« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

大人の修学旅行

Dscn3528 ↑横浜の町並みの中で、今は薔薇がいろんなところできれいに咲いていました。

”大人の修学旅行”
これは、福山雅治のファンクラブ会報に前回彼がページを作っていた企画で、横浜の観光スポットの王道?を廻ったものです。
一日くもりの予報だったのが、きれいに晴れて、少し汗ばむくらいでしたが、とっても気持ちよくお散歩をしてきました。

大変ばかばかしいお話ですが、彼が、その会報誌中で何枚か写真を残しており、同じ場所で、同じ写真を撮って歩きました。
最近自分たちの写真をとることが少なかった主婦3人。もう年齢を隠すことはできませんが、なかなか面白い写真が撮れました。

Dscn3506 まずは、”三渓園”。生糸貿易で財をなした実業家、原三渓の元邸宅です。
Dscn3485_2 <原家の旧宅・・横山大観などの好悪流のあった多くの文化人が出入りした場所とのこと。現在は、ちょっとしたパーティーとか、クラス会などにも使わせていただけるようです>
重要文化財や、全国から集めた古い建築物、四季折々を楽しめる植物が、巧みに配置された素晴らしい庭園でした。ガイドボランティアの方が声をかけてくださり、丁寧に説明をしながら一緒に回ってくださったので、ずいぶんと有意義に見て回ることができました。由来とか、建物の集へ知識とか、植物のこと・・興味深いお話でした。

Dscn3487 ♪卯の花のにおう垣根にホトトギスはや起き鳴き手~早も来鳴きて♪
この花が、”卯の花(うつぎ)”です。
ものを知らない私は、ガイドの方に、
「歌には”におう”とありますけど、香りがしないです。」って恥ずかしいことを言ってしまい、”におう”とは、”その場にふさわしい、その場に馴染む”という意味だそうで、赤面してしまいました。
この歌、母もよく歌ってたな~って。何故その時に教えてくれなかったんだろう!

Dscn3493 <臨春閣>徳川頼宣が、和歌山紀ノ川沿いに立てた数寄屋風別荘建築。ここで夏を過ごせば、本当に気持ちがいいだろうな~という吹き抜ける風が涼しく感じました。襖絵や障子にも工夫がされていて、シンプルでありながら納得感を得られたのは、ガイドさんの説明を聞けたおかげです。

全景はこんな風です。 Dscn3497

Dscn3507

実は、一番気に入って写真は、これなんです。豊臣秀吉が愛したものとのこと。

Dscn3509 ガイドさんお奨めの”聴秋閣”。また紅葉の季節は最高だと思います。水の流れる音もまた風景の一つです。
Dscn3513
勢いを感じます。

Dscn3518
<海岸門(裏門)>門の瓦に付いている桃の形は、おめでたい象徴。

Dscn3520 そろそろお腹が空きました。
園内にある”待春軒”
Dscn3521 こちらでいただいたのは、”三渓そば”。そばといっても、冷や麦みたいな感じの面を一旦炒めて、その上に、冷やし中華みたいに具を乗せているもので、付け汁などもありませんが、かなり丹念に具を煮込んでいるらしく不思議な味でしたが、美味しかったです。先日みのさんも来られて撮影したとか。

Dscn3491_2 ”さくらさくら”アイス。ほんのり桜の香るアイスと白玉、あずきの最中です。最中の皮も何か違う、美味しい!

あまりに気持ちの良い時間で、予定外にゆっくりしてしまいました。
私達も、こういったところで楽しく過ごせるようになったのね。

ガイドさんにも感謝です。

Dscn3524
午後は、ロマンチック山手・・・港の見える丘公園。港町だな~。ちょうど薔薇がきれいな季節です。
~外人墓地。

Dscn3535 北原照久さんの”TOYS CLUB”
懐かしいブリキのおもちゃとかいっぱい。

Dscn3529
お客さんが絶えないのに、さすが人気店のわんちゃん、すっかりリラックスして、ドッカンと寝ていました。
Dscn3537 山手十番感。

Dscn3538 可愛らしい公衆電話。

Dscn3539 <ベーリックホール>気持ちのいい広い前庭が気持ちいいです。ラベンダーや、ローズマリーの香りも清々しく感じます。

Dscn3546
やっぱりケーキは必須!!
今日はたくさん歩きました。
ホッと一息。

Dscn3554 おみやげ(本日の夕食)は、シュウマイと、子豚まん。金華ハムの豪華シュウマイです。

Dscn3555 それから、可愛いパンダの箸置きです。
中国には、今、いろいろと心配な事がありますが、パンダの表情はとっても可愛いです。

Dscn3550 のんびりしていたら、帰りがちょっと遅くなってしまって、慌てて夕食の準備。
おみやげに買ってきたシュウマイと豚まんの他にサラダとか作ろうと思って、カニフレークを手にした、その時・・・・
本物のカニが届きました。北海道土産。

Dscn3559アレ~ッ!
豪華な食卓になってしまいました。

なんてHAPPYな一日☆

明日からまたガンバルゾ~happy01

| | コメント (3) | トラックバック (1)

そろそろ夏になるのかしら?

