旅行・地域

紫陽花を見に鎌倉へ

Dscn5775_2

梅雨本番ですね。

今日は、
朝から鎌倉散策に出かけてきました。

ちょうど紫陽花の見ごろです。
お昼から雨になりましたが、
それは、それで”鎌倉日和”ということで・・・。

続きを読む "紫陽花を見に鎌倉へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末会津へ

Dscn5734

週末、会津若松に行って来ました。

この写真は、
飯盛山の敗走した白虎隊の少年が
煙に包まれる鶴ヶ城を見ている像。

この目の先に鶴ヶ城。

16.17歳ほどの少年たちが、
燃え盛る武家屋敷の煙や炎を見て、
鶴ヶ城の落城かと見間違い、力尽き、
自刃した悲劇の舞台です。

続きを読む "週末会津へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんぼ玉

201051_059 今回鎌倉散策の一番の目的は

これ。

グラス工房「ぐりぐら」で作るとんぼ玉です。

続きを読む "とんぼ玉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴岡八幡宮

201051_043 北鎌倉から、帰りは鎌倉へ歩き帰路に着いた。

せっかくだからと思って立ち寄った鶴岡八幡宮、小町通・・・

失敗でした~。

一日静かに過ごしてきたのに、
あ~、台無し!!
すごい人混みに浄化された身体と心が、また邪念に犯されてしまった~!
くらいの混雑でした。

続きを読む "鶴岡八幡宮"

|

北鎌倉散策

201051_026GWが本格的にはじまりました。
少し前から予定していた北鎌倉の散策。

よいお天気に恵まれ、ニッ梅雨は半袖で歩くようなお天気に恵まれました。

行きたかったのは、花の寺、東慶寺。
一番好きな写真がこれです。

東慶寺は、四季折々の花々が迎えてくれる癒しのお寺とか聞いており、一度訪れてみたかったのです。

続きを読む "北鎌倉散策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路城へ。

055 姫路城、といえばこのショットでしょうか?

平成の大改修工事が始まる前に、ぜひ見ておきたかった姫路城。子どもの頃からずっと見てきているはずなのに、やはり「美しい」です。

続きを読む "姫路城へ。"

|

あおによし・奈良へ

112

先週、会社の休暇で、今年度残していた5連休をいただきました。
ちょうど、伊丹に住む姪っ子が高校の進学がきまっており、時間が空いていたので、
早めに出発し、お昼前に新大阪で待ち合わせ、近鉄特急で奈良入りしました。

まさに
「あおによし・・・」
というイメージの顔をした鹿ですね。

なら公園周辺には当たり前のように鹿がたくさんいて、観光客から鹿せんべいを貰っては、カメラ撮影に応えています。

続きを読む "あおによし・奈良へ"

|

山形・さくらんぼ狩り

044 週末、古くからの友人と山形にさくらんぼ狩りに行ってきました。
私は、大宮からそして福島から新幹線で合流し、仙台からバスでもう一人は山形・かみのやま温泉駅での待ち合わせ。

私は、JR土日フリー切符¥18,000-を購入し、セットでトレン太くんでレンタカーを2日間¥4,000-で合わせて予約をしました。この企画は、大変お勧めです。

さて、山形を甘く見ていました。
新幹線つばさは満席です。
今、さくらんぼ狩りのシーズンで、”天地人”、”おくりびと”のロケ地であることなど、にぎわっていました。

今日は、朝から雨の予報。
朝風呂に入り、ご飯をゆっくりいただいて、コーヒーを飲んで、10時頃に宿を出発し、まずラスクで有名なシベールへ。
032 あま~い香りの中、ショップや、工場を見学ました。
そうしているうちに、空がきれいに晴れてきて、
ごきげんでさくらんぼ狩りにGOdash

043 30分食べ放題。
見渡すところこんな感じcherry

いくらでも食べていいなんてしあわせ~delicious

でも・・・
意外にそうでもないですね~
脚立に乗って、”上のほうの大きくて赤いのが美味しい”と言われたものだから、真剣に探してしまうのです。
果樹園の中には、佐藤錦をはじめ何種類か木があるのですが、結局いくつ食べたんだろう?途中で、迷っている場合じゃない!
いっぱい食べちゃうぞ~!!
って、気合を入れてほとんどの種類の木から結構たくさんいただきました。
30分経つ前に、気持ちは満足しました。

036 果樹園のお兄ちゃんが写真撮りましょうか?って撮ってくれました。
若い娘のようにさくらんぼを持って、”はい、チーズcamera

美味しかったっすcherry

050

私たちが訪れたのはここ。。。

中にパフェやジェラートをいただけるカフェがあったり、次のシーズンに備えて、ラフランスやりんご木にもたくさん可愛いちっちゃい実がなっていました。
秀峰・蔵王の懐に抱かれたかみのやまは、豊かな果実の宝庫でした。

ごきげんですscissors

ところで、遡って昨日お昼過ぎに3人で合流したのですが、
レンタカーはトヨタのベルタ。乗りやすい車でした。
2日間3人で交代して運転しました。
まず、美味しいお蕎麦屋さんで手打ちそばをいただきました。
5時に宿の貸切露天風呂を予約していたので、
ちょうど時間的にも手ごろな「山寺」に向かいました。

007すごく神聖で、霊山・霊場・厳粛と言える風景です。
しかし・・・
断崖絶壁に数々のお堂が立ち並ぶ様子は景勝地として人気のようで、
ここまで階段・山道で結構はぁはぁ~言って皆さんも、もちろん私たちも登ってきており、風景をゆっくり眺めるより、ひたすら登れ!登れ!の勢いでたくさんの人がいるものだから、全く写真のいち風景のようではなく、ミシュランに輝いて賑わっている東京の高尾山よりも人口密度が高くて、超俗世間でした。

でも、汗を乾かしてくれる気持ちよい風に吹かれてゆっくりと辺りを眺めると、やはりその断崖の険しさの中に、生きていくエネルギーとか、心との対話のような、引き込まれる印象を感じました。

002

俳聖・松尾芭蕉の
「閑けさや 岩にしみいる 蝉の声」
の句で知られる立石寺もここなんですね。
「奥の細道」の旅の厳しさ、それを今に至るまで残る俳句の数々を生み出した情熱はすごいです。

時を越えて、おなじ場所に立つ芭蕉と私の心根の比較など少ししてみたりしました。

宿で、露天風呂と米沢牛のすき焼きを楽しみ、お布団の上でゴロゴロおしゃべりが始まります。
みんな同じような子供がいるので、そんなこんなの話や、自分たちのこと・・・。
もう一度ゆっくり露天風呂に入って、またおしゃべり・・・。
いつの間に寝たかな~?

2日間、のんびりと美味しく楽しく、少し山のぼりの筋肉痛を残してあっという間の時間でした。
また来年ねpaper

来年の企画当番は私です。

| | コメント (2)

京都へ。

026 京都を一日歩きました。
なんとなくこの写真を選びたくなりました。
南禅寺境内にある琵琶湖疏水の水道橋です。


昨日の同窓会でみんな変わらないな~って思いました。
でも、それは、違っていて、そのままにしていては滅びて行くものを、それなりに年月とともに、メンテナンスし、朽ち果てないように、変わらずその時代に生きていられるように頑張っているからなんです。

「回顧」
「懐古」
振り返る中には、いろんな意味合いがあると思うけど、
「積み重なっていく」
そんな人生が理想です。

029
この上をかなりの水量で流れがあります。

025_3 友人は、1年半ほど前に、突然ご主人をなくしています。
そのこともあって、京都に行きたかったのですが、ここは、彼女たちの思い出の場所でもあるそうです。

たくさん写真を撮ったのですが、彼女の昔ながらのかわいらしい笑顔。
埼玉に帰って写真を見直して、学生の頃からあんなに大好きだったご主人を亡くして、ここまでの彼女の心を思うと考えさせられることが有りました。

041 南禅寺を出て、平安神宮、知恩院、高台寺清水寺へと歩きました。

この筒をクルクル回します。
中にはお経が入っていて、何度もお経を詠んだと同じ効果があるそうです。

042 京都のまち。
五重塔、京都タワーが見渡せます。

051 若いころみたいに、清水の舞台で写真を撮りました。

その年齢なりに、訪れる意味や、心持が変わります。

京都の歴史にはかないませんが、滅びてしまわないように、穏やかに悠々と生きて行きたい。そんな気持ちにさせてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父・芝桜の丘

2009429_012 "昭和の日”の今日、秩父の羊山公園・芝桜の丘に行ってきました。
ずっと見てみたいと思っていて、毎年その時期を逃していたので、今日はお天気もよくすごく楽しみに出かけました。

2009429_003

高崎線で熊谷から秩父鉄道に乗り換えます。
この季節、御花畑駅は芝桜駅とも言われるようになります。
2009429_004_2 切符も見てください。
硬い切符に、改札ではさみを入れてもらいます。

2009429_022 丘を下って、振り返ると、こんな風景。

少しずつ時期をずらして咲いているようで、少し盛りを過ぎたところもありますが、風に吹かれて香る中を歩くのはとっても気持ちがいいです。

パンフレットに書いてあったのですが、芝桜のピンクから紫の色合いは、特に女性ホルモンの分泌に良いので、女性には最高の恵みを与えてくれるそうです。

2009429_013 ここには9種類の芝桜が植えられているのですが、一番惹かれる色の芝桜に近寄ってみると良いそうです。「惹かれる色」はココロとカラダが求めている色であり、健康回復に必要なエネルギーなのだそうです。
それで、私が選んだのはこれ。”多摩の流れ”です。
女性ホルモンの分泌を促進する効果が高く、美肌や若返りに最高の特効薬だそうです。

キャー!うれしい~!!

2009429_001 この丘の向こうには、武甲山が見えます。
石灰石の採掘がされている山で、そのため40メートルも低くなってしまったそうです。岩肌は無造作に、子供の彫刻のように荒く削られています。
ちょうど、発破の爆音がして振り返ると、白い煙を上げていました。

この芝桜の丘のデザインは、秩父の夜祭のクライマックス、屋台が団子坂を上り秩父神社の女神様が武甲山の男神様に会いに行く・・・
芝桜の流れるようなデザインは屋台や笠鉾の囃し手の襦袢の色合いと躍動感を現しているものとのことです。

男神様のいる山をこんなにボカン、ボカンimpactと発破して崩していいのかな~?

いろいろ、物事には意味とかコンセプトとかあるようですが、
とにかく、新緑の季節、いい香りの中外で過ごせたことがうれしかったです。

2009429_009 これが気に入ってのでご紹介します。
”トルネードポテト”
その名のとおりに、切込みを入れたジャガイモを串に刺して、ビヨ~ンと伸ばして揚げたものみたいなのですが、美味しかったです。
丸ごときゅうりの浅漬けと、味噌田楽も美味しかったです。

2009429_033_2 おにぎりと、簡単な朝の残り物とかたっパーにつめて行きました。
シートを敷いてお弁当を食べるのもひさしぶりだな~。
みなさん、それぞれにの~んびりな様子。
人の背中も、またこれ、良い風景だなぁ~。

 

************************************
おまけ。。。
2009429_008 庭のすずらんも咲き始めました。
トイレにちょっと挿すとかわいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