洋裁

レースのタンクトップ

Life_002 こんなのが欲しかった・・・。
探してもなかなか思うようなのがないし、
これでいいかな~と思うと、すごくお値段も高くて、
夏の薄物としてはもったいないし・・・。

夜の時間も暇だし、久しぶりに製作意欲がわいてきました。

先日、日暮里に生地探し。
幅広のレースを探して付けようと思ったけど、それもなかなかなくて、
結局ロックミシンをかけてフリルを作ることにしました。

これが正解だったかも!

家にあった”こうの早苗さん”の本をお手本に作ったのですが、フリフリの部分は、バイヤス裁ちでフリルの動きがきれいに出ます。ギャザーじゃないので程よいボリュームで、きちんとダーツも取っているので、シェイプして幼い印象にはなりません。

首の開きも、鎖骨がきれいに見えるくらいで、それなりに大人っぽくてちょうどいい感じです。

Life_005 レースの模様もいいでしょ。

製作費¥1,500-
ほぼ一日で完成!

上にカーディガンを羽織るからいいや~と思って、早速着て出かけました。
青いチャコペンがところどころついたままです。
ごきげんですscissors

****************************
今日、会社で全社員に通勤時のマスク着用するようにとのメールが出ました。
でも、マスク、売ってませ~ん。。。
ニュースを見るたび、
新型インフルエンザの感染者の数が増えていきますが、
どうなるんでしょうか。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台風の休日

今回の台風で、多くの方や、住宅などに被害が出ている様子です。
心からお見舞い申し上げます。
特に九州、四国では随分ひどかったようですが、こちらに遊びに来てくださる方々のところは大丈夫でしょうか?ニュースを見ながら心配なばかりです。

私は、子供の頃、幼稚園から3年ほど、高知県の海のすぐそばで暮らしていましたが、台風が来る!というと、大人達が、ざわざわと動き出し、海を見に行ったり、窓に木材をバッテンに打ち付けたりする様子を見ていました。今のように、サッシがしっかりしてはいなかったんですね。地震が来た時も、同様に海を見に行っていました。それを見て、私は、子供心に”海には神様か、恐い鬼か何かいるんだろうか?”
また、大人達はすごいな~と思ったものです。

でも、最近は、本当にそうじゃないかと思うことがあります。
今年は、まだもうすぐ夏休みだと言っても、まだそれほど暑くはないように思いますが、この夏は、「酷暑」と言われますよね。「猛暑」ではなく「酷暑」です。
干ばつかと思えば、今回みたいに大きな雨台風が来て、極端に被害をもたらします。
きっと神様か、何かもっと地球より大きな違う世界の著名人か学者が警告を発しているのではないか、そのうちに
「ほら、だからあんなに考えろ!」ってメッセージを出していたじゃないか!って、本当に怒り出すような事が起こるんじゃないだろうか・・・。
ちょっと、感じたこと・・・。
やっぱり子供達には、たくさん自然を体験させること。自然のすごさ、怖さ偉大さを身をもって感じさせてあげること。
そうじゃないと、いくら環境問題を語っても、流行ものの「エコ」に過ぎないような気がします。

私の町では、来週末お祭りがあります。
それで、先週、広場にテントや櫓など設営の準備をしました。
この台風で、大丈夫かな~?などと言って、朝ご飯を食べようとしたときに、やはり、招集がかかりました。撤収です。
雨の中、カッパと長靴で出かけましたが、男の人たちが大まかなところを片づけて倉庫へ・・。ちょっと、子供の頃に見た台風の時の大人達を思い出しました。

あまりひどくならずに台風は逸れて行ったようですが、
朝から「念のため」で撤収して、おかげで今日一日、大丈夫かな、大丈夫かな・・って思わずに安心して過ごせました。
明日朝から、また設営に出かけます。

Dscn2485 ひと仕事終え、うちに帰り朝ご飯のやり直しです。
最近便利でよく使っている「モッチーニミックス」。粉に、卵と、水と、サラダ油を混ぜて丸め、オーブンで焼くだけで、もちもちしたポンデケージョが出来ます。
Dscn2486_1
パイナップルジャムでいただきま~す!

この粉、生協で買ったのですが、ピザ風とか、一風変わったたこ焼きとか、面白い使い方が出来ますよ。

Dscn2491
今日は、こんな天気だし、生地を買ったままだったので、
「今日はスカートを作ります!」
と宣言して始めました。
普段、ミシンを出すのが億劫で、またにしよう・・と思って今になってしまいました。早く作らないと、なんだかんだ言ってるうちに、夏が過ぎ、またお蔵入りの生地が増えてしまいます。

ヒップラインの下までプリーツを入れ、中縫いをしています。
プリーツが切れたところから下の広がりがキレイなので、上半身は、カーディガンの前を止めて着て、タイトにまとめるイメージです。
*ただ、イメージはありますが、元々タイトな上半身でないことは、自覚してます・・・。
なかなか気に入ってます。
生地がいくらか余ったので、ノースリーブのブラウスでも作ろうかな~と思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

エプロン作りました

前にとってもかわいらしい生地を見つけたので、1メートルだけ買っておきました。
これは絶対にエプロンにしようと思っていたのですが、なかなか手を付けられずにいました。

さすがに、ガボッとしたシンプルなエプロンなので、その気になればすぐにできちゃいます。
大きめのストンとした形です。

Dscn1053 ティーカップの柄が可愛いでしょ。
テープに”はんこ”を押して、名前も付けちゃって、ちょっと若すぎです。
反省・・・。


今、Bank Bandの”to U ”のCDを聞いています。
夜中、筑紫哲也さんのニュース番組のエンディングでいつも耳にしていますが、夕方のんびりとした時間にこうしてよく歌詞を追いながら聴くと、本当に良い曲ですね。
心地よいのか、受験生の息子がすぐそこでひっくり返って、ぐっすり眠ってしまっています。
「眠たいよ~とか言っているうちは、まだまだ気合いが足りないんだって!」
と、笑って息子にはたびたび言うのですが、夏休み、朝、運動公園に走りに行って、シャワー浴びて図書館、予備校、学校の補習と計画的に出かけて行きますが、一番の敵は「眠気」のようです。

がんばれ~!
母は、新しいエプロンで、そろそろ夕食の準備とか,買ってきた物の下ごしらえとかしようかな!!
”脳みそ”に効く食べ物は・・・?????

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブラウス・・・完成☆

Dscn0396_1                   
先日の”ブラウス、やっと着手”の記事から何日かかってるんでしょうね。さっき完成しました。

今日はイベントに出かける予定だったのに、雨天中止なので、フリーな一日・・・。

「そろそろ作り上げようかな~。」
と、ミシンに向かいました。

注文していたボタンが届いて、あとボタンホールを作れば出来上がり・・のところでそのままになっていました。

薄手の綿ローンの生地なので、下には黒で”H”っぽくならないように、可愛いめの綿のレースが付いたキャミソールを合わせました。いかがでしょうか?
Dscn0398

ボーカラーは、意外とすっごく簡単です。
ボタンは、8mmで小さく、なかなか気に入るのがなくて、全部で11個使うので、やっと見つけたボタンの足らずを注文しました。
Dscn0399 袖口は少し膨らんだのをボタンで締めています。
袖山から膨らんでいるわけではないので、子供っぽくはないと思います。

自分で服を作るとき、型紙を置くまではよいのですが、最初にはさみを入れるとき、少しオーバーですが、「あ~これ、失敗しないように作らないと~」って、プレッシャーに似たものを感じます。その後は、ザクザク平気でできるのですが、あわてものの私は、時々気を抜いていると失敗してしまいます。
今回は大丈夫!
鏡の前で何べんも自分で見てみます。持ってるスカートとかいろいろ合わせててみたり、髪の毛を耳のかけてみたり・・・。
きれいなスカートも良いけど、デニムに合わせるとラフな感じで可愛いと思いました。

Dscn0393_1
途中、窓の外を見ると、隣の家の屋根にくもの巣がゆれていて、これが風でクラゲみたいでおかしかったので写真を撮りました。クラゲの動きが出ないのが残念・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ブラウス・・・やっと着手

_002_1 こんなのがほしいなあ~というブラウスを茅木真知子さんのデザインをお手本に作ろうと思っていたのですが、なかなか手に付かずにいました。
昨夜、やっと着手。難しくないのですが、薄い生地なので丁寧に縫っていきます。ボタンもまだ決めていなくて、完成はいつになるか・・・。ボチボチやっていきます。

ここ2~3週間、目の調子が悪くて、コンタクトが入りにくくて、めがねをかけたりしていたのですが、この間、会社の若い人たちがトイレで、
「今、 Mさんの話してたんですよ。この頃、めがねだけど、”ちょっとエッチな女教師”みたいでいい感じですよ。」と言われて、他にも何人かに、
「かしこそう・・・」とか言われて(めがねじゃないと、どうなんだ・・・?)ちょっといい気になっていました。
でも、ほんとに辛くなってきて、痛みがあるし、頭までガンガンしてくるし、とうとう気持ち悪くなって、”こりゃいかん!!”と、5時に会社を飛び出して眼科へ・・・。

ひどく炎症があるらしく、もちろん”コンタクト禁止令”です。
しばらく、”女教師風”でがんばります。
そういえば、このブラウスのデザイン、なんとなくハイジに出てくるロッテンマイヤーさん風かも・・・。
うふっ☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アームカバー流行の兆し???

1 2会社で 「Mちゃん、アームカバー作って。」というオーダー有り、昨日仕事の帰りに生地を買って来ました。アームカバーなんて、役場のイメージか、(役場の方、ごめんなさい)お習字の時子供の頃使ってたかな・・。ダサくないか~?とは思いつつ、袖口が汚れるのもいやだし、結構いいかも・・・。なんてその気になって作り始めました。生地を買いに行ったのはいいけど、あの子いつもどんな服着てるんだっけ・・とか、何色が好きなんだったかなあ・・とか考えて時間がかかってしまいましたが、できあがってみるとなかなかいいと自分では満足です。
3 4仕事だから、基本は地味に、どんな服着てもおかしくないように。「でもちょっと可愛い」は忘れてはなりません。フエルトとリボンでお花を作ってワンポイントに付けてみました。ハギレがちょうどいい大きさで残ったので、ポーチを作ってプレゼントらしくしました。気に入ってくれるかなあ。

5 6 シビアで、タイトな仕事だし、親切、丁寧、思いやりを忘れてはならない。この繁忙期、老いも若きも職場の乙女達、がんばっていきまっしょい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカートできました

           ← ←機能的に半袖ニットですっきり着るsuka-to1 suka-to2

パール刺
 繍のアンゴラニットで綺麗に着る→→

先日、荻窪の布地屋さん(12/4に紹介したところです)
で買ったウールになかなか手が着かなかったのですが、やっとその気になり制作しました。始めてしまえば2晩で簡単にできてしまいます。布の柄がきれいなのでシンプルに普通の形で腰ではく感じにして、ヨークを付けました。

はいていてすごく楽なスカートです。家でいろいろゴソゴソする時にもちょっと奥様な感じ で我ながら気に入りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

荻窪の小さい布地屋さん

pindot1 pindot2 pindot3

西荻窪に ”pindot”という小さな布地屋さんがあります。
元スタイリストの茅木真知子さんのお店で、私はこの人の布選びや、
シンプルなデザインが好きです。
お店に入ると、一目で全部が見渡せるくらいホントに小さなお店ですが、
セレクトされた布はどれも上品で、
「何を作って欲しい。」とちゃんと主張しているように並んでいます。
イギリスのアンティークのビスケット棚にビンテージファブリックが
重ねてあるのですが、
これも柄や色づかい、質感が特別でありながら、
すごく馴染む感じなのです。

私は、一目で気に入ったウールを70センチ買いました。
普段セーターと合わせてはけるスカートを作ります。

私が好きな洋服・・・シンプルだけど、どこか細工がしてあったり、
 大人可愛い服 が好きで、
 例えばそれが、ただ裏地の色がきれいとか、
 端の始末がきれいなバイヤスだったり、
 トラッドなのにちょっと定番とは違う襟や袖付けだったり、
 色づかいだったり・・・とか
 ショップの服を買うときも、着ていて外からは見えないところに
 惚れたとしても、それだけで気に入ってしまうのです。


なので、今回も柄を活かしたいので、基本の台形膝丈の小さなスカートにして、
ウエストの始末の時に同系色のリボンを当てて縫おう・・・♪♪♪
とこの布を手に取った時すぐにイメージができあがりました。

お店の方は、
「来られない時、何かあったらメールより電話で相談してくださいね。
その方がお互いの感じるニュアンスとかが伝わりやすいので。
形、色、質 全部がそろって、やっと気に入るものになるんですよね。」
って言ってくれる優しく頼りになるお店です。

今、縫い物をするって趣味の領域になっているところがあるようですが、母の時代、
普通の家事として必要な台所周りのものやちょっとした部屋の小物、洋服などを作っていたような気がします。朝起きるとよく枕元にリカちゃんやいずみちゃんのちっちゃいお洋服が置いてあったりもしてうれしかったものです。
このお店は、そんなことを思い出させてくれるノスタルジックなところがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)