Dscn3480 この週末は、天気予報が当たったような当たらなかったような不安定でした。
今日は、ずっと雨かと思ったら、お昼前からは陽が差したりして、また一瞬雨かと思ったらそのあと蒸し暑くて・・・。

と言いながら、午後お風呂屋さんに行って湯だって来ましたが。露天に吹く風も、やっぱり寒いときの方が心地いいですね。

何かこのムワッとした感じ、ア~夏が来る・・・。
お日さまは好きだけど、蒸し暑いのはやっぱり嫌いです。

そんなとき、食べたくなるのは、さっぱりしたもの。
みんな照り焼き味は好きだけど、気候によってちょっと内容が変わります。
今日の鶏のつくねは、挽肉500g が”つなぎ”になるくらいにタマネギとレンコンと青ネギでシャキッとした食感を大事にしました。七味でもいいし、山椒でもいいからピリッとさせて、そして、サンチェに巻いていただきます。
明日のお弁当の分がかろうじて残りました。
カボチャも、濃いめの味にして、これでもか!くらいに胡麻をまぶします。
たかがお総菜、されどお総菜・・・
家族の健康のため、食が進むようにいろいろやってみましょう。

Dvc00074
昨日は、バーベキューをしました。
予報の雨は夜からにずれて良かったです。
食材がすごかったのだけど、写真は携帯で一枚だけ。もったいなかったな~。
ホタテに垂らすお酒は、なんと!「久保田」です。
市場で仕入れたホタテ・サザエ・カキ・エビ・・・。
エビちゃんもプリプリで、しっぽを持って口を大きく開けて上向いてパクッと。なんと贅沢な!!
ちゃんちゃん焼きは、最高!
豚汁も美味しかった~。
材料の野菜も朝採ったものをいただいてきたジャガイモ・人参。
ちゃんちゃん焼きの人参が、先にグラッセでもしているんじゃないかと思うくらいに甘くて大満足でした。
もちろんお肉も。それから欠かせない焼きそば。
デザートは、あま~いグレープフルーツ・熟れ熟れのメロン・アメリカンチェリーをたらふくいただきました。

バーベキュー大好きlovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぼけぼけの写真ですが。。。

Dvc00073 ブログに載せるにはあまりにぼけボケの写真ですが、美味しい物は記録しなきゃ!
ちょっと小さめにアップしました。

最近、お昼休みもちゃんと取れることが少なかったのですが、今日、
「Mちゃんお弁当持ってきた?」
って聞かれて、実は今日はしっかり一人前のお弁当をちゃんと持っていってたので、
「持って来ちゃった、また誘ってね。」
と言ったものの、とりあえずキリは付きそうだし、
「やっぱり一緒に行く!」って、持っていったお弁当をそのまま会社の冷蔵庫に入れました。(夜食べられそうだから・・・)
久しぶりに、”とんがらし”へ。
一番若い子が、走って場所取りに行ってくれて、ゆっくり私が着いたときには、オーダー済みです。
見ておわかりのように、ビビンバです。
これ、美味しいよ~!
ご飯を具の中に入れ、おみそ汁を少し足して、混ぜ混ぜしていただきます。
ご飯の量は、見ての通りそれほど多くないですが、すごく”食べた感”があるんです。
普通なら13時以降にサービスされるコーヒーが、今日は手が空いているから・・と出して下さいました。ラッキー!!
こんなにお腹いっぱいになって、午後あれ?一時睡魔が。。。

Dvc00072 今日は、長野の関連先からお客様で、打合せがありました。
おみやげのこのお菓子。
”信濃路うさぎや”さんの焼き菓子です。
3時のおやつにいただきました。
フィナンシェみたいな感じで、パクッとふたを開けてみると中には香ばしいくるみ。こうしていただく物かどうかは不明ですが、ほんのりレモン味も良くて美味しかったです。

家の職場、結構女ばっかりなので、おみやげ物の内外様々もらうことが多くて、考えてみたらまとめてコーナーを作ってもいいかも。

こんなに美味しい思いをしたのは、もしかして、その後の仕事のために神様が下さった栄養なのか?
定時17時前に舞い込んだお仕事で、そのあと1時間半必死で働く事になってしまいました。
あちらこちら調整して、自分なりに気遣って・・
だけど・・・。

*考えたこと*
時々、ガ~ンと意見されたり怒られたりすると、自分の不甲斐なさに情けなくなることもあるのですが、今日の場合は、それによってあまり落ち込むこともなく、元気に帰れたのは、このパワーのおかげかな?
何故落ち込むか・・・?
自分にどこか抜け目があった時。
今日相手から怒られたけど、自分には、その理由があったし、それで良かったと判断できたから、全く落ち込むことはありません。
でも、そういう考え方もあるな・・・って、少し反省点はあったから、今度から気を付けよう。

*今日職場でよく出た言葉*
暑い!
私の斜向かいの女の子が、暑がりで、いつも暑い暑いと言ってます。今日はマジで暑いから、出勤して絶対に一番に言うだろうな・・と思って、朝歩きながら先ず目標は、
彼女より先に「暑い」と言ってやろう!
そして大成功!
くだらないけど、こんな事が、仕事場での結構目覚ましになります)
”手鼻・鼻水・鼻血・・そのたぐいのこと”
気候が変化しやすくて、みんなちょっとどこか体調不良気味なのかもね。

*最後の失敗*
今日食べられなかったお昼のお弁当を、冷蔵庫に忘れたまま退社。
あ~と気付いたのは、幸か不幸か駅の改札。週末だし、仕方なく会社に戻り、この道のりのやたら遠く感じることと言ったら・・・
泣きそうになった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瓦そば

Dscn3470 これはお奨めです。
山口県の郷土料理”瓦そば”。
職場で隣のお嬢さんが、新婚ホヤホヤなんですが、旦那様が、山口県の方で、家にお友達を招待したときに、みんなで作って食べたという話を聞いて、早速作ってみました。

山口県の郷土料理って、今まで聞いたことが無かったけど、本来は、瓦の上で作る物らしいです。

茹でた茶そばを、少々の油で炒め、その上に、牛肉のしぐれ煮、錦糸卵、刻みのり、分葱を乗せて、お蕎麦が少し焦げるくらいに焼きます。
付け汁は、めんつゆに、紅葉おろし、レモン汁を入れます。

すっごいお奨めです。是非!!!

いや~、しかし新婚さんはいいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママ達の温泉同窓会

Dscn3461 この週末、福島に行って来ました。
子供達が、2歳半と6ヶ月の小さい頃転勤で2年住んでいたのですが、その時に一緒によく遊んでいたママ達3人で、温泉にゆっくり行くことになったのです。一人は、ずっと福島に住んでいて、車を出してくれました。
福島を離れて、15年。
懐かしかったな~。新幹線で行けばすぐなのですが、車窓から福島が近くなって、安達太良連峰が見えてきて、あの辺り、この辺り・・なんだか少しずつ15年が蘇ってくるようでした。

Dscn3425 一人は、仙台から少し遅れて到着予定なので、それまで美味しいお蕎麦やさんに連れて行ってもらいました。
福島盆地の中央に位置する自然豊かな信夫山(御山)の麓にあります。
この辺が、柚子北限になるらしいです。
いろり端でお蕎麦の定食をいただきました。地元で採れる山菜や、「笙幻」と名付けられたお蕎麦は、格別でした。この名前は、雅楽に使われる楽器「笙」のイメージで付けられたとか。「笙」の音色は「天から差す光」と表現されるように、一筋キリッとした歯ごたえ感がありました。

以前私が住んでいた家や、子供達がいつも遊んだ公園、スイミングスクールや、音楽教室なんかもそのままだったのですが、やはり、阿武隈川に橋が架かり、道路が整備されて年月を感じました。

Dscn3427 それから、もう一人を駅に迎えに行って、向かったのは、高湯温泉。特に予定も立てず、のんびり過ごす2日間です。
お天気が良くて、最高です。
福島市街より、ちょっと走ると、桃、なし、リンゴ、さくらんぼ、ブドウ・・フルーツの畑が広がります。
安達太良連峰には雪が残って、その麓を埋める緑は、今や冬が嘘のように饗宴のように輝いています。緑一色ではなく、風になびく緑、陽に重なり影絵を作る緑、木漏れ日にキラキラする緑、にわかに降った雨にしっとりした風情・・・。新鮮な力をいっぱいに感じました。
登っていくうちに、硫黄の香り。
訪れたのは、「安達屋」さん。
Dscn3444 外観は、歴史を感じる旅館なんですが、迎えてくださる方々は、とても丁寧で、感じよく、内装は、少しロマンを感じる作りになっていました。

