「食」すること

七草・・若菜摘む我が衣手に・・・

nanakusa_1 私が育った家庭って結構よかったのかも知れない・・・と時々思うのですが、例えばその一つが、お正月前後かなり長期間にわたって家族が揃うと百人一首をしている家庭でした。おかげで学校で百人一首を暗記したり意味を説明したりするテストで苦労したことはありませんでした。父が詠むことが多くて、子供には理解できない言葉や言い回しを教えてくれていたりしました。
・・・で、明日は七草粥。光孝天皇の詠んだ
君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ
というのは、七草のお話です。
nanakusa2 若菜とは、春の七草で、その日の朝摘んできたものを使います。そして若い娘が摘む方が縁起がよいとされていたそうです大切な人のために早朝袖を濡らしながら春の七草を摘む・・・そんな風景が昔はよく見られたのでしょうね。ごめんなさい、我が家の「昔の若い娘」は仕事帰りに、ルミネの八百屋さんで買ってきてしまいました。(パックになっているのを買うと、いつもハコベラばかりがいっぱい入っている気がします。)


春の七草・・ビタミン、ミネラルが豊富。
 体内の毒素を排出するのを助け、消化促進や血圧も下げる。
 初春の野に芽吹いた若菜の生命力を食することで、邪気を払い健康を願う。
  古人の知恵ですね。
  *セリ・・    煮て食べると神経痛やリウマチに効く。 
  *ナズナ・・  煎じて利尿、解熱、止血薬などに用いられた。
  *ゴギョウ・・ 去痰、咳に効果あり。
  *ハコベラ・・ 利尿作用。
  *ホトケノザ・・解熱・解毒作用。
  *スズナ・・  利尿や便秘に効果あり。 
  *スズシロ・・ 食欲増進、利尿作用あり。   

明日の朝は、暖かい美味しい七草がゆをいただきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ごちそうさま・・自給自足のおすそわけ

yasai 我が家のお米は美味しい。
とても消費量が多いのだが、ちょっと前に友人が紹介してくれて美味しいお米をすごく安く譲ってもらって助かっている。
彼女とは「たまにお茶しようよ・・」と言いながらなかなか会えなかったが、
時間を合わせて時々会うのにちょうどいい。
ただ、そのたびごとに精米したてのを持ってきてくれるので、手間をかけさせてホントに申し訳なく思っている。ありがとネ。

彼女は以前銀行におつとめしていた頃の同僚で、今は家にいる。何でもよく知っていて、
好奇心があって、話が深い。
この頃は、畑作りに夢中で、今日もお米と一緒に大根・べんり菜・かぶを持ってきてくれた。しかも、「あおむし」 付きだ。これもまた良い。
夏には、ナス・ピーマン・シシトウなんかももらった。
お店のとは違って、こういう野菜を手にとると、
なんだか誠実で心のこもったお野菜だなあてしばらく見ている。
肥やしのこと、土のこと、畑の見た目のバランス、いろいろなコトが彼女の頭の中で耕されて蓄積されて、それで出来た野菜たちなのだ。

昨日、フードマイレージについて書いたが、「これぞ理想の食生活」という気がする。

作った人の手仕事を思いながら・・・・ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のご飯は何マイル?フードマイレージ

food 本日のメニュー・野菜いろいろサラダ・ゴボウメンチカツ・クリームコロッケ・卵スープ    ・・・さて何マイル?

環境に関する身近な話を目にしたのでちょっと考えてみます。

”国産小麦から作られる食パンを食べることと、冬場のエアコン設定を一度下げることは、同じ省エネ効果を持つ”

これは、日本の食糧自給率の低さと、フードマイレージの高さと深い関係があります。
私たちが何気なく食べている食パンも、もとを辿ればたくさんのエネルギーを使って長い長い旅をして食卓にあるのです。

「フードマイレージ」(トンキロメートル)
=「輸入相手国別の食料輸入量」 × 「輸出国から日本までの輸入距離」
で算出される「食」が環境に与える影響をはかる指標・概念
依存国はアメリカ・カナダなど特定されている割合が大きく、日本のフードマイレージは
約9000億トンキロメートル。世界最大、際だって高いのです。
輸入と国産では輸入距離の分フードマイレージは桁違いになります。
それに伴う環境負荷(CO2排出量)はかなりのものだとイメージできます。

こう考えると、「地産地消」(地元でとれたものを地元で消費する)は理にかなったもので、
目に見えるものを食する という気持ちの良さも加わります。

とっても恵まれた環境の中で贅沢な食事をしている私たちは、カロリーや栄養素だけでなく
毎日の食生活をフードマイレージの小さいものを選んで「食べる省エネ」を考え、実行しなければと思います。

今日の食材はどこで育って、どうやってここまできたのか・・?

食卓にまた一つ課題がふえること・・・これは楽しい・GOOD!

| | コメント (2) | トラックバック (0)