« 10月4日で19年。 | トップページ | 秋の七草 »

玉露

Dscn1367 昨日、「美味しいお茶をごちそうしますから。」と誘って頂いたので、主人と一緒におじゃましました。
「お茶飲もう」、とか「お茶飲みに来て!」
なんて友だちと言い合ったりするのですが、昨日は、ホントに美味しいお茶を堪能させてもらいました。
男性の大きな手で、丁寧にいれてもらうお茶って、惚れ惚れとするものですね。いつになく緊張してしまいました。
いくつかいれてもらったのですが、「玉露」は本当に綺麗でした。「色の静岡」って聞いたことがありますが、本当に綺麗☆
江戸時代の茶商が、飴のような粘液が茶葉から出てきたのを見て、「玉の露のよう」と表現したことで「玉露」と呼ばれるようになったらしいですが、茶葉は、艶があって、指先で触ると、とても滑りが良くて、色は、深い活き活きとした緑色です。手揉みらしく、よく見ると、ふっくらとしていて、とても綺麗に撚られています。
低温のお湯で、濃厚にいれてくれました。トロッとした甘みがあって、ふくよかな感じがします。少しずつなので、おいしいうちに頂けて、何回も注いでもらって、きっとかなりの老化防止・美白効果が期待できるはずです。

おみやげにこの贅沢なお茶の葉をいただきました。
値段を聞いただけにどうしようかな~なんて考えたのですが、ごめんなさい!ケーキにいれるなんて、失礼だったかもしれませんが、シフォンケーキを作りました。
Dscn1376 お茶の葉を、すり鉢に入れて、粉々にすります。熱湯で、少し蒸らしたのを、シフォンケーキの生地に混ぜてます。甘納豆があったので、これも加えました。できあがりには、少し生クリームと、栗のミルク煮を添えて、いかがでしょうか・・・?

Dscn1382 それから、お茶の葉のかき揚げです。これは、半ば宿題のようなものだったので、早速今夜作ってみました。
ぬるめのお湯で、茶葉を蒸らして、葉と、出したお茶を別にして、冷蔵庫で冷たくしておきます。お茶と卵を混ぜた中に小麦粉と塩を加えて、お茶の葉と小麦粉をまぶした三つ葉とエビを混ぜます。あまり高くない温度でじっくり揚げると、綺麗な深い緑の色が綺麗に残りました。
わりと上手に出来たと思うけど、どうでしょう?
美味しかったですよ☆
教えてくれてありがとう!

お茶のあと、夕ご飯までごちそうになりました。ここのお家、ホントに良い食生活してるな~って羨ましくなります。子供達はよくお手伝いが出来るし、パパ・ママのそういう生活の中の教えがきっと良い子を育てるんだろうと思いました。
「食育」って大事!

|

« 10月4日で19年。 | トップページ | 秋の七草 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

<tnonkimamaさんへ>
お返事ありがとう!
tnonkimamaさんがどんな思いでお返事下さったか、とてもとてもよくわかります。私も8年目のお嫁さんだけど、今まで転勤をして地方に行ったとき、やはり果樹園のお嫁さんと仲良くなって、きっと彼女のようにtnonkimamaさんも生きているんだろうなと思いました。きっと優しくて、心豊かでがんばりやさんなのでしょうね。
私もだんだん年齢と共にわかってくることがあって、人への思いやりとか、その土地に対する愛情とか、守っていくものとか、受け継ぐことがどれほど大切なことか・・・とか。tnonkimamaさんの暮らしの中で、年齢を超えて持ちつ持たれつ、また、新しい年代の若い人がその土地を元気にしていく、そんな風に生きていけたらすばらしいですね。お話を伺って、私の方が嬉しく、元気になりました。ありがとう。でも、ちょっと泣けちゃった!

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月14日 (土) 19時50分

残念ながらかわいらしいお嫁さんからは、ほど遠い私です。(笑)田舎の慣習に驚いたり、苦しめられたりしながら何とかやってきました。今では町内の出身だと思われることも度々になりました。嬉しいですね。地元のお地蔵様の日には近所の方と一緒に精進料理をこしらえてお供えして、お参り頂いた方へお接待するなど、都会では味わえないことを体験しています。過疎が進む地域ですから、慣習や伝統を守っていくことはだんだんと難しくなっていくと思います。近所のおばちゃん達は色んなことを教えてくれます。それがプレッシャーに感じることもありますが、自分の倍くらいの年齢の方から「頼りにしてるよ。」なんて言われると頑張ってしまいます。まだまだ修行の身です。自分のことばかり書いてすみません。みるくじゃむさんから質問されてうかれています。(笑)