Dscn3430 夕食までに、お部屋でおしゃべりをして、少し時間があったので、露天風呂に早速入りました。
そして、夕食は、囲炉裏で。
丁寧な一品一品の作りで、味と併せて楽しませていただきました。
Dscn3434 これ何かな?
っていうものは、宿の方に聞きながら、色んな味を楽しんだのですが、どれも季節感やその場にふさわしく美味しくいただきました。
私は、生ものがダメなんですが、お造りは”ナマズ”だったらしく、とっても美味しかったそうです。
Dscn3435 「もうダメ~!お腹パンパンダァ~!!」
と言いながら、場所を移動して、桜のシャーベットと珈琲をいただきました。

さあ、大浴場へ!
乳白色のお湯がとても効きそうなイメージです。
18時から21時までは、露天風呂の奥の混浴部分が女性専用となります。
浅めのお湯で、広いんです。
打たせ湯、洞窟湯、夜空を見ながら、ちょっと冷たい風を感じながら良いお湯でした。
3人で、寝湯に転がって、暫く話をしたりして・・。
本当にゆっくり過ごす夜になりました。

Dscn3437 そして朝、露天風呂への道。小さな野草が可愛らしいです。

いいDscn3440でしょ~。
この露天は、写真も大丈夫みたいなので、一枚撮らせていただきました。まだ、山桜が咲いて居るんですね。朝のお湯は、湯煙の中で水面がキラキラして、眩しいくらいでした。

Dscn3443  朝のバイキング。ゆったりした雰囲気です。お食事も美味しかったな~。
またまたお腹いっぱい。

結局、そのあとまたまた大露天風呂に入り、チェックアウトの11時までぎりぎり浴衣のままゴロゴロ・・・・。

「お世話になりました。」

Dscn3448 「四季の里」
あの頃はなかった自然公園です。とてもきれいな公園で、水や、植物、工芸なども楽しむことが出来ます。
Dscn3454 そして・・・これ。
選んだのは、
ラ・フランスと、ラムレーズンのジェラート。
ジェラートの向こうは、雪が残る安達太良連峰です。
もう少し早い時期だと、「雪ウサギ」といって、ウサギの形に雪が残るんです。

Dscn3455そして、「アンナガーデン」。教会でちょうど結婚式が行われていました。レストランとか、カフェ、ベーカリーとか、雑貨のお店が並んでいます。
Dscn3456 木立の中、いいお散歩が出来ました。

Dscn3459 「また食べてるの?」
って感じですが、お昼は、ここ。
「ゆず沢の茶屋」

Dscn3461_2お店のそばを流れる沢葉、よく見て歩くと、山野草の宝庫です。
Dscn3464 ここでいただいたのは、これ。
柚子味噌の焼きおにぎり、煮物、豚汁、寄席豆腐。
これでもまたお腹いっぱい。
煮物も一つ一つよく味が染みこんでいて、柚子味噌のおにぎりも最高でした。

Dscn3465 そんなこんなで、あっという間の
2日間。
おみやげは、ままどおる、仙台の牛タンかまぼこ、緑のは、「こしあぶら」と言う山菜です。お料理に出ているのが気に入って、JAで買ってきました。夜家に帰って、天ぷらにしたのですが、美味しかったな~。塩ゆでにして、刻んでご飯に入れても美味しいそうです。

15年ぶりに、3人でのんびり過ごして、

それぞれの長男は、揃って今年20歳になります。
「こうしてゆっくり”ママ達の同窓会”が出来るのも、子供達がちゃんと大きくなってくれたからだよね。それぞれが、それぞれ違う子供達なんだけど、みんなちゃんと育ってるよ!」
そんな話をして別れました。
良い時間が過ごせたなって思います。
また、会おうよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日のカレーライス

Dscn3422_2 テレビコマーシャルで、
”母の日のカレーライス!!”
って始まったのはいつ頃からだったんでしょう。

今朝、息子が、
「今晩、決まってる?」
と言うので、
「まだ決めてないけど・・。」
「じゃあカレーは?」
「どうして?」
「母の日だから・・・。」

あっそうか・・今日は母の日。

夕方から、息子が途中で何回か聞きながら作ってくれました。
ごはんは、懐かしい感じがするアーモンドの型で盛っています。
タマネギをたっぷり、しっかり炒めたせいでしょうか、すごく甘みがあって美味しく出来上がっていて、それなら、今度からカレーは息子に作ってもらおうかな・・。
なんて思うくらいでした。

Dscn3418 それからサラダ。
レタスと、ブロッコリーと、甘いトマト、ドライビーンズ、ツナは、マヨネーズと黒コショウで和えています。
たっぷりいただきました。

ちょっと話ははずれて、戦時中の事を書いた本のほんの一節ですが、兄弟とその下にまだお乳を飲む妹がいて、さつまいもをみんなで分けて食べたそうです。
長男は、少しずつ味わい大事に食べたそうで、次男は、食欲のまま一気に食べて、そのあと、お母さんのさつまいもまでほしがったそうです。お母さんは次男に自分の分を分け与えたのですが、それを見た長男は、妹におっぱいを飲ましてあげなきゃいけないんだからと、自分のを少しお母さんにあげたそうです。うれしくてお母さんは涙していると、次男は、お母さんが泣いている・・って心配そうに見ていた・・
お母さんは、長男の優しさと、次男のあどけなさに感謝した。

なんだか、わかるな~って、ジ~ンとするお話です。
”母の日”は、母親に感謝する日、
そして、子供の存在に感謝する日でもあります。

ところで、ベランダ菜園育ってます。
Dscn3409
春休みに、葉っぱをすっかり食べられたブロッコリーが、何とか生き延び、収穫の兆しが見えてきました。

Dscn3410 ネギ坊主。必要分を抜いて使っています。ネギ坊主にまだ皮が一枚かかっている頃にてんぷらにすると、美味しい。

Dscn3411真っ赤なトマトがたわわに実ってくれるのが楽しみ~。

Dscn3414 ローズゼラニュームのピンクの花と、葉っぱの爽やかな香りが好きです。後ろは、カモミールと、ラディッシュ。

Dscn3415  今ちょっと流行りらしい・・。
春休みに買ったこの本。
我が家は、主人と長男が該当者です。
自己チェックシートみたいな作りになっています。B 型人間が、自己分析するような、または自分紹介するような形式ですが、家族や知人に該当の血液型がいると、当てはめてみるのも面白いです。
本来腹の立つところが、見逃せたり、しかし、やっぱり余計に気に入らないんだよ!って言うところもあるかもしれませんが、きっと、B型の本だから面白いんでしょうね。
*B型の方、すみません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

きっと忘れない

Dvc00071 ZARD坂井泉水展
~What a beautifle memory~


西部池袋本店イルムス館2階の
ギャラリーで、
4/29~5/6(火・祝)開催されています。

今日、定時に仕事が終わったら帰りに行ってみようと思っていました。ヤッタ!終わった!!

会場に入ると、いきなりの彼女の歌声にドキッとしました。
エントランスには、数々の写真が展示されており、どの写真を見ても、彼女の口元がなにか呟いているような・・今にも歌い出しそうな感じがしました。

片隅には、カラーの花が飾られています。くもり無く白くて、まっすぐなカラーの花が、清々しく凛とした彼女にピッタリです。

その奥、彼女の残した自筆の歌詞を含め、映像と音楽がテレビモニターで流されます。
金曜日の夜ということもあったのかもしれませんが、
仕事帰りのスーツの男性、同じ年頃の方(アラウンド40)が多かったでしょうか・・

流れる映像の前で静かにじっと見ている彼らの姿が、ある意味坂井泉水さんが残してきた物なんだろうと思いました。
優しい声や、微笑み、飾らない前向きな言葉は、人の心を引きつけ、優しく、強くさせてくれるものです。

彼女の書き残した歌詞を文字を辿って読んでいると、
なんだか彼女は、自分に
”強くなれ、強くなれ、弱い自分は嫌い”
というようなことを言い聞かせているように思いました。
静かで、いつも無造作に髪をまとめて結んでいる姿が、印象的でしたが、
すごく頑張りやさんで、黙々と前を見つめてただ、グランドでローラーを引いているような、体育会系な人だったんだろうな・・・。
展示されているアルマーニのスーツや、DKNYのTシャツなんかも想像以上に小さくて、どこからあんなパワーを放っていたんだろうと改めて感心しました。

整理券をもらって、追悼ライブや、数少ないテレビの映像など大型スクリーンで見ました。生きていれば、もっともっとステキな言葉や、元気をもらうことが出来たはずだろうに・・・。彼女自身、最後はどんな気持ちでこの世を去ったのか考えると、少し潤んでくる物がありました。

昨年5月27日に、彼女が亡くなってからもう1年近くになります。
やっぱり今でも居るようで、彼女の歌声は、輝き続けると実感しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »