« 北風~君にとどきますように | トップページ | クリスマス・リース »

羽田美智子さんの京都

001 大好きな羽田美智子さんの本。
「私のみつけた京都あるき」
を買いました。

みっちゃんの素直な目で、
好奇心の目で、
大人なりの京都の様子を見つめた一冊です。

また、空間を楽しむ、
その佇まいを楽しむ、
自分自身の先を見つめる・・・、

そしていろんな人に出会う・・・、

そんなみっちゃんの笑顔が
ますます好きになりました。

002 出会った方々とのツーショットが何枚かあるのですが、いつもみっちゃんは少し人にその場を譲っている感じの写り方をしているような気がして、
そんなところが”好き”の一つかもしれません。

同姓から見て、こんな素敵な笑顔の友達がいたらいいなあ~って思います。

本の中の一ページに

”自分の生きる道を見つけるには、
 どうしたらいいのでしょう。”

”自分で考えるのではなく
 誰かとの関係の中で道は見つかるものです。”

というところがあります。

ジ~ンときました。

楽しそうで気軽に手にしたこの本なのに、
20年間女優さんでやってきた彼女の頑張りとか、
弱さに打ち勝ってきた強さとか、
すごく感じました。

小学校の修学旅行で京都・奈良には行ったけど、
今、改めて行きたいってよく思います。

ゆっくりと、ゆっくりと歩いてみたいなって。

これから仕事も忙しい時期になるから、
そのうちに、きっと行きたいから、
この本は、そのときのために大事に読んでおこうと思います。
こんな旅ができるのはいつかなぁ~?
なかなか素敵な妄想しながら楽しめそうです。

”あとがき”に、

”私は何を焦っていたんだろう・・・・・。京都がすばらしいのは積み重ねた年輪とともに、常に切磋琢磨してきたから、という当たり前の答えが目の前に見えてきたのです”

というところがあります。

月・火・水・木・金・・・
ちょっと疲れちゃってる心に元気がでてきました。

(*みっちゃん、って私が勝手に彼女の子とを普段一方的に読んでるだけで、ごめんなさい)

おまけ・・・
急に寒くなりました。
初手袋
初ホカロン
初こたつ。

|

« 北風~君にとどきますように | トップページ | クリスマス・リース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事