« 秋の高尾山へ | トップページ | 孝子さんの日本画展覧会 »

朝読書継続中

Dscn4178 今、読んでいるのはこの本。
「聖女の救済」東野圭吾です。
息子が貸してくれた本です。
まだ読み終えていないのですが、
息子曰く、
「聖女って、最後に解る・・・。」としみじみと・・・。

先日ちょっとお話ししましたが、最近、「朝読書」を始めました。小学生みたいですね。

普段読みたい本はあるのですが、夜だとテレビを見ていてもうたた寝ばっかりなのに、お布団に入ってから本を読むなんて、きっと3分で爆睡に入ってしまいます。無理!

それで先日から、ちょっとした気分転換も考えて、仕事に入る前、(その日の仕事に余裕の無い時は除いて)30分から1時間くらい、会社の下の階の珈琲屋さんで¥200-のアメリカンコーヒーを買い、朝読書をすることにしました。音楽もリラックスできる良い感じです。

これが、結構はまってしまいます。
続きを読む時間がもっと少し欲しい~と思いながら、適当なところで切り上げてエレベーターに乗り仕事に向かうのですが、なんだか気分良くスッキリとする習慣になってきました。

私は普段、バッグと別にお弁当とか、資料が入っていたり、本を入れたりするバッグを持つのですが、これを持ったまま電車で本を開くのは大変腕が疲れます。電車を降りる頃には二の腕あたりがカキ~ンとなっています。
吊革のあるところ(網棚の前)は朝の通勤電車はもう入れる場所がないので頑張りますが、今日、帰りの電車ではいくらか余裕があって網棚の前に行ったら、網棚がいっぱい・・・。
本を手に持って、そのがっかりな私の様子を感じ取ったのか、隣で本を開いていた私より少々年上の男性でしょうか?
「置きますか?」って、前に座っている男性にもちょっと目で断って、その方のカバンを立て直して場所を空けてくれました。
電車で本を読む人は多いけど、みんな荷物を持ったままでは腕がしんどいんですよね。ちょっとした心遣いを満員電車や雑踏の中で感じるのは久しぶりだったような気がして、ホッとしました。だって、最近やたらド~ンと人を押しのけたり、心ない行動をまるで普通のような顔してする光景が多すぎるように感じていましたから・・・。

週末金曜日、一週間が終わりました。
ホントにちょっとのことなのに、気持ちって変わります。
明日は、楽しみな約束があります。
あっ、もう今日だ!
おやすみなさい。

|

« 秋の高尾山へ | トップページ | 孝子さんの日本画展覧会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/43116903

この記事へのトラックバック一覧です: 朝読書継続中:

« 秋の高尾山へ | トップページ | 孝子さんの日本画展覧会 »