« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

季節に寄り添い暮らす

005 子供のころ、おばあちゃんが、みかん箱いっぱいに干し芋と干し柿を送ってくれるのが毎年のこの季節の楽しみでした。
先日の干し柿は、このごろちょっと夜ゆっくりしたときにお茶と一緒に食べられるようにできました。

今日は、いいお天気にも誘われて、干し芋を作ってみました。
007 丸ごとの”紅さつま”を1時間くらい蒸して、皮をむきスライスして干し網に乗せ、1週間くらいでできるでしょうか?
すでに工程の中で、蒸しあがったホクホクのお芋をいただいたことは言うまでもありません。
楽しみです。

空の青色がぐんと深く、空気はくっきりと引き締まっています。そんな中で甘さと栄養を増し保存食となります。昔の人の”営み”を感じます。
季節と寄り添って暮らす・・・
そんな緩やかな日々に感謝。

今年もあともう少し。
最後の週末は、何かあわただしいですね、
朝、ばたばたし始めたところで、お友達から電話があり、
「お茶しない?」
って・・・。
「主婦が年末に朝からお茶飲んでていい?」
「厄除けのお団子(静岡のお土産)があるんだけど・・・?」

はじめから決まっているのだけど、ちょっとだけ、ってことで出かけました。
「制限時間30分よ!」
って、結局1時間あっという間に過ぎてしまって・・・。

夕方、ご近所にお邪魔したときに、
白菜、大根、水菜、ほうれん草、小松菜をたくさんいただきました。
明日は、切り干し大根と、白菜をちょっと干して夜は、お鍋にして、お漬物も漬けておこうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チュロス

010 今日で5連休も終わりです。
おかげさまでかなり充実した休暇をいただきました。
さらに今日は、朝からお天気お姉さんが、「主婦日和」なんて言うから、がんばっちゃいました。

あ~明日からまたまたお仕事もがんばらないと!
休暇中、みんなに迷惑をかけたことなどなかったかな・・・
と、ちょっと心配です。

次男が、試験で早く帰ってくるので、おやつを作りました。
手の込んだおやつは、気合と準備が必要だけど、チュロスならすぐにできちゃいます。

<材料>
牛乳     100ml
無縁バター 15g
塩      少々
薄力粉   60g(振るっておく)
卵      1個
シナモンシュガー

<作り方>
1.なべに牛乳、バター、塩を入れて沸騰させ、火を止めます。
2.一気に薄力粉を入れて、手早く混ぜます。
3.溶き卵の半量を入れて、手早く混ぜ、残りを加えて手早く混ぜます。
4.搾り出し袋に星型の口を付けて、160℃くらいの揚げ油に直接絞り出して、きつね色に揚げます。
5.油を切り、シナモンシュガーをまぶします。

手順の中に、何度も「手早く・・」と出てくるように、とにかくあっという間にパパッとできちゃいます。
サクサク香ばしくて美味しいです。

今日は、丸とか、U字とか小さめに、ちょっとつまめるように作りましたが、ディズニーランドみたいに長く棒状に作ってもいいし、ミスドみたいに大きくU字でも良いし、いろいろ気分しだいで良いです。

エアロビに行っても、あわせる曲がクリスマスソングになっていて、ちょっとかわいいお店に入ると、ついつい手が出てしまいそうなオーナメントがいっぱい。
年々、年中行事に疎くなっていますが、ちょっとそういうことに気を向けるゆとりの時間が良いですね。

おまけ・・・
Dscn4259 1.この連休中、大変お世話になった肌着たち
  無印良品の綿素材のものは、ゆったり気分にぴったりです。
  (少し小さめ画像で・・)

2.Dscn4270 爪楊枝ほどの棒に少し固めの軟い研磨素材のついたもの。
 家の中の気になったところを、これで気軽にチョコチョコ掃除しました。癖になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界遺産・日光へ

018 ”見ざる・言わざる・聞かざる”
あまりにも有名な、日光の人気者。
何百年たっても、無邪気なお猿さんたちは変わらずそこに居続けています。

そのようなものが、世界遺産といわれる所以なのでしょうね。
エターナルピースへの祈りをこめられた日光東照宮をはじめ、社寺を堪能してきました。

001 まるで修学旅行みたいですが、東武スペーシアです。今新宿からJRと東武鉄道をつないで直行便があるので、とても気軽に行けます。長野・群馬・栃木あたりは、今まで車で移動することばかりでしたが、これは楽チンです。

今日の天気予報は、朝から曇り、後夕方から雨・・・
でしたが。。。
だんだん青空がのぞきはじめ、日光につくころには、きれいに晴れて感激でした。

002 まずは、”日光山輪王寺”です。
勝道上人が天平神護2年(766)に立てたのが始まり。
天台宗三本山のひとつ。

ジャパンレッドって言うのでしょうか。
なんともいえないこの赤色が、1200年以上もの間さまざまな信仰を育んだ歴史を感じさせます。
「そのまま残った」のではなく、「時代、時代の生きた人々が、守り、手入れし受け継いできた」ものです。

009
続いて、”日光東照宮”に入ります。
細部にまでこだわりぬく彫刻の技術と美しさに見とれてしまいます。

024 ”陽明門”
ただただ絢爛豪華な彫刻と色彩に圧倒されてず~っと上を見上げるばかりです。
想像上の鳥獣や花鳥などその彫刻は、果てしなく無限を感じさせるものした。
白・黒・金が基調で、「荘厳」と言う言葉では足りません。
016 陽明門の脇を囲うこの彫刻は、目線でよく見ることができます。
どうしてここまで?と思うくらい無心な彫刻に瞬きを忘れてしまいそうです。

029 しばらく木立の中を歩き、”二荒山神社”へ。

038 自然を神聖なものとする山岳信仰の歴史を偲ぶ神木や霊泉、自然の霊気を秘めた神社。
竹箒できれいに手入れをしていらっしゃる方たちの姿が、とてもマッチしていて不思議に思えました。

世界遺産・・・「遺されたもの」ではなくて、こうして「皆で守り続け、思いを馳せ、伝えていくもの」。

051お昼は、湯葉にしようか、洋食にしようか?
と迷って、ここ、”西洋料理・明治の館”にしました。日光は、明治の初期、駐留外交官らの避暑地になっていたため、洋食の発祥地でもあるようです。
クラシックなクリスマスが演出されていて、入り口の大きなもみの木には、本物のクッキーがたくさんオーナメントとして飾られています。思わす手にとって甘い香りを確認してしまいました。

044 ここでいただいたのは、定番のオムレツライスです。

048

おいしいデミグラスソースと、ふわっとした卵、中にはプリプリのエビが5つも!!(数えるところが、超庶民。。。)懐かしい感じのいい食事ができました。

057 そして、午後は、憾満の路史跡探勝路を歩きました。
水量の豊かな急流の響きを感じながら歩く時間は、とても落ち着きます。
紅葉のにぎやかで鮮やかな季節を過ぎ、冬になる緊張感を感じます。

059 男体山の噴火による溶岩を大谷川のきゅうるゆが削った景勝地ですが、その脇の路沿いにこんなにかわいらしいお地蔵さんが並んでします。
みんな赤いお帽子とエプロンをつけてもらって、苔がまるでお洋服のように被っています。
みんな本当にかわいいお顔をしていらっしゃいました。

060 帰りの時間まで立ち寄ったのが、ここ。
金谷ホテルです。
061

玄関前のリースが余りにかわいくて、ホテルの方に
「写真撮ってもいいですか?」
とたずねると、外に来てくださって、
「ライトがきつくてきれいに撮れないようでしたら、明かりを消しましょうか?」
と言ってくださいました。
ちょっと立ち寄りの私たちに、お心遣いがうれしいです。
その時間くらいからちょうど雨になって、二人で一本の傘で出ようとすると、
「傘を持っていかれますか?」
と。
これから帰るので、と答えると、
「お客様がお忘れになって、長く取りに来ておられない傘なので、そのままお持ち帰りくださってよろしいものですよ。」
と。
あまりに申し訳なくて、丁寧にお断りして、二人で傘に入って出たのですが、
後で考えたら、とりあえず雨になったら・・くらいで捨ててもいいくらいの長く使っている折り畳み傘を一本持っていたので、恥ずかしかったな~なんて。
超庶民。。ここでも丸出しcoldsweats02

062 また、泊まりでお世話になりたいと思います。

こうして、一日気持ち良く終え、またスペーシアで帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆる~い休日

日曜日・・・
昨夜は、町内の集まりで遅くから出かけて、
午前様になり、今朝起きるのがきつくて、いつまでもいつまでも、お布団に包まっていたら、いつの間にか9時!

あ~、もったいないよ~!!

ズバッと起きて、活動開始。
もちろんこんなにお天気のよい日は、自転車です。

まずは図書館にGO!
久しぶりです。
喫茶店に立ち寄りお昼前までゆっくり過ごしました。

お昼からは、ここ数ヶ月で、最も有意義な主婦活動開始!

会社の特別休暇5日間は、今年も受験生の母だし、どこへ旅行に行く予定もしないで、一日一日、ある意味自分にノルマを課し働くつもりでいましたので、有言実行しなくては。。。

「天袋を空けて、物の要否を区別して、きれいに収納するようにすること。」

昔使っていた2段ベッドのはしごなんかも入っていて、のこぎりで切ったり、懐かしの「プリントゴッコ」にも別れを告げ、貯まった靴もはかないものは捨てて、若いころに買った雑貨とか、子供のリュックとか、捨てるに勇気がなかったものも片付けて。。。

だけど、子供たちが小学校で賞をもらった夏休みの自由研究とか、広げていろいろ思い出したりして、嵩張るけどやっぱり捨てられなくて、またまたお蔵入り。。。

なんか、スッキリした~scissors

Dscn4268これは、昨日のおやつなんだけど、
お決まりのぜんざいです。
実は先週、またまた上野から合羽橋問屋街を歩き、そのまま鶯谷~谷中~日暮里散策をしてきたんです。

そのときに日暮里のとおりを少し入り込んだお豆やさんで、普段あまり入ってこないという大粒の小豆を買っていました。Dscn4287
どうです?このツヤツヤの張り具合!

新米と同じで、新しいから、冬の間に使うくらいなら、先に水につけたりしなくてもそのまま煮てやわらかくなるし、皮も柔らかいって教えてもらっていましたが、まさにそのとおりでした。
甘さはできるだけ抑えて作りましたが、食べながら、
あ~いい季節だ~~~
って、自己満足で思わず声に出てしまいました。

Dscn4249 それから、またまた今年もやってきました!
これまたこの季節happy01
鹿児島からサツマイモです。
え~と。。。
安納芋、沖縄紫、人参芋、人参黄金、紅さつま、栗黄金。

この中から4色で大学芋を作りました。

収穫の秋、と言ってしばらく過ごしてきましたが、
冬だっていっぱいうれしい恵みがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

麻こころ茶屋さん

Dscn4252_2 「麻こころ茶屋さん」http://www.macocorochaya.com/

先日発売の「天然生活1月号」をめくっていたら、
気になるものがあって、見てみたら東大宮?

いってみよ~
っと思い立って早速おじゃましてみました。

オーガニック野菜にこだわったカフェ&レストランです。

今日は、食事はお預けにしましたが、ママと小さい子供というペアで何組かいらっしゃったのが印象的でした。

気になったのはこれ↓
Dscn4254_2 Dscn4257_2 ”海をまもるキッチン&ベジタブルブラシ”
消しゴムにヒントを得たもので、土つきの野菜の泥落としや、そのまま薄皮を剥けたりします。シンクやザルなども、洗剤を使用しなくてもきれいになるとのことで、
”排水パイプは小さな海。我が家の排水がきれいになれば、海も変わる”
という環境コーディネーターだった男性が興した「がんこ本舗」のものとのことです。

”少し考えて生活する”

そうでありたいな~
と思います。

**********************************

しばらくぶりにパソコンの前にいます。
今日から営業日で5日間(来週木曜日まで)の特別休暇取得します。

こころと体と生活のメンテナンス期間にしようと思います。

先日パソコンがおかしくなって、まったくの初期に戻さなくてはならない状態になり、
これまで保存していた写真とかすべて消えてしまいました。
ショックのあまり、しばらくパソコンの前にも座らない毎日を過ごしていたら、
主人が、ちゃんとすぐに私がブログの書き込みができるように、設定しておいてくれていました。ありがとう。

ちゃんと、取り込むばかりではなくて、きちんと整理してバックアップして、
そんな丁寧さが、私には欠けているんだと反省しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »