そうです、私、体で覚えるタイプで、大の取説アレルギーなんです。
きびし~い~~
   がんばります☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのまんま にんにく

Dscn0436採れたてのニンニクをもらいました。
早速そのまんま素揚げにしました。
ほくほくです。

今朝、友達からメールで、
「ニンニクの採れたてがあるけど・・」ってメールがありました。
「もちろんいただきます・・・けど今日は仕事の帰りちょっと用事があって遅くなります。」
って返信したら、その時間に駅まで持ってきてくれるというのです。
どうせなら明日仕事のある日より休日前の方がニンニクを食べるなら良いし、新鮮なうちに食べてっていう彼女の愛情です。ありがたく甘えてしまいました。

Dscn0433 麻で縛っているニンニクは何となくカントリーでかわいらしい。それからラディッシュとおネギももらっちゃいました。

5月29日の食品衛生法改正で残留農薬や添加物などを含有する食品についての規制が強化されることになりましたが、消費者にとってはとてもありがたいことです。
農家の方は出荷する物と、自分たちの食べるものは別に作っているとか聞いたことがあるし、母は、レタスにすごい農薬を散布されるのを見てから、外の葉を何枚も取ってしまうようになりました。
もちろん生産者は、いろんなことに折り合いをつけながら、丹誠込めて作物を育て、商品として認められる物を出荷するという苦労をされているのだと思います。私たちにはよく見えないことなのですが、家族の食事を用意する主婦としては安心な物を食卓に出したいものです。
前にもお話ししたことがありますが、こんなふうに作った人の顔が見える野菜ってほんとに安心で、気持ちよくて美味しいです。
無意識に手をあわせて「ごちそうさま。」って言ってました。

Dscn0432 トマトの挿し芽をもらいました。「あいこ」という物らしいです。育つかな~。ちょっとプレッシャー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オレンジティーゼリー

Dscn0420 “香り高い紅茶と、ビタミンカラーの甘~いオレンジがこんなに仲良くなりました”
というデザートです。

庭に持って出て、自然光で写真を撮りたくなるできあがりです。スプーンを入れたときにふわっといい香りが漂います。

冷蔵庫を開けてなんだか寂しいと、息子が
「お母さん、今日は何か作らないの?」と・・・
そう言われると、その気がなくても作ろうかな~って思いますね。何にしようか・・・・。と私も冷蔵庫を覗くと、ちょうどオレンジが目にとまったので紅茶と合わせてみました。固めただけの簡単デザートです。

Dscn0421 <材料>
オレンジ   2個
アールグレイの紅茶  大さじ1.1/2
粉ゼラチン 大さじ1.1/3
砂糖     80g
レモン汁  大さじ1

<作り方>
①ティーポットに紅茶葉を入れ、熱湯460cc注ぎ4分ほど置きます。目の細かい茶こしで漉して、鍋に入れ、冷ましておきます。完全に冷めたら、紅茶50ccを器にとって粉ゼラチンを振り入れてよく混ぜふやかしておきます。
②オレンジはむき身にして半分に切ります。(このとき飾り用を少しとっておきます)鍋の紅茶に砂糖を加え、中火にかけて、人肌くらいになって砂糖が完全に溶けたら、火から下ろし、ふやかしたゼラチンを加えて静かに混ぜて溶かします。
③完全に溶けたら、ボールに移してレモンの絞り汁を加え、底を氷水に当てて、あら熱を取り、しばらくそこから混ぜてとろみをつけます。
④とろみがついてきたらすぐに氷水からはずして、オレンジのむき身を加えてそっと混ぜティーカップに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。
⑤生クリーム、とっておいたオレンジ、ミントを飾ります。


Dscn0428
杉ちゃんが、残ったビーズでこんなのを作ってくれました。Tシャツに・・というので早速、今日、ストレッチ素材の白のTシャツを着ました。ナチュラルな感じでとってもいいと思います。ボーイスカウトで習うようなひもの結び方で、スライドして長さが変えられます。
感謝☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どくだみの押し花

Dscn0416 毎年この季節になって、どくだみの花を見ると、その凛とした白い花に目を奪われてしまいます。

きっかりと澄んだ白い十字の花の中心から、黄色い花穂を立て、群れて咲いているその様子は、静かでありながら強い意思を持っているかのようです。何者にも媚びない雰囲気を持っていて、じっとその花を見ていると、張り詰めるような気持ちになります。

この花の「白」、「どんな白」と表現すればよいのでしょうね。澄んでいるけれど色に厚みがあります。何メートルもの深い底が見える湖の水面を見る時のような感じがします。

Dscn0415 ぜひ、これで作りたいと思って、先週のお休みの日に雨が降る前、早朝のうちに新鮮な花を摘んできて押しておきました。
今日は一人になってしまったので、ゆっくりと座りました。気の向くままポンポンポンと葉っぱと花を置いて、勢いで額まで仕上げました。

どくだみは独特な香りがして、疎まれる事もありますが、私はこの香りが結構好きです。カラダも気持ちも綺麗に浄化してくれるようなイメージがあるからです。
若さに任せた日常を過ごしていた頃、気づかないうちに疲れがたまってくると、肌荒れがひどくなった私に、母が、
「十薬のお茶がいいから・・。」
って、どくだみを乾燥させたお茶を作ってくれました。

考えてみると、私は、ちょっとした思い出を母からいっぱい生活の中でもらって育ってきました。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

++ネックレス

Dscn0412 昨日に続いて、ネックレスも完成です。
「おはようございま~す。」って仕事場に入ると、杉ちゃんが、招き猫のように私を呼んでいます。
「おはよ~。」って行ってみると、ネックレスの完成品を「ほらっ!!」って箱から出してきました。
こりゃ、かわいい~!!!
早速着けてみました。昨日のブレスレットもしていたので、今日はおそろいです。

つけたときにネックに沿うように大きな石の間に小さなビーズを入れてくれていました。無理なく鎖骨の辺りに沿う感じで、うまく考えてくれているなあ~と思いました。3点セットです。あらためて、
ありがとう☆

~今日のランチ~
今日から6月、衣替えです。それを知っているかのように急に暑くなりました。
でも、お天気がよいし、お昼休みに、いつも通う駅とは反対の方向に、美味しいパンやさんがあるというので、そこまで散歩がてら買いに行きました。どれもこれも食べたいパンばかり・・・、バゲットまで買ってしまいました。
昨日近くにセブンイレブンがオープンしたのですが、そこで”午後の紅茶・special/カムマムレモンティー(これ、美味しいです)を買って、隣のビルの大階段に座っておしゃべりしながらの”お外ランチ”はとても気持ちよかったです。同じフロアのちょっと若い男子が、「”あいのり”の貧乏ランチみたいだよ~。」って声をかけていきます。あ~、優雅なOLさんのランチには見えなかったか・・・。残念・・・。

6月を、「風待ち月」とも言います。
風を恋しく待って、ちょっとした風にもとても爽やかでうれしい気持ちになりますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »