« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

日傘デビュー

002
梅雨が明けて、日傘の出番を心待ちにしていました。
梅雨明け宣言から一週間以上どんよりとしたお天気で、出番を待っていた日傘、やっと登板です。

今日のこんなお天気を表現すると、
長男曰く、
「夏休みの絵日記のお天気」だそうです。

真っ青な空に真っ赤な太陽。
麦藁帽子の男の子が虫取り網と虫かごを持って、
汗かいてる。。。。
って言う感じでしょうか?
でも、こんな風景も現代ではあまり見ないかな?

実は、46歳にして、初めて”日傘”と言うものを買いました。
5月の終わり頃、一緒に居た友人と話していてそんな話になり、マルイの傘売り場で早速こんなのがいいのよ!って進められていたのです。
だいたい、今まで日焼け対策もせず、平気で日光の下を歩き回っていたなんて信じられない!
くらいの勢いで言われたのもだから、
「はい、バーゲンになったら買います!」
と言っていたのです。

確かに毎年、「部活焼け」と言うのでしょうか、足も手も段々にラインが付いた変な日焼けあと。その結果、シミも確かに増えてます。

なんか、日傘をさすと、女っぷりが上がったような感じがしますね。
(感じ。。だけです)

006

最近着実におなか周り、ヒップの辺りにタプタプしたものを感じ、これではいかん!
と思い、朝から久しぶりに晴れたのでタオルを巻いて精力的に家事をし、体育館にGOdash

しかしながら、インストラクターの都合で今日はピラティス・エアロビは休講。
残念。。。
せっかくその気になって行ったのに。。。

また今度楽しみにしよう。

で、DVDを見ました。
お友達が貸してくれていて、見る時間が作れないまま一週間。
やっと見れます。

エーゲ海の鮮やかな景色の中で描かれる母と娘の絆、それぞれのロマンス。

なんて歌って素敵なんだろう。
踊ることって気持ちがいいんだろう。

メロディーほど心打つものがあるかな~。
なんて感じて、一緒に立ち上がって踊ったりしました。

笑顔いっぱいの素敵なキャストに心を奪われました。

ABBAの音楽は、私たち世代にはすごく印象的にあるものですね。
前にタッキーが主役のドラマ「ストロベリーショートケーキ」だったかな?
でもたくさんABBAの歌が使われましたけど、
サウンドと言い、歌詞と言い、
元気いっぱい、自由奔放な、
大人だけど素直で可愛い女の子(女性)を感じさせてくれて、
素敵な歌がたくさんですごく楽しかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ましゃのコンサートCD

010 福山雅治のコンサートが終わると、一緒に行く友達がコンサートCDを編集してくれます。

先日の横浜を最後に私の夏は終わった!
なんて思ったけど、まだまだましゃの歌、懐かしいのも新しいのも大好きで聴いてます。

9月に代々木体育館での追加公演が決まりました。
また行けたらいいな~。

どうか、神様、私にチケットをshine

002 ベランダのミニトマト、
時々こんなのができて、もいでパクッと食べてます。

まだ収穫して食卓に乗るほどまとめて赤くなってくれません。

美味しいdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (1)

7月18日に。

008 今日、おじのお墓参りに行ってきました。
いつものように、高円寺の駅前でお花を買って、
お寺さんの水道で、お水を汲んで、お花を入れ替えて、
ひとりで好きなことをしゃべりながらお水で石をきれいに流してあげます。
と言うか、いつものように暑い日になったので、
「暑いねぇ~。」って、水浴びをさせてあげるような気持ちになります。

人間は、いい習慣を残し伝えてくれてると感謝します。

日々、声に出して人には言えないこと、自分の悪いこと、
隠しておきたいこと・・・、

そんなことをお墓の前で、素直に話すことができるような気がします。
向こう側で私にどんな返事をしているのかわからないけれど、
一年に一回くらいそんな日があっていいと思います 。

これから本格的に夏だね。
元気で頑張らなきゃ!

009駅からの路にこんなのが居て、
いつも気になってます。

「おまえ、のんきそうだなぁ~
 また会おうな!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

道標~横浜アリーナ

happy01200979_006 今日は、福山雅治ツアー道標の横浜アリーナ公演。

やってきました!横浜!!
お昼前からちょっと久しぶりの横浜を散策。

天然芝とウッドデッキからなる”大桟橋”。
”庭のような港”をコンセプトに作られているそうで、
まさにここから横浜の象徴なるのもが一望できます。

200979_015 桟橋の反対側の景色は、打って変わって昔ながらのユーミンの世界。

いろんな文化と、新旧あらゆるものを融合したこの町は、
やはり美しいと感じました。

しかしながら。。。
この日一番の衝撃は、一緒に行った友人が、
この港にプカプカしているくらげの大群を見て、
「動画のくらげ、初めて!!!!!!」
と言ったことです。
図鑑では見たことがあるそうですが、
まるで子供みたいにびっくりしてるのが、逆にびっくりでした。
しかも、穏やかな波にも係らず、
「怖い~。」
って。
これが、生粋の海を知らない埼玉県人!!

いや~衝撃でした。

200979_001 赤レンガ倉庫。。。
ここでランチにしました。
レトロとモダンが入り混じったショップ街です。
横浜ならではのものや、大人も子供も楽しくなるようなギフト雑貨、カラフルグッズ。

情緒もあって、気ままに楽しめる空間でした。

中華街で肉まんを食べながら歩き、

いざ!横浜アリーナへGOdash

200979_016 ここでも見つけましたeye
先日さいたまアリーナで見たツアートラック。

200979_022 あ~、そしてコンサートが始まるnote
今日の座席は、SB席。
ちょうどステージの横、前から4番目です。ましゃが歌ってる真横から見えます。
しかもバンドの皆さんがこんなに良く見えるなんてすごいです。
私が好きなバイオリンの金原千恵子さんは向こう側でしたが、
ギター、トロンボーン、そして何より見ていて楽しいのがパーカッションです。
パーカッションって、何でも来い!
みたいなオールマイティーな感じなんですね。
すばらしかったです。
花道に入ってくると、ほんとにすぐそこまで来るので、
肉眼でよ~く見えますeye

「どこから来たの?」
ってアンケートをとるのですが、横浜とさいたま、それぞれ地元は過半数なんです。
でも、埼玉にくる神奈川人と比べて、神奈川に侵食する埼玉人は強烈に多くて、
「埼玉は、どこにでも出てくるね~」
ましゃの追っかけとしては、埼玉人は最高なんじゃないかな~!
って胸張っちゃいます。

横浜はましゃのホームグラウンド、コンサートツアーも回を重ね、
ゲスト側もコンサート内容や、曲にも慣れてるから、いちいち盛り上がります。

私もいっぱい一緒に歌いました。
「KISSして~heart04」も叫びましたよ~。
最後は、ましゃがツアーバンドのメンバーと手をつないでバンザイをしますが、
会場みんなでバンザイ状態で、感動して胸が熱くなりました。

楽しかった~heart04

私のコンサート参加は今日で終わりましたが、
たくさんの素敵な歌、ありきたりだけど元気をいっぱいいっぱいもらいました。
まだまだ続くツアー、稲佐山でのイベント。。。。
ましゃ、頑張って!

ありがとう。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

中村橋・ママたちの同窓会

002 昨日、仕事が終わって西武池袋線・中村橋まで急ぎました。
結婚後、初めて住んだ中野ですが、子供ができてから隣駅の中村橋まで毎日のようにベビーカーで遊びに来ていました。

その頃のまま友達が、ここ数年この時期に集まってます。ブラジル在住の”ともちゃん”が帰ってくるからです。
いつでも会えそうな距離なのに、気がつくとえ~~一年!!って思います。

この思い出の地、中村橋には、なんと17~18年ぶりです。
001 西武線も高架になり、駅前もすっかり変わって少し歩いたのですが、お友達の家とかスムーズに思うところに行けないのです。
ただ、はじめの写真のサンライフ、ここは、図書館があって、この広場で毎日みんな集まって子供たちを遊ばせていたところですが、ここだけはそのままでほっとすると言うか、うれしく思いました。
冬には枯葉の吹き溜まりで戯れ、夏は汗だくになって遊んで、階段でみんなハイハイや歩けるようになりました。

あ~あれから何年。。。。。

今年は、ずっとここを離れてから会ってなかったあみちゃんママとケンタくんママ、それから友ちゃんのマンションの大家さんも合流し、居酒屋で盛り上がりました。

そのうち、近くにいて来れそうな子供たちの呼び出し、親子同窓会?みたいで、子供たちは、突然「久しぶりの幼馴染合コン」状態でした。

懐かしい~って言うよりも、みんなまだまだ「若いつもり。。。」
最終に間に合うように私は少し早めに出ましたが、今日も昨日の時間をうれしく思うメールが飛び交いました。

元気でいこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪道標

008 福山雅治 20th ANNIVERSARY
WE'RE BROS TOUR2009

さいたまスーパーアリーナ公演

昨日、今日連日行って来ました!

ニューアルバム”道標”を引っさげて、彼の至上最大級、
しかもさいたまアリーナはツアーの中でも最大の収容人数でおこなわれます。

しかも、さいたま公演から、ニューアルバムからセットメニューを変更したとのことで、
彼自身、大変緊張して臨んだとのこと。

今回のツアーは、20周年、40歳を迎えてのコンサートで、
ふるさと”長崎”への想い、
今日まで支え、お世話になったすべての方への感謝の気持ちが前面に出たものでした。

このところの彼からのメッセージにあるように、
”いのち”について考えること、自身のルーツについての想い、
そして、勇気を持って精一杯頑張ること、自身を取り巻くすべてのことに感謝すること。。。

大事なことを改めて歌を通して伝えてくれました。

長崎の古くからの歌、♪でんでらりゅう♪のアレンジで始まり、
♪群青、
アルバム曲の数々、
♪HEAVN、♪化身、♪想~、♪明日の☆SHOW
この辺からが私はノリノリで好きです。

8月に行われる長崎・稲佐山でのコンサート、5万人を招待するパブリックビューイングも、
初めての大きな試みで、不安をたくさん抱えているとのことでした。

でも、実際に長崎を担うようになった福山雅治と同年代の方たち嘆願もあり、実現したもので、
長崎だって、このご時勢とても大変なところに、福山雅治の経済効果だけではなく、
改めて自身の愛する土地を大事にしよう、元気になろうよ!
っていう盛り上がりなのでしょう。

コンサート会場の
”一つになろうよさいたま!”
っていう響きが、一緒に歌い、飛び跳ねる一体感・信頼関係が、
確かにたくさんの人にパワーを与えています。

私だって!
っていう気持ちになります。

私だって、ふるさとを離れ、いいことばかりではないけれど、
ふるさとに堂々と胸を張れる自分でいたい。
そう思います。

002 グッズ購入に並んだ列から、
あれ~
あれは、コンサートトラック?
(実は、グッズの搬送用だとか・・)

001 そばに行ってみよ~

ありがとう~ましゃ~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »