« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

夏サンダル

  Dscn2502 今日は、休暇を取りました。
済ませたい用事もあってお休みにしたのですが、家事がちゃんと出来て、スッキリしました。

この前の週末は、お祭りで、土日とも夜に雨は降りましたが、日中は、湿気はあるものの、カンカン照りでもない、ちょうど良い感じで、無事終わりました。
ホッ・・・。
その前々の週からずっと週末はお祭りに時間を使っていたので、家のこともいい加減で、今日は早朝からよく働きました~!

マスカラを付けない一日、ストッキングを履かない一日って、気持ちが良いですね。
いつもヒールのある靴で、満員電車で通勤するので窮屈な足の指を、今日はパッと広げるように意識して一日過ごしました。とっても健康的な気がします。

さて、この夏一緒に過ごすサンダル紹介。
Dscn2501_2
クロックスのメリージェーンです。本当は、ベージュ系かゴールドの色が欲しかったけど、サイズも合わせて探すとなかなかなくて、やっとあった22センチ(結構大きめの作りみたいです)は黒だけでした。

土踏まずの膨らみと、指の開放感がとっても履き心地良いです。

Dscn2499 コレもクロックス。ワニさんマークが可愛らしいです。履いてる感じがなくて気持ちよいですよ。
この夏、この”お家サンダル”で元気に過ごせそうです。

Dscn2505 もう夏休みなんですね。
我が家の浪人生は、毎日変わらず予備校通いだし、次男は、2期制の学校なので、8月はじめまで授業や補習で夏休みは”おあずけ”です。
それに、なんとなく、夏休みという気候ではないですよね。
”夏休み”と言えば、ギンギンギラギラ太陽に日が照りつけ、ひまわりが大きく咲き、プールバッグをもった小学生が朝から走っている感じがしますが、そうでもないし・・・。

子供の時、私はフルーツ寒天が大好きで、よく作ってもらってました。「昭和の冷菓」って感じで懐かしいでしょ。今日は、デザートに超基本的な「牛乳かん」を作りました。
うちわで扇ぎながら、どうぞ召し上がれ・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

トミカの献血車

Dscn2497 今日、私の勤務先は、「完全定時退社日」でした。
かといって仕事しなくて言い訳ではなく、頑張って出来るだけ定時に帰りましょうということです。

何とか区切りよく終わり、会社を出たのが5時10分頃。

駅の献血ルームに直行しました。受付から、献血の後休んで帰るまで、だいたい1時間くらいです。

ここの献血ルームは、リニューアルされたばかりで、その記念でもらったのが、このトミカの献血車ミニカーです。
”他では手に入らないオリジナルトミカ!超レアもの”と書いてありました。子供が小さいときから、ミニカーは私の方が収集したいくらい好きだったので、メチャメチャ嬉しいです。

切実な話・・・
慢性的に血液が足りていない上に、今、新潟県中越沖地震の発生に伴って、血液が大変不足しているそうです。首都圏からも輸血用血液の輸送をしなければならない状況です。
私の血液で少しでも役に立つなら・・ニュースで様子を見ると、そんな気持ちになります。

幸い、私の血液は、いつも「優秀な数値の血液」という評価です。
(ちょっと自慢)

献血ルームでは、飲み物やお菓子を用意されているし、ゆっくり出来ます。
いいおばちゃんが、若い子達みたいにお菓子をもぐもぐというのもちょっと恥ずかしいですが、コーヒーを2杯頂きました。献血をしている間も、リクライニングで、テレビを見て眠くなりそうになっているうちに終わります。

是非お奨めします。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

台風の休日

今回の台風で、多くの方や、住宅などに被害が出ている様子です。
心からお見舞い申し上げます。
特に九州、四国では随分ひどかったようですが、こちらに遊びに来てくださる方々のところは大丈夫でしょうか?ニュースを見ながら心配なばかりです。

私は、子供の頃、幼稚園から3年ほど、高知県の海のすぐそばで暮らしていましたが、台風が来る!というと、大人達が、ざわざわと動き出し、海を見に行ったり、窓に木材をバッテンに打ち付けたりする様子を見ていました。今のように、サッシがしっかりしてはいなかったんですね。地震が来た時も、同様に海を見に行っていました。それを見て、私は、子供心に”海には神様か、恐い鬼か何かいるんだろうか?”
また、大人達はすごいな~と思ったものです。

でも、最近は、本当にそうじゃないかと思うことがあります。
今年は、まだもうすぐ夏休みだと言っても、まだそれほど暑くはないように思いますが、この夏は、「酷暑」と言われますよね。「猛暑」ではなく「酷暑」です。
干ばつかと思えば、今回みたいに大きな雨台風が来て、極端に被害をもたらします。
きっと神様か、何かもっと地球より大きな違う世界の著名人か学者が警告を発しているのではないか、そのうちに
「ほら、だからあんなに考えろ!」ってメッセージを出していたじゃないか!って、本当に怒り出すような事が起こるんじゃないだろうか・・・。
ちょっと、感じたこと・・・。
やっぱり子供達には、たくさん自然を体験させること。自然のすごさ、怖さ偉大さを身をもって感じさせてあげること。
そうじゃないと、いくら環境問題を語っても、流行ものの「エコ」に過ぎないような気がします。

私の町では、来週末お祭りがあります。
それで、先週、広場にテントや櫓など設営の準備をしました。
この台風で、大丈夫かな~?などと言って、朝ご飯を食べようとしたときに、やはり、招集がかかりました。撤収です。
雨の中、カッパと長靴で出かけましたが、男の人たちが大まかなところを片づけて倉庫へ・・。ちょっと、子供の頃に見た台風の時の大人達を思い出しました。

あまりひどくならずに台風は逸れて行ったようですが、
朝から「念のため」で撤収して、おかげで今日一日、大丈夫かな、大丈夫かな・・って思わずに安心して過ごせました。
明日朝から、また設営に出かけます。

Dscn2485 ひと仕事終え、うちに帰り朝ご飯のやり直しです。
最近便利でよく使っている「モッチーニミックス」。粉に、卵と、水と、サラダ油を混ぜて丸め、オーブンで焼くだけで、もちもちしたポンデケージョが出来ます。
Dscn2486_1
パイナップルジャムでいただきま~す!

この粉、生協で買ったのですが、ピザ風とか、一風変わったたこ焼きとか、面白い使い方が出来ますよ。

Dscn2491
今日は、こんな天気だし、生地を買ったままだったので、
「今日はスカートを作ります!」
と宣言して始めました。
普段、ミシンを出すのが億劫で、またにしよう・・と思って今になってしまいました。早く作らないと、なんだかんだ言ってるうちに、夏が過ぎ、またお蔵入りの生地が増えてしまいます。

ヒップラインの下までプリーツを入れ、中縫いをしています。
プリーツが切れたところから下の広がりがキレイなので、上半身は、カーディガンの前を止めて着て、タイトにまとめるイメージです。
*ただ、イメージはありますが、元々タイトな上半身でないことは、自覚してます・・・。
なかなか気に入ってます。
生地がいくらか余ったので、ノースリーブのブラウスでも作ろうかな~と思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

胡麻豆腐おやつバージョン♪

Dscn2479 先日、法事の前日教えてもらった胡麻豆腐を作りたいと思っていました。
教えてもらった分量は、葛粉1:練り胡麻1:水7の分量でした。

今日は、これをおやつ風にしようと思って、分量を参考にごま豆腐より少し柔らかめに作りました。

<材料>
葛粉50g
水300cc
砂糖80g
白練り胡麻50g
牛乳200cc

①葛粉を100ccの水で溶かす。砂糖も加えてよく溶かす。
②別のボウルで練り胡麻を入れ、200ccの水を少しずつ加えてなめらかにする。
③②を鍋に入れて牛乳と、①を漉しながら加えて混ぜる。
④中火で鍋底からまぜ、粘りが出てき始めたら弱火で15分練り続ける。
⑤容器に流し冷蔵庫で固める。
⑥クコの実、カボチャを可愛く飾りました。
*容器は、水に濡らしておく。
*粘りが出てきても、しっかり15分くらい練り続ける。(ちょっと腕が疲れますが、がんばって!)
いただくときに、黒砂糖を溶かしたのをかけました。

先日、会社の「健康相談室ニュース」というのが、メール発信されていて、
”蓄積疲労(慢性疲労)はありませんか?”という内容でした。
確かに、梅雨だというのに、関東ではしっかりした雨も降らず、朝晩はわりと肌寒いのに、日中暑くなるし、会社ではクーラーで冷え切ってしまうし、なんとなく、週末に疲れがとれないまま、気を抜くと、いつもあくびが出ている状態だし・・・。
そんなとき、対策の一つとして、やはり食事です。
糖分を分解してエネルギーに変える働きがあり、疲労感、倦怠感を取り除く「ビタミンB1。・・・豚肉・鰻・玄米・ほうれん草・ごま・卵
しっかり摂取しましょう。おやつにも「ごま!」。
この「ごま豆腐のおやつ風」、美味しいです!!

Dscn2472 最近の息子のお気に入りです。
Loftの入り口近くに可愛いキャンディー売り場があって、ここで、グラム売りをしているらしいのです。
息子のお小遣いからすると、結構高価なキャンディーで、友達と、1ヶ月に1回にする約束をしているらしいです。テーブルの上に置いていると、段々少なくなってちょっとかわいそう・・・と言いながら、一つ、二つと、つい手が出てしまいます。

Dscn2455 マキアージュのアイシャドウです。今年の夏はこれにします。
いつもの乙女屋さん(会社から注文FAXすると届けてくれます。しかも少し安いんです)

早速トイレでお試ししました。私は、どうもお化粧が下手で、その上、地味な顔立ちなので、ベタ塗りになりがちです。
そこで、オシャレ上手な杉ちゃんが、どれどれ・・・って上手く付けてくれました。
ブルー系で、しかもCMは伊東美咲だし、そんなに派手にしないでね~って心配していたのですが、なかなか良いと思いました。
しかし、お化粧品というのは、永遠に女子のおもちゃですね。容器もかわいいし、チップを入れる引き出しが付いていて、ウキウキしました。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

”集う”ということ。

ゆう兄ちゃん(私の母方の叔父です)が亡くなって2年です。
この週末、3回忌で、親戚が集まりました。

法事は今日だったのですが、昨日、叔父と叔母が四国から、私の父が姫路から来て、ゆう兄ちゃんの義理のお姉さんにあたる方の家に集まりました。

2年前にゆう兄ちゃんが亡くなったとき、初めてお会いしたのですが、もう瞬間にステキだなと思う感じの方で、「一緒にご飯でも食べましょう。」と誘って頂いたのは、とても嬉しくて、楽しみにしていました。
Dscn2460 それに、いとこ達(ゆう兄ちゃんの娘達です)ともお話が出来るし、父とも暫くあっていなかったので、私は喜んで出かけました。

ご主人が入院されているので、忙しかったり、お仕事もされている中で、食事を用意してくださり、みんなで、にぎやかにいただきました。
Dscn2459 手作り胡麻豆腐。レシピを教えてもらったので、また作ってみようと思います。とてもあっさりしているけど、舌触りが良くて良いお味でした。
Dscn2458 ゆう兄ちゃんの奥さんが作ったササミと長ネギのサラダ。胡麻油とお塩だけなのに、こんなに美味しい~!

Dscn2463 お姉さんが作ってくれていた煮物。それほど濃くないけど、しっかり染みていて、とても美味しかったです。

いとこ達がビデオを持ってきて、ゆう兄ちゃんが若かった頃からの家族の楽しい様子を見て、いろんな話を聞かせてくれました。ちょうど昨日の夜9時からテレビで放映された2時間ドラマは、偶然ですが、生前にゆう兄ちゃんが、選曲した番組で、神様も、粋な事をするなって思いました。

元々、私もですが、ゆう兄ちゃんは、愛媛生まれで、奥さんは、新潟の人。それぞれの兄弟や、姪っ子達がこうして集い、いろんな話をして食事をして・・・。不思議だけど、なんてありがたい出会いなんだろうと思いました。

今日は、高円寺のお寺さんで、法要です。
とっても、気さくで、面白い住職さんで、
「座席に置いているお経の本の2章と3章をご一緒に、でも、大きな声で読むと、リズムが狂って間違えてしまうので、皆さんは、小さな声でお願いします。」という前置きがありました。一緒に声を出すと、引き込まれるような気がして、この声が届くように・・・と祈る気持ちになります。自分の心も落ち着いてくるのが不思議でした。
その後、お墓にお参りをしました。
ずっと仲良く過ごしてきたご友人の方が、お墓に水をかけてくださいます。
叔母さんは、「わ~、ゆうちゃん、涼しそうね。」
そして、お墓の隣が、小学校なので、
「ゆうちゃん、野球が好きだったから、ここだとグランドから声がして良いわね。」
って。
そういっているのを聞くと、なんだか、やっぱり泣けてきました。
丸2年経っても、正直なところ、みんなゆう兄ちゃんのことを忘れられずにいます。
きっと一周忌、3回忌、7回、13回と・・・そうして段々とその寂しさに折り合いをつけて行くのかも知れません。
私は、小さい頃、高校生だったゆう兄ちゃんと一緒に住んでいて、とてもよく遊んでもらっていたので、そのころのアルバムを今日持っていって、皆さんにも見て頂きました。
こんなにみんなの心に残る優しくて暖かい人だったんだと改めて思いました。
亡くなった後まで、こうして私に新しい出会いや、集う場所を与えてくれています。
食事をしながら、それぞれの思い出や、今の話をしながら、その風景をゆう兄ちゃんの写真が笑ってみんなを見ているようでした。

ここに集まる人たちは、いろんなところで生まれ育って、いろんな想いで生きてきたと思うけど、ゆう兄ちゃんを通じて、今はみんながきっと同じ思いでここにいるんだろうと、そう思ったときに、”集う”って、こういう事なのだろうと、暖かい気持ちになった気がしました。
この週末会えた方々に、ありがとうございました。
出会いをくれたゆう兄ちゃんにもありがとう。

おみやげ・・・
Dscn2467 愛媛の叔母さんがおみやげにくれたお菓子。
古い歴史を刻む紙の町。綺麗な和紙に抱かれた白くて儚げな焼き菓子です。Dscn2468

Dscn2470 法事のために用意してくださったおみやげのお菓子。
山形・天童の”玄米おやつ工房mama’s”というところのものだそうです。
お米をここで頼んでいるそうで、ゆう兄ちゃんが亡くなって食べ手が少なくなったことを知らせたときに、とても良くして頂いたとか・・・。

気持ちのこもったこの2日間。
亡くなったゆう兄ちゃんや、残された家族から、まだまだいろんな事を教えてもらってるような気がしています。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »