« ローズヒップのゼリー☆アメリカンチェリー添え | トップページ | ナポレオン展 »

あんずのジャムと長期保存のために

Dscn0730*ココログのメンテナンスで48時間、その前からかなり更新しにくかったのですが、改善されたみたいで良かったです。

さて、ジャムのお話です。
グッピーさんお待たせしました。まず、あんずのジャム”を作ったのでレシピを簡単に・・・。
Dscn0705 あんず1パック(12個入りでした)を水洗いして適当な大きさに切ります。(種をさけて4~5切れくらいに)
砂糖200gを加えてとろ火にかけ、泡が出てきたらあと150g砂糖を入れて焦げないように煮詰めます。

あんずは、生だとちょっと甘酸っぱくて、それはそれでいいけど、ジャムにすると、デザートやケーキなどにも使いやすいです。

いつも寄る八百屋さんのおばちゃんが、またまた
「今日は、あんず、甘酸っぱくておいしいよ~!」
目が合ってしまったら最後・・・
「お姉ちゃん、(だいたい八百屋さんや魚屋さんはそう呼びますね)買って行ってよ~。ジャム作りな、ジャム!!」
いつも負けてしまっています。

季節の果物って限定なので、美味しくて安い旬の時にたくさん食べたいです。そして、できれば一年中楽しみたいと思います。
それで、ちょっと手を加えておけば・・というわけです。

これまでに紹介してきたジャムやコンポートは、砂糖を少なめにしているので1ヶ月くらいの目安で食べきるようにします。
砂糖を多め~倍の量にすれば3ヶ月くらいは平気です。砂糖の代わりにオレンジやリンゴのジュースを使うこともありますが、これは1週間です。

もっと長期保存するために”脱気殺菌”の仕方
これは何かに書いてたのをメモしておいたのですが、こうしておけば常温で半年~1年大丈夫です。開封したら冷蔵庫で早めに食べてしまってください。
①びんはきれいに洗い、10分くらい煮沸します。清潔なふきんに伏せておき自然乾燥させます。
②空気がなるべく入らないように注意してびんの口から1~2cm下のところまで中身を詰め、ほんの少しふたを緩く閉めます。加熱調理した物は、必ず冷めた物をびんに詰めます)
③上記のあがった蒸し器に入れ、まず15分蒸します。次にふたをきつく閉め、さらに15分蒸します。
④ぬるま湯に入れ、びんにかけないように水を少しずつ流して冷まします。ふたが凹んできたら脱気の完了です。(急に冷たい水に入れると割れてしまいます)

売ってるびん詰めのふたは、凹んでいて、ひねるとポンっと音がして凹みが上がりますね。あれです。

でもこの作業をしたあと、必ず凹んだふたがホントにポンっと音がして開くのかどうか試してみたくなります。ふたが凹んだのを目で確認したらガマンです。そうでないと作業やり直しですからね。

赤いいちごのジャム以外にいろんなジャムの存在が有ることを知ったのはいくつの時だったのだろう・・・このごろは、いろんな種類があるし、自分でも果物や野菜を使って作るようになりました。
いろんな色のジャムは、目にも新鮮で、食べると日々の生活の中で不足しがちな栄養素を一気に補ってくれるような甘酸っぱさや食感と、添加物もなくて気持ちがいいと思います。

私は子供の頃に、母が作ったいちごのジャムのお鍋に人差し指を入れてなめようとしたとき、熱くてびっくりしたのを覚えています。小さいお子さんと一緒に作るときは十分気を付けてあげてくださいね。

真夜中だというのに、見ると夜更かししていた主人と息子が、あんずのジャムをヨーグルトにかけて早速食べていました。上手にできたみたいで良かったです。

|

« ローズヒップのゼリー☆アメリカンチェリー添え | トップページ | ナポレオン展 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

<がみさんへ>
私もジャムに限らず、これ大丈夫かなあ・・なんてちょっと食べてみたりすることがあります。ものの消費期限って難しいですね。このあいだ食品に限らず、消費期限一覧表画載っている本があって、見ると自分でもびっくりするものも有りましたよ。
とりあえず冷蔵庫のお片づけはマメにするようにした方がいいみたいです。

<motoさんへ>
ホントにお菓子とか甘いものに縁遠い方ですね。
でも、夜中に覗くとジャムかけてヨーグルトを食べている父と息子って異常に爽やかすぎる!!

<グッピーさんへ>
早速あんずジャム作って見たのですね。美味しそうです。
あんずの花ってすっごくかわいくて、そのころからあんずが出たらジャム作ろうと思っていたんです。このごろは、プラム・ソルダム・・・いろいろと店先で目について「作りたい病」です。

<雪乃さんへ>
少し実が残るくらいに作ったのですが、本当に甘ったるくなくてすっきりした味にできあがって、きっとこの季節の間に何回か作ると思います。たくさん作ってもきっと半年、1年はかからず食べてしまいそうです。春に買ったいちご、夏になったらシャーベットになんて砂糖とリキュールを絡めて冷凍していたのが、とっくにもうなくなってしまいました。

<ぼっこさんへ>
物知りではなく、これは前に何かで見たのをメモしておいたものですよ。ちゃんと脱気殺菌して気持ちよく裏の季節なんかで食べることができたら、ウキウキでしょ。お店に行けばいつでも売ってはいるけど、自分で作ったものって嬉しいもんね。

<kanokanoさんへ>
昔はジャムといえばいちごだったんですよね。子供の頃、パンに付けるものといえば、他にはピーナツバターと蜂蜜、やっとオレンジのジャムくらいだったかなあ・・・。今は、お店の陳列で、亜~こんなのもジャムにしてる、とかブレンドされてるのを見てへ~と思ったりして種類の多さにびっくりしますね。

投稿: みるくじゃむ | 2006年7月15日 (土) 23時29分

あんずジャム色がとても綺麗でとっても美味しそうですね~
(*^。^*)
密閉方法、すごい情報ですね。φ(..)メモメモ
そういう風にやるんですね。なるほどぉ~です。
子供の頃に母が作ってくれたいちごジャム、私も思い出があります。イチゴの季節に家に帰ると、ぷ~んとイチゴの甘~い香りが家中に充満していて、幸せな記憶がよみがえります。

投稿: kanokano | 2006年7月14日 (金) 21時44分

おはようございます~
あんずのジャム、美味しそう~
お菓子作りにも重宝しそうですね!

密閉ってそうやってするんだ~
へえ~~~~って感じです。
みるくじゃむさん、物知り~!
いつも勉強になります!

投稿: ぼっこ | 2006年7月14日 (金) 09時25分

杏ジャム、大好きです~♪ 美味しそう~♪
あんまり甘いものを食べない私ですが、甘酸っぱい杏のジャムが載ったケーキは好き。
このジャムを、ふわふわパンにいっぱいのせて、ぱくっと食べたら、美味しいだろうなぁ~。

それにしても、脱気って結構大変なんですね。でも、美味しいものが長く保存できるんだから、ちゃんとした方がいいのね。

投稿: 雪乃 | 2006年7月14日 (金) 08時15分

お待ちしました 首が長くなって キリンになりました(^○^)
アンズ いつも 作りたいなぁと思っても 横目で みていました
ヨーグルトに 入れると聞いて こんど 見つけたら
早速 作ります。
保存方法も 結構大変なんですね
勉強になりました。 ありがとうございましたぁ

投稿: グッピー | 2006年7月14日 (金) 00時14分

あんずジャムおいしそうにできましたね。
それにしても、ご主人と息子さん夜中におやつって、ちょっと可愛い^^
我が家では、おやつを作ると、すべて私が始末しなければならないので、よく食べてくれる家族がいるというのはうらやましいです。
息子も小学生までは、おやつを食べたのですが、どこで調べたのか中学生になって、糖分を取りすぎると身長が伸びないって言い出して、あまり御菓子を食べなくなりました。もう十分伸びたので、食べても良いようですが、今はいらなくなったようです。
主人も辛党なので食べないし、娘もダイエットと言ってガマンしているのよ。
オーブンから甘い香りをさせるのは、孫の時かしら?

投稿: moto | 2006年7月14日 (金) 00時02分

あんずジャム、おいしそう!密閉って大変なんですね〜。私はもっといい加減に密閉(できていない、多分)していたので、中身は痛んじゃってるかもな、、、、冷蔵庫のマーマレード。空けるのが怖くて空けられないまま、半年近くが経とうとしています。きゃ〜〜〜。

投稿: がみ | 2006年7月13日 (木) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/10918922

この記事へのトラックバック一覧です: あんずのジャムと長期保存のために:

« ローズヒップのゼリー☆アメリカンチェリー添え | トップページ | ナポレオン展 »