投稿: tnonkimama | 2006年10月14日 (土) 00時32分

<tnonkimamaさんへ>
お茶どころそのまっただ中に暮らしていらっしゃるんですね。一生懸命お嫁にきた土地や生活になじもうと努力してこられたのがよく伝わってきます。すっごく可愛らしいお嫁ちゃんなんだろうなあ~と想像しますよ。よくテレビなんかで何かの産地とかでは、奥さんの会みたいなのがあって、土地の産物を使ったお料理とか集まって作ったりしているのを見たりしますが、そういう事って有るのですか?
お茶の入れ方って難しいのでしょうね。
私もここの家ででいただいたお茶のように美味しくいれることが出来なくてちょっとショックなんです。

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月13日 (金) 19時12分

<がみさんへ>
生のお茶の葉の天ぷらは食べたことがありませんが、美味しいでしょうね。でも、本当なら棄ててしまうお茶を入れたあとの葉っぱをこんなに美味しくいただけるなら貧乏性の私には最高の活用法です。
きっとお茶どころのご親戚の方達は、こんなお茶の葉の食べ方も生活の中で当たり前にやっていらっしゃるかも・・・。贅沢ですね。

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月13日 (金) 19時06分

私の住む町は八女茶の産地です。嫁ついできた頃は我が家にもお茶畑がありました。茶摘の時期には、茶摘を手伝うことが出来るほどの経験のない嫁の私は、おやつや昼食の準備をお手伝いしていました。我が家のお茶畑が無くなってからもう10年が経とうとしています。ここにいるのに・・・お茶のケーキもお茶の葉の天ぷらも作ったことはありません。「なんてもったいない!」と聞こえてきそう・・。日頃飲んでいるお茶の葉を育てた方を知っている贅沢な環境にあります。おいしいお茶は高いとは限らない。安くてもおいしいお茶は沢山あります。作り手や蒸しかげんで、お茶の味は全然変わります。お水や入れ方も重要・・。まだまだ修行中の私です。

投稿: tnonkimama | 2006年10月12日 (木) 14時38分

お茶のシフォンケーキ、おいしそう?昔、よくシフォンを焼いていた時は紅茶の葉っぱを使っていましたが、日本茶はどんな味なんでしょう、、、?日本人にはたまらない香りでしょうね〜。
それと、お茶の葉の天ぷらって、生の葉っぱでなくても作れるんですね!お茶の天ぷらを一度、食べてみたいと思いつつ、生の葉でないとだめなのかと思っていたので、茶摘みの時期に親戚のうちに行くしかないか〜(みんな静岡)なんて思ってたので、これは良いアイディアを教わりました!試してみます〜!
そうそう、おいしいお茶は、とろんとして甘いんですよね。あの味、なかなか巡り会えないのです!

投稿: がみ | 2006年10月11日 (水) 22時56分

<hamakenさんへ>
お久しぶりです。
私がhamakenさんに持つイメージは、それこそ食育の母です。よくhamakenさんと一緒に食材探しとか、実験的料理ができたらおもしろいだろうな・・・。と思いますよ。

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月11日 (水) 19時51分

<kanokanoさんへ>
本当にこのお茶綺麗でしょ。よーく見ると、本当に芸術だと思います。すごい手仕事だと思います。
お茶を入れてもらってるときは、ちょっとかしこまってしまいました。美味しかったです。

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月11日 (水) 19時48分

<tsumikaさんへ>
茶畑で、茶葉のかき揚げを食べたとき、茶葉だけで作ってましたか?私は、茶葉だけのかき揚げなんて、どれほどこの高価な茶葉を使うんだ!と思って三つ葉とエビでかさ上げをしてしまいましたが、この茶葉をくれた人は、是非茶葉だけで作って欲しかったそうです。
栗のミルク煮は、単純な味なので想像できると思いますよ。不二家のミルキーみたいな味です。

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月11日 (水) 19時45分

<かすみそうさんへ>
かすみそうさんの中で、私の母が相当印象が強いみたいですね。ちょうど、お茶をいただいているときに、私の携帯に母から電話が入って、「よそのうちに来てるから」って、言うのに話し始めて、とうとう、このお家の方に電話を代わってもらったんですよ。どうせ、「うちの娘がお世話になって・・・どうぞよろしくお願いしますね・・。」なんていつまでも子供みたいな事入ったのだと思います。ちっちゃくて、華奢なんですけど、かなりやっかいな母でございます。

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月11日 (水) 19時40分

<motoさんへ>
結婚記念日おめでとうございます。
私たちより2年先輩なんですね。
歳の近い夫婦って、そうなんですね。うちは離れているから、最近になってけんかも出来るようになり、遠慮もなくなって、やっと夫婦らしくなってきたのかもしれないと思うようになりました。それにしても、ご主人、ロマンチストですね。ちょっと羨ましい☆

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月11日 (水) 19時36分

<あずみさんへ>
さすが、あずみさんです。
ちょっと玉露の苦みというか、舌に残る感じが、細かくしきれてない茶葉があると感じましたので、生クリームを添えることにしました。
栗のミルク煮は、皮を剥いて、串が刺さる程度にゆでて、牛乳とお砂糖で煮詰めました。なかなかマイルドで良いと思います。

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月11日 (水) 19時33分

<grapefruitsさんへ>
ご実家はお茶どころ?どこなんだろう・・・って、日本地図を頭に浮かべていますが、きっと当たり前のように美味しいお茶を飲んで育ってこられたんでしょうね。
これからきちんとお茶入れようと思いました。
書き上げは、我ながら上手に出来ました☆

投稿: みるくじゃむ | 2006年10月11日 (水) 19時30分

おいしそうなお茶の葉のかき揚げですね。しかもすぐに実践クッキングで頭下がります。なんだか食卓が我が家と全然違ってます。息子も同じ年ですがパセリを育てるどころか食べ物だとは、思ってないかも。食育してないな~反省①
みるくじゃむさんのブログを読ませてもらって時々レシピを参考に頑張ってみるのですが、近頃は特にご飯らしい食事を作っていません。反省②・・・私も素敵な奥様を目指して今日から頑張ります。

投稿: hamaken | 2006年10月11日 (水) 12時41分

本当に味が良さそうな玉露ですね。
お茶の美味しいのを飲むと、それだけで幸せ気分になれますね。お手前を拝見できるのも楽しみですよね(^^)
美味しい玉露を食べるっていうのもいいですね。

投稿: kanokano | 2006年10月10日 (火) 14時32分

美味しい玉露を飲まれ、美味しい玉露を使った贅沢シフォンケーキで、お肌も心もほっこりですね♪
栗のミルク煮とは初めて見ました。どのようなお味なのでしょう?興味深いです。
茶葉の天ぷらって美味しいですよね☆以前、静岡の茶畑で頂きましたが、お茶は飲むだけではなく、食べる愉しみ方もあるということを知りました。
ご自宅で即実践され、尚且つ三つ葉とエビも一緒にかき揚げとは、さすがです!!鮮やかな緑とエビのピンクが食欲をそそられます。
みるくじゃむさんのご家庭も、十分素晴らしい『食育』をされていると私は思います。

投稿: tsumika | 2006年10月10日 (火) 10時55分

私の住む町から1時間の所に、玉露の生産高が日本一の星野村があります。ですから美味しいお茶が少し安く手に入ります。そういった環境なので、その日の気分で、緑茶を選んで呑んでます。玉露の口のなかで残るあの甘さは、独特のもので最高の贅沢な気分になれますね。
お招きして頂いた方の気持を大切になさってるのが、その日のお料理によーく感じられます。
「鰻代」お母様の気持がみるくじゃむさんの中でしっかり受け継がれているのが、拝見してて嬉しくなります。きっと、みるくじゃむさん2人の少年(青年?)の中に育っていることだと思います。パセリを育てていらっさいましたよね。

投稿: かすみそう | 2006年10月10日 (火) 10時53分

玉露いいな~!!
玉露は栽培方法がすご~く手が込んでいて、値段が張るのもしかたないなぁって思います。
一番茶は60度、二番は80度、三番は熱湯で味わうとそれぞれの美味しさを楽しめてよいそうですよ。
チョット口に含むとまろやかで美味しいですよね。普段は茶道具に凝らないですけど、高級茶を頂くときは、特別の器を用意したりしてね。
ところで、結婚記念日おめでとうゴザイマス。
私も同じように忘れていて、昨日夫に明日21年だよね。って言われてハッ!結婚記念日がいつも休みになるようにって祭日を選んだのに、体育の日は毎年変わってしまうようになり、ロマンチストの夫はガッカリしています。
子供が小さい時は、余裕がなくて(自分も若いし夫と年も近いので)意見の衝突がショッチュウでしたが、最近はとてもよい関係になってきた気がします。Mさんとご主人はどうですか?

投稿: moto | 2006年10月10日 (火) 09時56分

私も以前お茶のお店で美味しいお茶を淹れていただいたことあります。あのトロッとした甘味はなんとも言えないですね。
そんな贅沢なお茶の葉のシフォンですか?
ちょっぴり苦味などないのかしら?
ミルク煮の栗が気になります。

投稿: あずみ | 2006年10月10日 (火) 05時31分

みるくじゃむさんって素敵なお誘いが多いですね♪
きっとみるくじゃむさんが、素敵なお人柄だからなんでしょうね♪
美味しいお茶を飲めるなんて、何て幸せ♪
私の実家もお茶所・・・
お茶には結構うるさい私なの^^;
とっても綺麗なお茶の葉に感動♪
みるくじゃむさんの美味しそうなシィフォンにも感動♪
お茶の葉のかき揚げにはもっと感動!
こんな綺麗なかき揚げを私も頂きたいわ~(*^。^*)

投稿: grapefruits73 | 2006年10月 9日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/12213005

この記事へのトラックバック一覧です: 玉露:

« 10月4日で19年。 | トップページ | 秋の七草 »