« ナイスボディーなキティーちゃん | トップページ | レースのタンクトップ »

飯島奈美さんの”LIFE"

Life_012 先日、ちょっと時間つぶしに本屋さんによって、気になり購入しました。
飯島奈美さん。。。
私はこの方のお名前を知らなかったのですが、
「かもめ食堂」
「めがね」
なんと福山雅治が歌を歌った「東京タワー」
のフードスタイリスト。
CMでは、パスコ「超熟」、「チキンラーメン」。

あのおいしそうなあの食卓は、この方のだったんですね。

すごく当たり前の「ごはん」のレシピと、糸井重里さん、谷川俊太郎さん、よしもとばななさん、重松清さんのエッセイが収録されています。

たとえば、
・おとうさんのナポリタン
・春のおいなりさん
・ごほうびからあげ
・お母さんのホットケーキ
・かもめ食堂のしょうが焼き
・運動会のおむすび      等々

映像に写すお料理だから、”美味しそう”に作り、見せるものなんだけど、
奈美さんは、
「本当に美味しいものを作れば、美味しそうに映るはず」という考えのもとにお仕事をされているそうです。

糸井重里さんの、はじめ書き。。。
本には、
「どうだ、おいしいだろう、作った俺様はすごいだろう!」
というところが全くない、
食べていて美味しい、食べさせてうれしい、いっしょに食べる場にいて幸せ。。。
そんなユートピアみたいな時間を本当に作り出せる。
・まず、自分なりの工夫なんかもやめて、レシピそのままつくってみてください。
・自分と、好きな人につくって、いっしょに食べてください。

とありました。

Life_011 それで、今日作ったのは、おいなりさん。

私自身子供のときから大好きで、
母が作る寿司飯をうちわで扇ぐのが子供だった私の仕事。
そして、しっかり煮含めたお揚げさんを破らないように、気を付けてご飯を詰めた記憶があります。

このレシピの中で、油揚げを湯通しした後、冷水にとってジャブジャブ洗うという工程が今まで私の作り方ではありませんでした。

確かにこうすると、でき上がりがコテコテしてなくてしっかり味付けされているけど、あっさりしています。
へぇ~delicious

食事に添えたのは、「村祐(むらすけ)」
新潟のお酒です。
昨日、日暮里のお酒屋さんで買ってきたお酒です。
爽やかで、食欲をそそる白ワインのような印象です。
息子が、最近日本酒を飲みたがるので、選んできました。

本にはこうもありました。
"目の前にいる恋人が、うれしそうに口に運んでいる料理を、いちばん美味しがっているのは、あなたでしょう。子供のお皿にお変わりをよそっているときのあなたは、誰よりもその料理の美味しさを楽しんでいますよね。"

みんなが楽しく食べられる幸せ。
忙しいお仕事じゃなくて、
そんな気持ちでお料理すると、もっと豊かな気持ちになれるよねって、
あらためて感じた一冊です。

|

« ナイスボディーなキティーちゃん | トップページ | レースのタンクトップ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153835/45044032

この記事へのトラックバック一覧です: 飯島奈美さんの”LIFE":

« ナイスボディーなキティーちゃん | トップページ | レースのタンクトップ »