« 関西弁 | トップページ | おひなさま »

そら豆と明太子

Dscn1807 ”そら豆のスパイシー炒め”
これは、絶対に作ってくださいね。
①そら豆を塩ゆでして皮を剥きます。
②たっぷりめのオリーブオイルで、生姜のすり下ろしと、我が家の常備食材であるニンニクの醤油漬けも超みじん切りを炒める。
③①と、冷凍室の食パン1枚をフードプロセッサーで粗いパン粉にしたものを加えて、パン粉がカリカリになるように炒めます。
④仕上げにクミンを振り入れて混ぜ合わせます。

Dscn1803 九州のおみやげにそら豆と明太子をいただきました。
そら豆のグリーンを見ると、
「いや~春だな~。」って思いますね。
プリプリしていて美味しそうです。
実は、私は、本当に貧乏性なんですが、「そら豆」というモノをなかなか購入できません。あまりに廃棄率が高くて、もったいないのです。美味しいのはわかっているのに・・・。
なので、このようなおみやげは、大歓迎です。

Dscn1800 それから、明太子。
でっかい、ツヤツヤ!
一本¥1,000-らしい。
これを切って食卓に出汁、お茶碗に一杯につき一切れ!と条件を付けました。だって、明日も食べたいし、もしかして、明日には、もっと違う食べ方が思い浮かぶかもしれないしね・・・。

今夜は、これに水餃子(冷凍)のスープ、もやしとたっぷりの白髪ネギ入りにしました。
「メチャクチャごはんがすすむ~!!!」
って大大大好評の夕食でした。

なんだかスパイシーな感じですよね。
今日は、休み明けの月曜日、仕事はいつものように忙しくて、疲れちゃったはずなのに、昨日図書館で借りた、古内東子さんの「ひとりの時間を楽しむ32の方法」という本を帰りの電車で読んだんです。吊革につかまって、20分くらいで斜めに読めてしまうライトな本ですが、ちょっとした生活のスパイスみたいな事がいっぱい書いてあって、今日、がんばりついでに、もういっちょ手抜きしないで頑張って美味しいモノを食べたくなりました。(・・・と言っても簡単です)
それで、冷蔵庫を開けると、優秀な食材があるし、使ってないスパイスっていっぱいあるでしょ。何か使えるものないかな~って目にとまったのが、「クミン」です。

そら豆の炒め物、絶対に作ってね!
パスタに絡めても良い感じです。
ベーコンとか菜の花を加えてもボリュームが出ますよ!
春の味をどうぞ・・・。

|

« 関西弁 | トップページ | おひなさま »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

*マオさんへ*
マオさんの春のメニュー食べたいな。
お料理する人って、いつも何か企てるような感覚があるんでしょうね。頭の中が楽しそう!ぐちゃぐちゃになったりするときもあるでしょうけど、たくさん喜んでもらえるようなお料理を作ってくださいね。

投稿: みるくじゃむ | 2007年3月12日 (月) 21時04分

今年の春のメニューは青柳と菜の花のマリネ・ふきのとうのソースの鰆な感じです☆爽やかな季節のイメージが・・お酒飲むときですか?色々考えるんですが、その時飲んでるお酒のことも多いです。どうゆう風にやネーミング、味とかです☆後は仕事の事や悩み事だったりしますね☆

投稿: マオ | 2007年3月 2日 (金) 19時00分

*アドさんへ*
よく目で食べて、香りを食べて、味を楽しむ・・・みたいなことを言いますよね。そら豆って、剥いたのを買おうとすると、メチャ高いような気がしますが、やっぱり大好きです。かき揚げとかにしても美味しいし、茹でただけでも、すっごく好きです。これからまたいろんな野菜が楽しめる季節ですね。

投稿: みるくじゃむ | 2007年2月27日 (火) 21時27分

*マオさんへ*
料理人マオさんの頭には、春のどんなお料理が浮かんでいるんだろう?
菜の花の綺麗で大人びた味が大好きです。美味しい春のお料理作ってください。
一人でお酒を楽しめたら充分ステキですよ!どんなことを考えながら飲んでるの?

投稿: みるくじゃむ | 2007年2月27日 (火) 21時24分

*雪乃さんへ*
お料理上手、しかも、野菜の使い方がお上手な、雪乃さんに「作ります」って行ってもらえると嬉しいです。
そら豆の皮はやはり捨てるしかないでしょうか・・・?

投稿: みるくじゃむ | 2007年2月27日 (火) 21時22分

*motoさんへ*
アッ、私がすっごい豆好きだって知ってるんですよね。
こんなにマメが好きなのに、納豆だけはだめなんですよね~。一人の時間ってなかなか今までなかったんですよね。子供が手から離れて、段々そういう時間が出来て、さて、どうしよう・・と思ったときに、いつもより掃除を綺麗にしようとか、いつもよりたくさん花を活けてみようとか、そんなことでも良いとおもいます。この本にも、だいたいそういうイメージの事が書いてあるんです。一人を楽しく過ごすのは、結構贅沢なことかもね。

投稿: みるくじゃむ | 2007年2月27日 (火) 21時20分

*tnonkimamaさんへ*
お買物に行くのも楽しい季節ですね。
スーパーの野菜売り場もそうですが、最近は、野菜を買いに、道の駅みたいなところへ行ったり、地元の野菜を集めたようなお店に行ったり、楽しんでいます。
そら豆は、きっと子供には面白い構造ですね。サヤの中はふわふわだし、お豆に皮があって、変な突起物も付いてるし、変な形しているし、顔なんか描いたら笑ってしまいそうです。tnonkimamaさんが息子さんとお野菜で遊んでたりする姿が思い浮かびますよ。

投稿: みるくじゃむ | 2007年2月27日 (火) 21時15分

*tsumikaさんへ*
綺麗な春色でしょ。
古内東子さんって、最近は、あんまり目にしなくなったけど、時々何かの折りに歌を聴くことがあります。たいしたことではないけど、ちょっとしたことで、生活とか考え方とか、全てがちょっとずつアップしそうな”メモ”っていう感じの本です。探してみてください。

投稿: みるくじゃむ | 2007年2月27日 (火) 21時09分

ソラマメの 緑
どうして こんなにきれいに 出るのでしょう。。
私ゆでるの下手で いつも やわらかくなってしまうんですよねぇ
だから 家族はあんまり食べない(^^ゞ
だいたい グリーンピース系が だめだから
でも これだったら 食べてくれそうだなぁ
食材の色って 大事ですね (^・^)

投稿: アド | 2007年2月23日 (金) 18時08分

お久しぶりです☆明太子大好きなんです!!ご飯何杯でも食べられちゃいます!!!!一人で楽しむ方法すごい知りたいですよ・・お酒飲むくらいしかないんで・・菜の花がたんまりあるんで是非チャレンジさせていただきます☆

投稿: マオ | 2007年2月22日 (木) 18時47分

作ります!
私もニンニクのしょうゆ漬け作ってるから、そら豆買って来たら出来る♪
そら豆って、ほんと捨てるところだらけよね^^
でも春!って感じがして、この季節になると食べたくなります。

投稿: 雪乃 | 2007年2月22日 (木) 18時19分

一人の時間を上手に楽しめると、一人前の大人って感じですね。家族や仲間に囲まれて賑やかな時間も楽しいですが。
私自身を考えてみると、沢山の人の中にずっといると疲れてしまうくせに、一人になってみると寂しい。もっと修行を積んで一人の時間を楽しめるようになりたいです。子離れ修行進行中の私です。
そら豆、お豆大好きでよくピーナッツを食べているMちゃんを思い出しましたよ。めちゃめちゃご飯が進むって家族に言われたら、嬉しいですね。Mちゃん家族は、お母さんを喜ばせる言葉をよく言ってくれますね。リトルハピネスな瞬間を大切に。

投稿: moto | 2007年2月22日 (木) 17時58分

「そら豆」きれいな緑ですね~。「春!」って感じがします。3才の息子は豆が苦手です。「種」って言って食べられないんです。でも剥くのは好きなんです。それから明太子・・。すご~い!千円って・・。条件がつくのもうなずけます。明太子の入った玉子焼きなんか、お酒にぴったりですよね。←おつまみしか浮かびません。(笑)今から夕飯のお買い物です。私も「春」を探してみます。

投稿: tnonkimama | 2007年2月22日 (木) 15時31分

目が覚めるほど色鮮やかなグリーンがきれいですね☆
先日の黄色に続き、ビタミンカラーですね。
“そらまめ、オリーブオイル、ニンニク醤油、クミン…”とレシピを読みながら味を想像しましたが、絶対おいしいですね!!
なんかスパイシーな物が食べたくなりました。。。

古内東子さんて歌手の方でしたよね?
「ひとりの時間を楽しむ32の方法」どんな方法なのか興味津々です。
私も図書館で探してみようと思います。

投稿: tsumika | 2007年2月20日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/13975968

この記事へのトラックバック一覧です: そら豆と明太子:

» 餃子の作り方。おいしい餃子の具材も紹介。 [NEXTIME]
餃子の作り方を数年前に友人の女の子に教えてもらいました。 餃子のおいしい作り方は、「具」と「焼き方」にあると思うわけですが、 家で作った餃子は、なんででしょうかね。売ってる餃子よりも絶対においしいんです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 05時44分

« 関西弁 | トップページ | おひなさま »